五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第2話「ツインドライヴ」感想

週に一日しか文章を書かないと、感想を一つ書いただけで疲れ果てる・・・。今日は、『絶チル』と『ブルドラ』の感想を書いただけで、もうへとへと・・・。たぶん、久し振りに頭をフル稼働させたためでしょう。昼寝して『00』を見て感想を書いただけで、一日が過ぎてしまいそうです。あぁ、貴重な休日が・・・。ダメだね、ブログでなくても文章は書かないと。さて、楽しみにしていた『00』の感想、いきます。

今回は、うん、面白かったです。

刹那がソレスタル・ビーイングのメンバーの再結集をはかるなか、イアンは00ガンダムのツインドライヴの扱いに手を焼いていた。アロウズによるプトレマイオス2への攻撃がはじまり、ついに刹那を乗せた00ガンダムが起動する、という話。戦闘というか00ガンダムが起動するまでは、世界観の説明みたいなのが多くてちょっとダラダラした感じもありましたが、00ガンダムが起動してからは一変。テンポが速くなり、一気に引きつけられるものに。だらだらした感じの前半は、見せ場をしっかり見せるためのタメだったのかな。

それにしても、00ガンダム、すごいな・・・。なにあの粒子放出量。それまで戦場で一人頑張っていたセラヴィーが霞む霞む・・・。で、その00ガンダムの起動なんですが、刹那が気合で起動させた印象ですが、イアンが言っていたように、トランザムによる強制起動、それがタイムラグがありながらも成功したということなのかね。気合で動くように見えるほうがカッコイイし、あの見せ方は良かったと思います。

あと、今回の話で思ったのは、ソレスタル・ビーイングって結構世界の一部として認知されているんだなぁ、ってこと。この物語世界とコネクトしているというか。一期では、一貫して接点が見いだせない、謎の組織と捕えられていたと思うのですが、二期では大分立ち位置が違う感じ。ソレスタル・ビーイングは世界に認知されているし、二代目ロックオンもスメラギも王留美も、違う組織としっかり接点を持っているし。敵側がソレスタル・ビーイングに対して、なんだこいつら、って感じをもっていないところが、新鮮というか、不思議な感じがしました。

では、以下、思ったことを。

・イアンとティエリアによる00ガンダムツインドライヴの試験。エクシア以外のすべての組み合わせで試したようで。エクシアでもダメだったら、ツインドライヴ自体が欠陥ということに。ティエリアだからダメだったりして・・・。機械だし、そんなことはないか。それにしても今回、イアンの存在感はすごいなぁ。見方を変えれば、今回はイアンの話でもあったわけだし。裏方である整備士が本業でこれだけ存在感をだしてくれるのは、うれしいかぎり。

・刹那によるニールの弟ライルの説得。刹那の口説き文句は、俺達はカタロンよりも多くの情報をもっていて、世界を変えるには参加したほうが近道だぞ、ということですかね。ライルはスパイというか、カタロンへの情報提供の役割を担う必要性から参加を決めたようです。ソレスタル・ビーイングは情報が流出してしまうことになるのだが、大丈夫なのかね。たぶん、刹那はそんなことを全然考えていないと思うけど。そういえば、刹那、二期になって大分しゃべるようになりましたが、人の話全然聞かねぇ・・・(笑)。

・アロウズに召集されるマネキンとソーマ。あれ?コーラサワーは?って感じもしますが・・・。マネキンとソーマが会話している姿は、なんか不思議な感じがします。一期の話では、会話していてもおかしくない立場でしたが、二人で会話していた記憶がないし。制服を着たアロウズの面々が集まるなかで、一人マスクと陣羽織を着た異形の者が・・・(笑)。地味な印象の軍内部で、あの格好で紙コップを持つ姿は、違和感バリバリです。

・スメラギを連れにビリーの家に来た刹那。スメラギの酒浸りの生活、なんか憧れてしまうのは自分に問題があるからでしょうか。生きていくためと酒のための金、それを支えてくれる人がいれば、ああいった生活もできるんだけどねぇ・・・。いかんいかん。それにしても、刹那、ビリーの前で全部しゃべっちゃって大丈夫なの?スメラギはソレスタル・ビーイングに戻ることを嫌がっていたが、刹那がどうやってあの場からスメラギを連れ出したのかがなんか気になる。力任せに引っ張ってきたのか?青年による年上の大人の女性誘拐、すごい事件です、姉さん。

・警察に捕まるマリナ。なぜでしょう?あの国の立ち位置的な問題なのか?シーリンのことなのか?さっぱりわかりません・・・。

・リボンズにソレスタル・ビーイングの情報を流す王留美。その情報は、リボンズからアロウズへ。それにしても、王留美、アナーキストというか、世界を舞台とした演劇を楽しんでいるというか・・・。彼女、この作品のトリックスターということなのかねぇ。かなり悪意に満ちていますが。あと、ネーナ、どこへ行ったのかとおもいきや、こんなところにいたのね。悪女のツインドライヴ?

・アロウズによるプトレマイオス2への攻撃。アロウズ艦の艦長は、前回と同じ、金髪デブのお方ですか。あの人、特徴からなんか気になる。プトレマイオス側で応戦するのは、セラヴィーだけ。セラヴィーの一騎当千がはじまるのかと思ったら、結構苦戦するのね。セラヴィー、両肩のGNキャノン発射するときも、後ろの顔が展開するのか。それにしてもなんで顔なんだろう・・・。あと、プトレマイオス2は地雷は積んでいるのね。一期のプトレマイオスは全く武装らしい武装なかったから。その辺は、学習したってことかな。で、スメラギさんの作戦っていったい何だったんだろう?

・00ガンダムに乗るため輸送艇から飛び移る刹那。飛び移る必要があったのかは甚だ疑問。乗る前に一回転してるし。

・00ガンダム起動。「ここには、0ガンダムとエクシアと俺がいる」(だっけ?)で起動しました。刹那、「0ガンダムとエクシア」って二回も言わなくても・・・。分かってるし。でも、起動した00ガンダムはカッコ良かったなぁ。肩のツインドライヴは、前面に展開することで盾にもなるんだ・・・。個人的には、発進するとき、大量に発生させていたGN粒子が一度すっと消えながら、ツインドライヴが後ろに展開するところがなんか好きです。

・00ガンダムによる敵の壊滅。なんかあっという間な感じ。ジンクスⅢのランスごとぶった切りましたか・・・。あのシーンはもう少しカッコよくできなかったかなぁ、と思ったけど。ランスがGNソードで切られるところで、もう一つ間を作ってくれるとさらに良かったように思いました。敵兵に「なに!?」と言わせるとか。そういえば、二期に入ってから、名無しの敵兵がいろいろしゃべってくれるのは、非常にいいです。やられ役の機体のパイロットも生きた人間なんだ、ってことを実感させてくれるし。

・Cパート。二期は、毎回こういう構成でいくのかね。今回は、今回の出来事でのいろいろな人々の反応って感じです。スメラギの真実を知り、落ち込み狂乱ぎみのビリーが印象的でした。

さて、次回はアレルヤの奪還ですか。アレルヤ、どこかに拘束されているようだけど。そういえば、二重人格の問題はだいじょうぶなのかなぁ。人格破壊が起こっていなければいいが。ところで、現在、プトレマイオス2には00ガンダムとセラヴィーだけしかないようだが、ロックオンとアレルヤの機体は、どうなっているのでしょうか。そのことも含めて、次回も楽しみです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。