五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『続 夏目友人帳』第十三話「人と妖」感想

一日遅れの『続 夏目友人帳』の感想です。最終回の感想です。いやぁ、昨日は酒を飲んでいたもので・・・。でもなんか、最終回となると、作品を見るのも、感想を書くのも億劫になる。なんでだろうなぁ、この気持ち・・・。最終回ということで、物悲しさとともに、うまく幕を閉じて欲しいと期待が見るのを躊躇させ、それでいて最後くらいは、うまく感想をまとまったものにしたいという思いが書くのを妨げる感じですかね。もっと、最終回だろうがなんだろうが、淡々とアニメが見れる、感想を書けるようになりたいものです。なにより多くの作品の感想を書いていくことが、その第一歩なのかな?そんなことより、『続 夏目友人帳』の感想を書かないといけませんね。では、最終回の感想です。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

名取にカイが妖だと教えられた夏目は、そのことに戸惑い悩む。また、カイも夏目がカイを追っている名取と親しく接している様子を見て、夏目に裏切られた思いを抱く。そして、カイは鬼が封印されている古井戸の封印を解いてしまう・・・、という話。

なんか妙に淡々と終わってしまった印象でした。う~ん、自分のなかでの期待が高すぎたのかなぁ。もっと涙腺を刺激されるような話を期待していたので、あら?っという感じ。物語のなかの1エピソードなら良かったのかもしれないが、最終話としてはどうかなぁ、と思いましたよ。だって、いまいち盛り上がらないんだもの、夏目もあんまり活躍しないんだもの・・・。結局、カイが夏目に抱いた疑念も、夏目が鬼から一度カイを守っただけで、カイ自身が解決した感じだったしね。

今回の話のテーマとなっているであろう、夏目にとっての人と妖の関係。そのことも、夏目の中ですでに答えが出ていたというのも、拍子抜けした印象でした。名取の夏目にぶつけた質問は結構いいものだったのに・・・。これまでの展開から仕方がないといえば、仕方がないのですがね。夏目が、人と妖を分け隔てなく接していても、そう接していることを意識していない、とかだったら今回の印象は違ったのかもしれないですけど。

夏目が、祓い人だろうが妖だろうが分け隔てなく接することが、かれへの誤解生むという展開は、面白かったですよ。カイを追っていた名取と夏目が仲良く話している場面をカイが見てしまったところなんか、妙にゾクゾクしたものを感じましたし。

今思ったことだけど、今回の話が盛り上がらなかった原因の一つに、晴れた昼間のシーンが多い、ということがあるような気がする。もっと登場人物の心情に合わせて天気や時間も変化してくれよ、と言う感じというか。明るいシーンで衝撃の展開とかされても、インパクトに欠ける感じがするものだし。どうですかねぇ?

それにしても、名取、彼がTVのCMに出ているところは、夏目たちと同じようになんか笑った。妙にカッコつけているところが面白いというか。で、そのあと仏壇のCM(笑)。で、その名取さん、カイを退治することを第一に行動していたけど、古井戸を封印し直すことを先に行った方が良かったんではない?まぁ、依頼された仕事だから、そうもいかないだろうけど。

閉じ込められていた鬼、カイの攻撃一発ですか・・・。カイが強いのはわかるが、そんなに恐ろしいものだったのか、鬼?ニャンコ先生は、鬼の中心を最後に捕まえていたけど、ニャンコ先生も大した活躍をしなかったなぁ。それもなんか残念。

こんなところですかね、最終回の感想。なんか、まとまりもなく、文句ばかり書いてしまった感じですけど・・・。でも、1期の最終回もそうだけど、こういう淡々とした最終回が、この作品らしいのかな。そんな感じもしましたね。

で、この『続 夏目友人帳』全話見終わっての感想。

感想は、なかなか面白かった、という印象。

前半は、いまいち盛り上がってこないなぁ、なんて思っていたんですが、後半になると、結構いい話が多くて面白かったです。とくに巳弥の桜の絵の話は、ほんとによかったです。でも、個人的には、1期のほうがいい話が多かった感じがしましたね。ただ、ニャンコ先生の可愛らしさは、二期になって格段にパワーアップ(笑)。いまいちな感じの話であっても、ニャンコ先生の存在だけで、この作品を楽しめるような感じでした。そういえば、二期になってから、男の妖が中心となる話が増えた気がするんだけど、なんでかな?

なんか、この『夏目友人帳』、夕方の時間に再放送するみたいですね。もう一度感想を書くなんてことはしないつもりですけど、見るのもどうしようかなぁ・・・。でも、よかったですね。より多くの人に見てもらうべき作品だと思うし。まぁ、夕方に放送して、見るべき視聴者層はいるのか、というのは、ちょっと疑問にもおもいますけどもね。でも、評判のいい深夜アニメは、もっと早い時間に再放送する、こういう形が出来上がってきてくれるのなら、個人的にうれしいことこの上ないです。

続・夏目友人帳 1 【完全生産限定版】 [DVD]続・夏目友人帳 1 【完全生産限定版】 [DVD]
(2009/04/22)
井上和彦神谷浩史

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。