五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『元気爆発ガンバルガー』感想

ゾイワコ ノイワコ マカイハ ゾイワコ

今年になって、レンタルが開始された『ガンバルガー』。一か月くらいかけて、ようやく観終わりました。

で、観終わった感想は、・・・悪くはないけど、前作『ライジンオー』に比べるとなぁ・・・といった感じ。

じつは、エルドランシリーズ一作目『ライジンオー』も、本作を観る前に観ております。・・・そっちの感想を書けよと言われそうですが・・・。『ライジンオー』の出来が、かなり良かったため、どうしても比べてしまいます。

話としては、ライジンオーよりコミカルなタッチで描かれた、基本的に一話完結の小学生ヒーローもの。『ライジンオー』がクラスメート全員にスポットを当てていたのに対し、『ガンバルガー』では主人公三人を中心に話が作られております。シリーズものであっても、かなり雰囲気の違う作品になったのは、焼き回しにならないためにも、本作の魅力をだすためにも、とても良かったと思います。

ロボットも、三体合体ロボが三体合体するといったようになかなか凝ったものになっており、ロボットアクションも、『ライジンオー』よりもいろいろやっている。『ライジンオー』の作品としての欠点として、ロボットの活躍が単調だった、というのあると思っているので、そういう点が改善されているのは良かったです。

ただ、一話完結型の三人中心の話で、全47話を観るのはなかなか辛かった・・・。週に一回で観る分にはそうでもないのかもしれないのですが、一気に何話かまとめて観るとね・・・。『ライジンオー』はその点、スポットをいろいろなキャラクターに変えることで、飽きさせない工夫をうまくやってたと思います。

それでも、作品のポイントになる話は、よくできていると思いました。リボルガーが出てくる話、ゴクアークを倒す話(一回目ね)、そして最終回、と。リボルガーが出てくる話は、二号機登場と力哉が敵になる話を一度に展開させ、ちょっとグッとくる感じで、結構印象に残っております。ゴクアークを倒す話は、ヤミノリウスが最高です。いやあ、かなり笑いましたよ。ゴクアークに助太刀しようとやったことが、結果すべてゴクアークを苦しめることになるという面白展開。ラスボスだと思っていた存在が、話半ばでやられるというのは、なかなか珍しいのではないでしょうか。最終回は、やはりヤミノリウスで決まり。ゴクアークたちの行動に疑問をもち、「私は、いい人などではない。だが、この地球を壊させはしない」と言い放ち、地球を守ろうとするなんて、カッコよすぎです。まさに名言。うるっときましたよ。

ヤミノリウスは、はじめは、なんだこいつと思ってましたが、最終的には、とても良いキャラクターでした。エルドランシリーズは、こういった敵キャラの扱いがうまいよね。あと、終盤に目立ってきた先生も良かったです。

それに比べ主人公三人は・・・。キャラが立っていなかったとかではなくて、なかなか感情移入しずらい。まぁ、小学四年生ということがあるのかもしれませんが。それでもねぇ。

この『ガンバルガー』、なかなか興味深い作品だったのかな。自分でもよく分からん・・・。しかし、エルドランシリーズは、なかなか魅力的な作品ばかりですね。早く、エルドランシリーズ三作目の『ゴウザウラー』を観たいです。是非とも、レンタルで解禁にならないかなぁ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013年01月17日(Thu)14:05 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。