五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『鉄腕バーディーDECODE』第4話「A stranger from Earth」感想

今日から、遅れに遅れた『鉄腕バーディー』の感想を頑張りますよ。えーっと・・・まだ4話・・・。まぁ、こちらの地域で放送されるのが遅いっていうのもあるのですが。それにしても・・・。で、早速録画してあった4話を見たわけですが、時間変更で録画が半分切れてる・・・。結局、動画サイトで探して、やっと観ることができました・・・。ほんと、感想もどうしようかと思ったよ・・・。まぁ、なんだかんだで見たので、感想いきます。

今回は、なかなか面白かったです。

バーディーの星に戻ったバーディー、そして千川。裁判に出頭したバーディーと千川は、そこでリュンカの秘密を知ることになる、という話。バーディーの星は、いろいろな姿形をした人々が住んでいるのですね。いろいろな星の出身者が共同体を作っているということかな。このバーディーの星は連邦の中心となる惑星だと思うのだけど、惑星間の交通が盛んであることが見られなかったのはどういうことなんだろう。バーディーも混雑もせず、意外とあっさりこの星に到着できたし。政治の中心となる惑星と商業の中心となる惑星が別になっているのかなぁ。なんか、宇宙という規模での組織であろう連邦が、その広さを感じさせてくれなかったのは、ちょっと残念。もしかして、この星は、連邦での辺境惑星?どうなんだろう?

で、今回、神祇官ネーチュラーによって、バーディーが追っていたリュンガの正体が明らかにされました。「帝国の遺産」?「見えざる死」?なんか発動すると星単位で破壊する爆弾のようでした。「見えざる死」ってことから、発動したことに気づく間もなく死んでいるってことなのかな。まぁ、今回リュンカについて分かったといっても、物騒なものってことだけで、帝国ってなに?どういう形をしているの?実際どういうふうに発動するの?ってことは、一切分かりませんでしたが。このリュンカ、まだまだ一癖も二癖もありそうです。そういえば、今回、裁判の場で神祇官によってリュンカのことが語られましたが、なぜ、バーディーには属する組織の上の連中から秘密にされていたのだろう?やっぱり、組織間の対立みたいなものがあるのかなぁ。まぁ、神祇官自体もなんかあやしいのですが・・・。バーディーとネーチュラーの関係も含め、次回以降、気になるところです。

では、以下、思ったことを。

・テレビで語るシャマラン。この話の黒幕なんですかね。「生きていること自体が喜び」みたいなことを言っていましたが、なんとも宗教的な言説・・・。まぁ、千川に対する皮肉のようにも思いましたが。話的にね。最後のほうで、怪しげな男に、リュンカによって・・・みたいなことを言っていましたが、このシャマランがリュンカを持っているの?たぶん、持っていないでしょう。彼は、どうしてそんなことが言えるのだろうか。リュンカは、やっぱり、リュンカは中杉の中なのかなぁ、と思っていますが、どうでしょうね。

・地球での生活を満喫するバーディー。風呂と白米って、なんとも日本人的な・・・。まぁ、日本にいるんだから仕方がないか。そういえば、千川はバーディーの見ているものは同じように見えるみたいですが、ということは、バーディーの裸も・・・。そのことを気にしないバーディーは、慣れているということなのか、彼らの世界では羞恥心自体がないのか・・・。

・バーディーの星に向かうバーディーと千川。なんか、一日で行ってこれるようです。往復し放題なんだ・・・。バーディーもそんなに地球に留まることもなかったような・・・。まぁ、燃料だのなんだのかかるのかなぁ。職務の途中で簡単に帰ってくるな、ってことなのかもしれませんけど。

・自分の家に友達を誘う中杉。学校にはいない千川も誘おうとしていましたが、中杉、宇宙人だのリュンカだの、なにか知っているのかな。まぁ、中杉の家で友達が集まったところで、なにか一波乱はありそうな気がしますがね。

・バーディーの星につくバーディーと千川。バーディーの精密検査はなんかエロい・・・。なにはともあれ、虫だの、犬だの、いちいち驚く千川が面白い。あと、いつもと違って、上司に対して変におとなしいバーディーは面白かったです。白米をかっくらっているところと比べると・・・。

・バーディーの教官と会うバーディー。若本さんですか・・・。まぁ、似合っていますけど。そういえば、戦うときに消えるマント、あれどうなっているんだろう?バーディーから千川になったときに、ちゃんと千川の服を着ているし、気にしてもしょうがないことかな。バーディーから千川になったとき、バーディーの服を千川が着ていたら・・・うわぁ。千川、若本教官に「カワイイ」と言われちゃって・・・。なんか危ないなぁ、この教官。

・バーディーが証言台に立った時、ネーチュラー登場。神祇官らしいですね、ネーチュラー。つまり、この国家には、神が存在するということですね。神祇官が超法規的な権限をもっていることから、連邦の神に対する信用度も高いということかな。それにしても、ネーチュラーから述べられると、バーディーのこれまでやってきたことは、ひどいなぁ。裁判沙汰でないとしても、組織としての罰則が与えられるようなもののように思うのだけど。罰則は、千川をその体に同居させているだけ?

・バーディーについて言及するネーチュラーに対して証言する千川。自分で殺したって言っちゃてるし・・・。千川くん、そんなしゃしゃり出てこんでも。ネーチュラーは千川に過去を見せたらしいのですが、いったいどれだけ生きてるんだ、ネーチュラー。リュンカが起動したのは、最近の出来事でもないだろうし。

・バーディーと同じ人種が住む町へ出かけるバーディーと千川。地球人と似たような人種なのはわかりますが、服まで地球と同じような感じでなくても・・・。バーディーの服と比べると、まさに雲泥の差。そうみると、この町がなんか貧困地域のように思えてならない。

バーディーたちの人種が住む町でテロが起き、お終いでした。テロも地球的でしたなぁ。同じような人種なら、同じような社会を築くってことなのか。で、次回は、このテロに関連したお話なのかなぁ。あれ、地球へは一日で戻れなくなってしまうのでは。千川、大丈夫なのか。そして、次回はバーディーとネーチュラーの話でもあるようですね。どういった関係があるのやら。次回も、(といっても明日書くかもしれませんが、)楽しみにしています。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。