五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『黒執事』感想

アニメのほうの感想です。『黒執事』、実は見てました。マンガは、全く読んだことはないんですけどね。

今日は、まだ感想を書きますよ。しかし、一つ目の感想を書くまでは、踏ん切りが必要ですが、一つ感想を書くと、また書きたいという感じになってきますなぁ。変な感じ・・・。それにしても、この作品の感想もいまさらです。新番組の感想にかまけて、感想を書くのも、最終回を見るのもすっかり後回しになってしまった・・・。そういえば、こちらでは、『とらドラ!』と同じ曜日にやっていて、岡田磨里さんがシリーズ構成を務める作品を連続で見ていたのも、いい思い出・・・なのか・・・?で、今日やっと、最終回を見ましたよ。以前の話は、だいぶ忘れてしまっていますが・・・。それでも、感想、いきましょう。

見終わって感想は、まぁまぁ面白かったかな、と。

再興したファントムハイヴ家当主シエルのもとには、有能な執事がいた。「あくまで執事ですから」と語る執事、セバスチャンである。人間を超える能力をもつセバスチャン。その正体は、シエルが復讐のために契約した悪魔だった。シエルとセバスチャンによる復讐劇がはじまる、という話。

近代のイギリスを舞台にした、悪魔と悪魔に身を売った少年の話ですね。近代なのに天使と悪魔、というアンバランスな雰囲気が何とも良かったです。「霧の都ロンドン」と呼ばれるような、ロンドンのうす煙い感じもうまく描かれている感じもするし。そういう、この作品の雰囲気は、とても良い印象でした。

シエルとセバスチャンの関係も、闇を共有する契約で、他人からはうかがい知れないような強い信頼関係で描かれてしたのも良かったです。それでいて、人に対する思いや女王にあだなすことで、揺れ動くシエルの心と、一貫して目的の達成のために冷徹なセバスチャンとの微妙なすれ違いもうまく表現していたと思うしね。二人の関係、もっとBL的な雰囲気のする描かれ方をするかと思っていましたが、意外と普通に見られたなぁ。そういう要素がないというわけではないんだけど。皮肉の言い合いのなかに見られる信頼関係、という二人の関係は、とても面白かったです。

ただなぁ、脇役たちのキャラの濃さが・・・。狙いすぎというか、浮きすぎな感じがするというか・・・。ファントムハイヴ家の使用人たちやら、死神やら・・・。まぁ、個人的な印象なのですけどね。でも、なんか見ていて痛々しい・・・。たぶん、シエルとセバスチャンのノリで脇役たちも描いていくと、重苦しくて小難しい感じのする作品になるから、エンターテイメントとして、笑いの要素を入れたいということから、ああいう脇役たちなのでしょう。だけど、自分は、キャラ自体で笑いを取ろうとするよりも、やりとりのなかで笑いをとるほうが好きなので・・・。だからか、どうにも、脇役たちの描き方については、個人的に受け付けなかった・・・。

あと、話としては、もう少し謎解き要素を頑張ってほしかったという印象。別に推理を楽しむ作品でないのは分かっていますが、前半は、シエルとセバスチャンによる事件の解決、みたいな話だったからね。散々煽っておいて、答えは特に大したことでもない力押し、みたいな印象が強かったです。あと、シエルと親交のあった人たちが、次々と敵になるという展開は・・・。一度なら驚きがあるのですが、二度もあるとねぇ・・・。まぁ、シエルを孤立させていかなければならない、という展開としてわかりますけどね。

結局、話としては、ファントムハイヴ家をつぶしたのは女王で、その女王を操り女王をも殺した天使のアッシュと対決となりましたね。ダーティな存在である悪魔が、聖なる存在である天使に挑む、という図式は面白いです。ですが、アッシュの行動がとても天使のようには思えないのが・・・。アッシュ自体がすでに清濁を含みこんでしまっている感じがして・・・。堕天使だ、といえばきこえはいいですが、悪魔であるセバスチャンとの対決を考えるとねぇ・・・。アッシュには、もっと聖なる存在として、突っ切って欲しかった。清濁を取り込もうとするのではなく、潔癖すぎる聖は悪よりも怖ろしいもの、って感じでさぁ。どうも、最後のアッシュが、天使という立場でしか、セバスチャンとの対称性を見いだせなかったのは残念でした。

しかし、最後の終わり方は、なかなか良かったですね。シエルが死なないと話は完結しないのだけど、原作は続いている(のかな?)、という難しい幕引きが必要だと思うのですが、うまかったと思います。シエルは死んだだろう、というものでしたが、生きている可能性も感じさせるし。しかし、最後のセバスチャンの仕草は、エロいなぁ・・・。

感想はこんなところ。否定的なことも書いていますけど、合う人はこの上なく好きになる作品なんだろうなぁ、とは思いましたよ。そういえば、続編とは作る気はあるのかな?なんか、舞台がどうとかいうCMは流れていましたけど。まぁ、自分はそこまで注目していませんがね。アニメの続編が作られたら、どうせ見るだろうけども・・・。

黒執事 I 【完全生産限定版】 [DVD]黒執事 I 【完全生産限定版】 [DVD]
(2009/01/21)
坂本真綾小野大輔

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。