五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第8話「無垢なる歪み」感想

今日は、『絶チル』と『ブルドラ』の感想を書いた後、ヨドバシカメラへ行ってガンプラを買ってきました。「セラヴィーガンダム」と1/100「00ガンダム」です。相変わらず、二期になってからの『00』のガンプラ、全部買っております。いくつか作らずに、部屋に積んだままになっているんだけどね。「アヘッド」なんか頭と胴体作ったところで放置状態・・・。早く作らないと・・・。そういえば、今日ヨドバシのおもちゃ売り場、すごい人でした。なんでだろ?クリスマスもまだ早いだろうし。会計のとき、親子連れの列に混ざってガンプラを持つ、大の大人が一人・・・。奇異な目見られている感じがして、なんか、悲しかったよ・・・。前の方で、フィギュアを二つ持つ同類らしき方を見かけ、妙な安堵感を抱いてしまった・・・。前置きが長くなった。では、『ガンダム00』第8話の感想です。

今回は、面白かったです。

リジェネと出会ったティエリアは、イオリアの計画と自分の存在理由を聞き、驚愕する。そして、アロウズのパーティーに潜入したティエリアは、リボンズと対面することになる、という話。MS戦闘なしの回だったんですが、敵どうし、因縁めいた者どうしが出会うという話で、ほんと画面に見入るような感じで見てました。あと今回、イオリアの計画や、ティエリアやイノベイターについても、いろいろとあきらかにされた回でもあったし、楽しめましたよ。

イオリアの計画なんですが、リジェネによると三段階に分かれているようです。第一段階がソレスタル・ビーイングによる統一世界の構築、第二段階がアロウズによる人心の統合(あれ?これでよかったっけ?)、そして第三段階がイノベイターによる人類の外宇宙への進出と対話の模索、ということのようです。で、第一段階が終わったのに、ソレスタル・ビーイングが残っていることにより、ソレスタル・ビーイング、アロウズ、イノベイターと三段階の中心となるものたちが存在する現状がある、と。それにしても、第三段階こそイオリアの計画の終着点のはずなんだが、なぜ人類は外宇宙へ進出しなければならないの?、対話って何と対話をするの?、といろいろと疑問がでてくる感じ。それらが、今後の楽しみにもなりそうですけどね。

あと、リジェネが、三段階まで考えたイオリアがその後も第一段階に執着していたことに関心を持っていたことも気になる。イオリアが、ソレスタル・ビーイングを利用したもう一つの計画も考えてそうな感じもするし。それに、リジェネも、イノベイターとしてリボンズの下にいながら、独自に行動しているのも、なにかひっかかる。イオリアの計画の今の現状のことを、リボンズの計画ではないかと勘繰っていたしね。リジェネが、ソレスタル・ビーイング、イノベイターと関係するアロウズと並ぶ第三極を形成しそうな気がしてならない。王留美あたりと関係を深めてさぁ。うーん、どうかなぁ。それとも、リジェネは、第二期のトリックスターとしての役割に終始するのかなぁ。なんか今後、彼(彼女?)の存在に目が離せません。そういえば、宇宙空間での活動に適した存在=イノベイターって、なんかニュータイプみたいだなぁ。

では、以下、思ったことを細々と。

・リジェネにイオリアの計画と自分の存在意義を明らかにされ、驚愕するティエリア。一期では、自分こそが最もイオリアに近い人物と息巻いていたティエリアさん、自分以上にイオリアの計画について詳しい人物の登場でプライドもずたずたでございます。情報規制されていたティエリアは、イノベイターの連中のなかでも、下っぱということみたいですね。まぁ、ティエリアは実践部隊の監視役みたいな立場だし、当然といえば当然ですけどね。ん、そういえば、一期でリボンズは、ヴェーダを掌握するのに苦戦していたぞ?このへんはどうなっているのかな。やっぱり、今のイオリアの計画というのは、ヴェーダを使ったリボンズの計画になってる?

