五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第1話「天使再臨」感想

ついに始まりました『ガンダム00』。スパロボに夢中で、今クール開始作品のチェックを全くしていないのですが、これは見て感想書こうかな、と。まぁ、『コードギアス』の後番組ということもあるし、その流れで感想を書き続けていけるかなぁ、と思うしね。そういえば、一期のまとめ感想は書いたけど、一期は、個人的にはなんか放送が終わってから関心が高まるという変な作品でした。その意味でも楽しみにしていました。さて、二期はどう展開していくのやら、注目しながら見ていきたいと思います。では、第1話の感想。

今回は、なんだこれ、すごい・・・って感じ。

お話は、反連邦の嫌疑をかけられ捕えられる沙慈。反連邦の同志の救出、そしてアロウズの反連邦の弾圧、その戦闘のなか沙慈は刹那と出会う、という話。なんだろうね、面白いつまらないの前にすごい、という感想が出てくる感じ。劇場作品のような感じでした。この作品、ここまでハイクオリティーだったっけ?びっくりしたよ・・・。お話に関しては、まさにプロローグといった感じかな。真打ちである00ガンダムも登場していないし。でも、戦闘シーンもカッコよく、大変満足しました。いつも放送をみられる作品については、録画せずに見て感想を書いているのですが、今回はほんと後悔・・・。すぐにもう一回見直したい、って感じです。

今回登場したガンダムは、半壊したエクシアとティエリアの乗るセラヴィーの二体だったのですが、この二体にはちょっぴり不満が・・・。エクシア、敵一機ぐらい落としてくれよ、新型じゃなくていいからさ。セラヴィーはもう少し体を動かせないものかね。まぁ、そういったことなんですが・・・。そういえば、セラヴィーの後ろの顔、第1話から顔だ、ってあきらかにされるとは思いませんでしたよ。まぁ、あの顔の機能はあれだけではないでしょうけど。

では、以下、思ったことを。

・アロウズと反連邦の戦闘、これではじまりました。ほんと、しょっぱなからそのレベルの高さにびっくりですよ。迫力満点。それしか言うことがない・・・。基本、赤がアロウズ、青が反連邦(組織名なんだっけ?)なんですね。アロウズに蹂躙される反連邦という感じでございます。

・セルゲイとソーマ登場。アットホームな雰囲気です。ソーマは雰囲気が変わっているけど、成長したってことなのか?「すぐに答えをださなくてもいい」とか会話しているけど、なんのことやら。

・反連邦の組織にいるシーリン。この人、どういう理念で動いているのでしょう?反連邦にいるのも冷やかしではないだろうし。マリアに仕えていた以前の過去も含めて気になります。

・反連邦の組織員と一緒に働いていて、彼をかばったことにより捕まえられる沙慈。沙慈は、強制労働をさせられていましたが、取り調べなどは一切なしですか。疑わしきは罰せよということですかね。ひどい組織だ。こういった国家形態だと、分離独立の気運が高まるものですが、やっぱり太陽炉を含めた武力なんですかね、それを支えているのは。

・反連邦の救出作戦とアロウズの攻撃。あっけないなぁ、反連邦。救出用の艦艇をこうもあっさり撃沈させられるとは・・・。オートマトンだっけ?あれは『F91』のと同じようなものなのかな。センサーで人間を感知して攻撃っていう。形と使い方からは、『ストレイン』で出てきたもののような感じでしたが。

・オートマトンと戦う刹那。普通の人間はあんなにあっさりやられたのに、刹那くん、強いですね。こんなのどうやって対処するんだ、と思ったら普通に戦ってますしね。まぁ、侵入した身で武器などを携帯していたのが大きいのかもしれませんけど。

・沙慈と刹那の再会。なんかいい雰囲気のような・・・。そんなに二人で見つめ合うなよ・・・(笑)。敵もまだいるんだしさぁ、と思ったら早速敵さんが狙っております。

・半壊のエクシアをオートで操る刹那。エクシアを、どこに隠していたんだ?エクシアが無人で移動しているときに、アロウズに見つかったら大変なことになると思うんだけど・・・。

・アロウズと対決するエクシア。エクシアカッコいいんですけど、やっぱり一機ぐらい落としてもらわないと。小隊がスパロボみたいに三人ではなくて、四人だったら一機落とさせてあげることもできたような。あ、そういえば、沙慈くん愛しのルイスはこんなところに。なんかリボンズとリンクしているようでしたが、どうなっているんでしょう。まぁ、ルイス自体は危ない人になっちゃったようですが。

・エクシアがやられているところに登場のセラヴィー。やっぱり膝もビーム砲でしたか。それにしても、ヴァーチェよりもまん丸で動かしにくそうな・・・。地上にいけばまだカッコよく動かせるのかなぁ。後ろの顔展開でGNフィールド。観ているときは、そんなに違和感なかったけど、あとから考えると笑えるなぁ・・・。

・刹那とティエリアの再会に、刹那に銃を向ける沙慈。沙慈の怒りも分かるんだけどね。でも、沙慈の的になっているだけだった刹那はなんだったのでしょう。こんなところで死ぬつもりはなかっただろうし。沙慈が撃てないのがわかっているのなら、それを伝えて欲しかったなぁ。ティエリアも見ていただけだったし。

・ソレスタル・ビーイングに捕えられる沙慈。撃たなかったのは、刹那と同じになってしまうからのようで。なるほど。あの場面で、意外と冷静さももっていたのね、沙慈くん。撃っても全然当てられないよりかはカッコ良かったです。でも、今度はソレスタル・ビーイングの捕虜と捕虜生活が続きますなぁ。沙慈の不幸はまだまだ続く、って感じなのかな。

・急にロックオン勧誘の刹那。場面飛びすぎだよ。時間はどれだけたったんだか。あとは、いままでのキャラクターの顔見せですかね。そういえば、セルゲイのところに息子がソーマを連れに来ました。でも、この親子の間には何があるのでしょうか。おそらく母親のことでしょうかね。セルゲイ、新しい恋人と平和な生活を、って感じにも見えるなぁ。あ、捕えられたアレルヤも見えましたね。なんか、少年マンガによくあるような感じでしたけどね。

次回は、00ガンダム起動の話ですかね。予告の00ガンダムがGN粒子を発している姿はカッコ良かった。そういえば、ロックオンのことはどうなったのでしょう。このことも話を進めるのかなぁ。本当に次回が楽しみです。このクオリティーの高さが1話だけで終わりませんように・・・。無理だろうなぁ・・・。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。