五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『続 夏目友人帳』第六話「少女の陣」感想

最近はひたすら、『夏目友人帳』の感想を書いている気がする。実際、その通りなんですけど・・・。でもやっと、放送に追いつける目途がついてきたぞ。今回の第六話をいれてあと三話。今週でなんとかなるかな?しかも、今回の話でアナログ画質から解放。次回の話からは、買ったばかりのHDレコーダーに録画してあるものになります。俄然、やる気がでてき・・・てもいないかな。まぁ、コツコツと感想を書いていかないとね。『続夏目友人帳』第六話の感想です。

今回は、まぁまぁ面白かったかな。

ある日、夏目は、地面に描かれた謎の陣を発見する。そして、そこで出会ったのは、その陣を描く多軌であった。無口なはずの同級生多軌が、ふと夏目の名前を読んだことで、夏目はある呪いを受けてしまう、という話。今回は、ニャンコ先生と一緒にいたはずの夏目が消えてしまう、というところで終わりました。次回は今回の続きのようだし、二話連続の話の前編のようですね。二話連続の話は、これまで放送してきた『夏目友人帳』ではじめてじゃない?しかし、後編を見ずして感想を書く、どうなのかなぁ、という気もしますが、今まで一話ずつ感想を書いてきたわけだし、仕方無いですね。

で、今回、前編ということで、あまり盛り上がることもなく、この話の登場キャラクターの説明と状況の説明が中心だった、という印象でした。登場キャラクターの多軌は、まぁ、事件の発端となった人物、ということで注目せざるを得ないですね。でも、なんか見た目がレイコに似てるような・・・。多軌が出てきたとき、夏目がレイコと彼女を重ね合わせる感じで、話が進んでいくのか、とも思ったんですが、全然、そんなことはありませんでした・・・。

そして、もう一人のキャラクター、ちょびひげ。インパクトのある顔立ちなんですが、今回の話では、いまいち影が薄かった印象だったなぁ・・・。次回、重要な役割をもつキャラクターになるのかな?なんか、今回夏目たちを呪った妖の正体が、このちょびひげだったりして・・・?そんな気がする。呪った妖、いくら探しても見つからないのに、夏目のところには度々現れるし、ちょびひげが夏目のところに現れた動機もいまいち釈然としない感じがするし。どうでしょうかね?まぁ、録画してある次回の話をみれば、ちょびひげがどういう位置づけのキャラクターなのか、すぐにわかるんですがね。

妖が見えるようになる陣を描き、その陣に現れた妖に呪われた多軌。多軌本人が呪われるだけならまだしも、多軌が名前を読んだ人も呪われるとは、なんとも不条理な・・・。全然、呪った妖の意図がわかりません。妖が見えるようになる陣が、その妖にとっては不都合だったのか、それともゲーム感覚なのか?妖の意図は、とても気になります。

あと、友人に夏目と多軌が一緒にいることで、誤解されるところは面白かった。でも、今回の話、二人に対する周りの誤解で、もっと盛り上げてほしかったなぁ。夏目が多軌の頭に手を載せるところなんかは、傍から見ると、おいおいって感じのことなんだし。それにしても、多軌と二人でいる夏目、夏目にもやっと春が来たのかぁ・・・、とも思えるんですが、まぁ、二人にそんな気は全然ないのでしょうけど。夏目は、もっと身近に、必死に彼に思いを寄せている人がいるんですけどね。恋はすれ違うものなんですかね。そういえば、笹田が二人で一緒にいるところを目撃したら、どういう反応をするんだろう?ちょっと気になりました。

今回の話、褒められ慣れていないニャンコ先生も面白かったんですけど、・・・感想が大分長くなってきたし、まぁ、いいか・・・。なんにせよ、今回の話は、次回を見ないことには感想もままならない印象。そういえば、夏目は最後襲われていたけど、多軌は夏目に期限についてウソを言っていたのか?この点もそうだし、ほかにも気になることはたくさんあります。話の落とし所も気になるしなぁ。とにかく、次回はとても楽しみです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。