五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『コードギアス 反逆のルルーシュR2』TURN25「Re;」感想

『コードギアスR2』、ついに最終話。長かった。2クール作品の各話感想をすべて書き終えるのは、これが初めてなもので・・・。なんか感慨深い・・・。と言いつつ、今日『コードギアス』の感想を最後まで書かないと・・・、でも『スパロボ』をしている時間がない、って思っている自分もいるんですけどね。すっかり、『スパロボ』にお熱でございます。さて、『コードギアス』の最終話の感想をいきましょう。

今回は、うん、面白かったです。

ナナリーからフレイヤの発射スイッチを奪い、世界の頂点に立つ皇帝ルルーシュ。世界を治める皇帝として、パレードを行うルルーシュの前にゼロが現れる、という話。ルルーシュくん、ゼロの仮面をかぶったスザクに殺されました。やっぱり、という感じ。この話、ルルーシュが死んでくれるのが、一番いい幕引きだからね。皇帝ルルーシュの治世下の世界が続くって終わり方だったら、散々にこきおろしてやろうとも思ったけど、そうはならなくてよかったです。それにしても、皇帝ルルーシュ暗殺が、ルルーシュによる自作自演というのは、びっくりでもあり、なるほどなぁと思うこともありで、良かったです。この作品らしくもあり、ルルーシュらしくもあり、って感じでしたよ。他人を駒として扱うルルーシュが、自分をも駒として扱ったという点では一貫しているし。

ただ、ちょっと思ったのは、ルルーシュを殺す役であるスザクに、もう少しルルーシュを殺すことに対する葛藤を描いて欲しかった。スザク、随分とあっさり殺したなぁ、と思ったので。ルルーシュのギアスってこのときのためのギアスではないか、と思ったりもしましたが、スザクにはもう使っているしなぁ。まぁ、脚本的に、スザクにこの仕事をさせるために、冷徹な人物に変化させてきたのは分かるのですけどね。

そういえば、この作品、いつもの谷口監督作品のパターンの最終回ではなかったですね。ナナリーがあの戦争以後の出来事を回想する形で、まるまる一話つかって書くのかと予想していたのですが、外れ。普通のアニメの最終回のような形のものでした。まぁ、だからどうってこともないんですが。あと、最終回で暗殺される最高権力者ということで、『ダグラム』のラコックを思い出しましたね。まぁ、ラコックは敵役だし、自作自演でもなく純粋な暗殺だったんですがね。あの世界の一般人から見たら、ルルーシュはラコックに見える・・・、そんなことはないかな。

では、以下、思ったことを。

・ナナリーからフレイヤの発射スイッチを奪い取ろうとするルルーシュ。結局、ルルーシュにギアスをかけられ奪い取られてしまいました。ナナリー、なんで目を開けてしまったんだ・・・。ギアスをかけてくださいと言っているようなものじゃないか・・・。そういえばナナリー、「お兄様を止めるため」にシュナイゼルについたようですが、どうなんですかね。目的のため、必ずしもシュナイゼルにつくこといいこととは思えないし。

・スザクとカレンの戦闘。さすが最終回、よく動く。新しい紅蓮の腕の部分ってあんな風になっていたんだ。最終回になって気付きました。まぁ、後半、紅蓮の出番少なかったからなぁ。で、カレンとスザクは言い争いながら戦闘していましたが、言っていることはいまいちよく分からん・・・。両者とも同じ穴の狢のように思えて・・・。で、結局、両者の実力は同じで、相打ちに終わったのね。

・ジェレミアとアーニャの戦闘。この二人どういう因縁があるのだろう。残ったキャラクターを戦わせたらこうなったのかな。最後、剣を突き付けながらのジェレミアは、なんかアーニャを口説いているようにしか見えんなぁ。おっさんが少女に剣を突き付けながら、カッコいいことを言っている、これだけでおかしな感じでした。

・藤堂と千葉のラブロマンス。あらら、藤堂、結局、機体に乗る前に倒れたのかよ・・・。まぁ、この二人、自分にとってはどうでもいいのですけどね。

・フレイヤの発射スイッチを握り世界を跪かせるルルーシュ。ルルーシュ、この戦争で死ぬのかなぁ、と思っていただけに、ここまでルルーシュの思い通りに進んでしまってどうするのか心配でした。ところで、シュナイゼルのおかま、何やってるんだ。

・捕えた反逆者を見せしめにパレードを行うルルーシュ。なんかスザクは死んだことになっていたから、なんかありそうだなって気はしていました。あとで、考えてみると、ルルーシュにとってこのパレードは最高の舞台だったのですね。一人でいるところを殺されても、世界へのみせしめにはできなかっただろうし、当然か。

・捕えられているラクシャータやロイドたち。ロイドたちはルルーシュの提案で投降したように思っていたんだけど、どういうことなんだろう。ロイドたちもこのルルーシュ暗殺劇の計画を知っていたということ?

・スザクに刺されたルルーシュの滑り台落ち。ラコックの階段落ちと比べると、何と優雅な。下にはナナリーがいるし。これもルルーシュの計画通りなのかな。下のナナリーが悲しんでくれるところまで。

・後日談。パンを食べながら登校するカレン・・・。なんともベタな・・・。それと同時に、急にスケールが小さくなった感じも。べつに悪いってわけでもないけど。CCは相変わらず生きているのね。そういえば、後日談、結構短かったけど、DVDで長いヴァージョンがつきそうだなぁ。まぁ、そんなに長々とみるものでもなさそうだけど。

いやぁ、終わりました。で、この『コードギアス』、振り返ってみると、個人的には一期より二期のほうが好きだなぁ、という感じ。一期は、前半は面白かったけど、後半はぐだぐだになってしまった印象。二期は、前半はいまいち盛り上がらなかったけど、後半はしっかり楽しませてくれた印象。こんな感じです。二期は、話のスケールがちゃんと大きくなってくれたから良かったです。あと、ルルーシュの策略の幅が増えたこと、戦争に話の重点を置いてくれたこと、が楽しめせてくれた理由かなと思っています。ただ、主人公のルルーシュがしっかり描けているのはいいのですが、やっぱり脇役が・・・。結局、無駄になったようなキャラクターもいっぱいいるし。谷口監督、やっぱり群像劇は苦手、というか、脇役のことを書くくらいなら主人公を書け、って感じなんだろうなぁ、と。ヒーローものが似合っているというか。この作品で改めてそう思いました。まぁ、この作品も、終わりよければ、すべて良しですかね。こういう終わり方で締めくくる作品、なかなかいいと思いましたよ。

で、来週からは『ガンダム00』の二期ですね。ほんと、楽しみ。そういえば、00ガンダムのプラモ、買いましたよ。組んで動かして遊んでいるだけなんですけどね。でも、これ、ほんと、よく動く。遊びがいがあります。1000円くらいあれば買えますし、おススメですね。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第25話(最終話) 「Re;」

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第25話 「Re;」 あらすじ ゼロレクイエム。すべてははルルーシュとスザクの約束の為に。 さらばルルーシ...

Shooting Stars☆ 2008年09月28日(Sun) 20:02


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。