五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『かんなぎ』第二幕「玉音アタック!」感想

なんか山積みの宿題を残した感じで、なにも進んでない、この一週間。あー、なんか体がとても疲れてる。季節の変わり目のせいかなぁ・・・。ぐだぐだ言っていても仕方がないので、気合を入れて感想を書きますよ。『かんなぎ』の第二話でございます。大丈夫かなぁ、今日・・・。

今回は、まぁまぁだったかなぁ。

ナギとともに暮らすようになった仁のもとに、つぐみがやってくる。つぐみが帰った後、仁と喧嘩したナギは、家を飛び出してしまう、という話。今回、展開はいろいろありました。仁の家を訪れるつぐみとか、死んだ子猫を吸収するナギとか、仁と喧嘩して家を飛び出すナギとか、仁とナギが協力して「穢れ」を倒すとか。でも・・・、うーん、なんか話に勢いがない感じが・・・。なんでかなぁ?まぁ、自分が、理屈なんか後回しで、勢いで魅せてくれる作品が好き、ってだけなのかもしれませんけど。

あと、喧嘩してナギが飛び出すって話、早すぎなような・・・。まだ二話ですよ。二人が出会って二日目でないの?喧嘩してしまう理由は分からんでもないけど、普通ならまだ互いに様子見な段階のような気がするんだけど。でも、ナギは神で傍若無人な感じだし、仕方無いのかなぁ?でも、やっぱり、二話だし、今回の前半の話を一話に話を広げて見せて欲しかった気も。二話くらいまでは、もっとお気楽な話にして欲しかったというか。

では、以下、思ったことを。

・寝ボケて自作の御幣を折るナギ。仁に買ってこい、って・・・。どれだけ、魔法のステッキが気に入っているんだ、ナギ。瞬間接着剤をすすめる仁は、実に合理的です。買うのが恥ずかしいって事だけではなくて、お金のこともあるだろうし。そういえば、ナギが力が弱くなった云々言っていたのには、御幣に魔法のステッキ使っていることも関係しているのでは?

・庭にいた子猫を飼おうと提案するナギ。子猫はかわいいからねぇ。仁、飼えとは言わないが、親猫を探すなりなんなりしてあげようよ。あっ、このときには、子猫は結局、ナギの強制で仁の家で飼うことになるもんだと思っていました・・・。そういえば、ナギもその後、子猫を気にしている様子は全くなかったのだが・・・。

・ちゃぶ台の真ん中に突き刺さるステッキ。なんかシュールな雰囲気を醸し出しています。ステッキは、そこまで綺麗に折れたんだ・・・。

・仁の幼馴染のつぐみが仁の家を訪問。なんか大人しそうな感じですね、つぐみちゃん。それでいて、仁の監視役とは・・・。父親への告げ口がうまいのかなぁ。普通、仁の立場だったら、つぐみのような存在は、嫌いだと主張するものだと思うのだけどね。本心は別にせよ。あと、つぐみは仁に気があるようですね。まぁ、よくある設定ですが。

・ナギの話術でつぐみを言いくるめる。猫かぶっているナギがなんとも笑える。なにおべっか使ってるんだよって感じで。仁と腹違いの兄弟とか言ってるし(笑)。二重人格とか言ってるし(笑)。

・二重人格と仁をもだますナギ。だまされるなよ、仁・・・。それにしても、ナギ、足掻きながら横になってテレビ見ている姿は、なんともオッサンくさい。家の主人って顔しております。本当の家の主人である仁が母親っぽくなっているのは、憐むべきか・・・?

・死んだ子猫を体に吸収し、倒れるナギ。なにやったのでしょう、ナギ。子猫の死骸が「穢れ」になる前に弔ったということなのかなぁ。もしくは、子猫は死んでなく、弱くなった子猫をその身で保護した、とか。しかし、子猫をこんな状態にしたのは、ナギにも責任があると思うのだけど。のんきにテレビなんか見ていたし。

・ナギの不思議な力から、ナギと仁、二人の喧嘩になる。こんなところで喧嘩した・・・。ナギ、家出て行っちゃった・・・。もっとくだらないことが発端だったほうが面白かったような・・・。まぁ、喧嘩の理由をとやかく言うのも変な感じがしますが。でも、喧嘩するほど仲がいい、二人はもうそのくらい強い絆になっているということなのでしょうね。早すぎる感じもしますけど。

・子どもたちに変質者呼ばわりされるナギ。いろいろ言われていますが、もっともでございます。子どもはなかなか鋭い。さすがに、あんなステッキを大事にしていたらなぁ。

・一人で子どもについた「穢れ」と戦うナギ。苦戦しています。ナギさん、もうすっかり仁がいないと役に立たない存在でなってしまったようで。あと、「穢れ」ってのは、普通の人には見えないんだなぁ。人前で、一人魔法のステッキを振り回すナギは、まさに変質者(笑)。

・ナギが「穢れ」にやられそうになったところで登場の仁。ヒーロー登場のよくある展開です。しかし、仁はよくナギの居場所がわかったなぁ。神社で戦っているならまだしも、ナギは場所を変えていたんだし。仁はナギを感じる能力をもっているのか、二人はもう夫婦みたいなもんなのか。で、二人が力を合わせることで、やっと「穢れ」を退治できる、と。でも、ナギが仁を必要とするのは分かったが、仁がそこまでナギを必要とする点については少し弱いような。どうなんだろう、そこらへん。

今回、『かんなぎ』をいまいち楽しめなかったのは、自分が疲れていることも関係していたのかも・・・。でも、こんな感じで話が続いていくのかなぁ。もっと勢いがある感じになるか、一話一話をじっくり見せてくれる感じになるか、のどちらかになって欲しいんだけど。でもまぁ、この作品、気負わず観ることができる感じなのはいいんだけどね。次回は、さらに面白くなってくれることを期待していますよ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。