・アレルヤとマリーの前に現れるミレイナ。質問するのは、やっぱりそれかい・・・(笑)。「乙女の感」なんて言っても、下手な鉄砲数打ちゃ当たる、って感じが・・・。それにしても、ソーマ(今はマリーだけど)が、トレミーにいるってことが、どうにも違和感。で、トレミーで何をするんだろ、マリーさん。やっぱり噂の支援機に乗るの?

・ソーマのアヘッドのパイロットに志願するルイス。アヘッドは隊長専用の機体みたいだし、普通に考えれば無理だよなぁ。マネキンの対応も当然というか。身分も大分違うだろうし、普通にルイスの話を聞くマネキンは優しいですね。そこに、リント少佐登場。ルイスのソーマ機使用を上申してくれるみたいですが、彼、どういう腹なんだろうか。ただパーティーにルイスを参加させたいだけとは思えないし。もしかしてリント、イノベイターとなんか繋がっている?

・自分の存在意義を否定されたティエリアのもとにロックオンが現れる。一代目です。幽霊です・・・(笑)。ティエリアがロックオンの言っていたことを思い出すって感じではなくて、ふいにティエリアの前に登場って感じだもんなぁ。で、ロックオンの言っていることはもっともですね。ガンダムが与えられたってことを考えると、トランザムはいったい何だったのか、ってことにぶち当たるし。

・前の戦争での多くの仲間の死に関して、マリーを糾弾するフェルト。ソーマにしたって、多くの仲間が殺されたんだしなぁ。それに、つまるところソレスタル・ビーイングが仕掛けた戦争でもあるし。どうも的外れというか、被害者ぶっている感じがするというか・・・。で、アレルヤが「家族」ってことをキーワードとしてあげていましたが、なんかしっくりこない。トレミーの連中、全然家族って感じがしないんだよね。もっとドライな感じがするというか・・・。それは、たぶんトレミー内でのゴタゴタをみんなの力で解決する、ってエピソードが皆無だからでしょう。それに、トレミーの連中は、あまり人間味の溢れる連中でもないし。

・マネキンの艦に到着する新型とコーラサワー。人気のコーラサワー、ついに登場ですか。「不死身のコーラサワー」、ごもっとも(笑)。なんか、何度でも死の淵から蘇る「不死鳥」って感じもしますけど。あっ、これではカッコよすぎるか・・・。で、二期になって、いままで顔を出さなかったのは、アロウズに参加していなかったからなんですね。それも、マネキンによって釘を刺されていたから、と。マネキンの思いを無下にして、マネキンを守ろうとするコーラサワー。マネキンにとっては、うれしいのか否か。まぁ、複雑な心境なんだろうな、ってのは思うけど。でも、コーラサワー、終盤で「オレは不死身なんだよ」とか言いながら、マネキンを守って死にそうだなぁ・・・。

・王留美からのアロウズのパーティーの情報。彼女の後ろにはリジェネが・・・。それで音声だけの通信だったのね。王留美はだれとでも関係をもっているというか、敵味方もないというか、清濁をあわせのむというか・・・。あと、リジェネのこの行動もリボンズとは関係なしに、独断で行っているのね。この作品のトリックスター二人、揃い踏み?

・ミレイナにあとを任せて、支援機の調整に宇宙へ上がるイアン。一人、軌道エレベーターで宇宙へ上がる姿は、出張のサラリーマンのよう。しかし、その実態は、テロリスト・・・。ソレスタル・ビーイングとばれたら、大変じゃないのかね、イアン。まぁ、見た目普通のおじさんだし、心配無いのかな。ところで、整備をミレイナに任せて大丈夫なのだろうか?どうにも彼女、頼りなさげで・・・。意外に、ハロと心を通わせる特殊能力を持っていたりして・・・。

・女装してアロウズのパーティーに潜入するティエリア。スメラギさんは、女装させるのが好きなのだろうか?まぁ、ティエリア自体、男か女か分からない容姿だしね。で、ティエリアさん、どういう身分で潜入したのだろうか。あと、他の来客と話すとき、声色が変わっていたが、なんかトリックがあるの?

・リボンズに挨拶にくるルイス。アロウズ最大の出資者とは、あなたのことだったのですか、ルイスさん。まぁ、実家お金持ちみたいだったし、一族みんな死んでいるみたいだし、ガンダム倒すことにすべてをささげたってことなのかな。あと、なんかうまくルイスをおだてているリボンズが、なんか笑えた。中世のヨーロッパ貴族のような格好ですなぁ、リボンズさん・・・。

・ティエリアとダンスをするリボンズ。盗撮マニアなリボンズさん、ついに動き出しましました。で、いきなりダンスですか・・・。リボンズは、自然な感じで人を遠ざけて密談がしたかっただけなのか、ただダンスを踊りたかっただけなのか・・・。転びそうになるティエリアをすっと助けるリボンズ、・・・なんか笑える。

・ルイスと出会う刹那。ティエリアお嬢さんの運転手役の刹那(笑)。ルイスに隠していたけど、何見てたんだろ。会場内の盗撮画像?リボンズと踊るティエリアを見て、くすくす笑ってたりして・・・。で、ルイスとの会話。軌道エレベーター関係の仕事?ウソついているよ、刹那さん(笑)。あんた、テロリストだろうに。えっ、沙慈と以前コロニーで会った?ウソついてるよ、刹那さん(笑)。会ったことは間違いないけど、あんた毎日のように沙慈と会っているだろうに。なんか面白いなぁ、この二人のウソにまみれたやりとり。

・個室でリボンズと話すティエリア。リボンズ、ティエリアを煽る煽る。リボンズ、ロックオンのことも把握していたのね。ついでに、ティエリアがロックオンに対して親近の情を持っていたことも。どれもこれもヴェーダの情報?リボンズ曰く、「日々の盗撮活動、もとい情報収集は伊達じゃない」かな。で、銃をとり出したティエリア、でもその銃は撃ち落とされてしまいました。ヒリング・ケアと言ったっけ、彼。それにしても、ティエリアさん、こんな敵ばかりの場所で、物騒なものを取り出してはいけませんね。偵察の枠をとっくに越えているし。それだけ怒り心頭だったということかもしれませんけど。で、追い込まれて、お決まりの窓を破って脱出。アクティブなティエリアってなんか変な感じだ。

・咳きこむルイスにビリーが近寄り、刹那の正体があかされる。ビリーにとって刹那は、ソレスタル・ビーイングで誘拐犯ですからねぇ。その顔、忘れるはずもない。で、アンドレイにも、ルイスにも、刹那の顔、ばれちゃった。刹那くん、必死にウソをついていたのにね。まぁ、ルイスは咳きこんでいたから、どうだかわかりませんけど。ルイスも刹那がソレスタル・ビーイングだというビリーの発言を聞いていたら、彼女の怒りの矛先は刹那に向きそうだなぁ。

ガンダムに乗って戻る刹那とティエリアの前にサーシェス登場で、今回はお終い。サーシェス、相変わらず、「ぎっちょん」って言っております。今回、この対決まで観たかったなぁ、そんな気も。まぁ、サーシェスとの対決は、次回の楽しみにとっておきますか。で、次回なんですが、トレミーはまた宇宙へ上がるようですね。今回の話にでてきた支援機受領の話なのかな。なんにせよ、次回も楽しみです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd season 第8話 「無垢なる歪み」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 自分と同じ容姿をしたリジェネの出現にティエリアは驚愕する。しかし、リジェネの口よりもたらされたイノベイターの情報は、さらにティエリアの心を揺り動かした。その後、アロウズの高官たちが集まるパーティの情報を得たCBメ

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2008年11月24日(Mon) 17:52


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。