五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『真マジンガー衝撃!Z編 on television』第3話「出撃!あしゅら軍団」感想

今日は、感想を書くのが遅れてしまった・・・。別に、なにか忙しかったわけでもなく、ダラダラと動画サイトやらを見ていたら、いつのまにか・・・。早め早めに感想を書いていかないとダメですね。さて、この『真マジンガー』、テレビ放送後にネット配信されているみたいですね。しかも、テレビとはちょっと違ったものになっているみたいですね。・・・全然、知らなかった・・・。前回の第2話の感想を書いた後に知りましたよ。第1話の感想なんて、ネット配信をみたら、もっと感想が変わったのかもしれないのに・・・。いまさら、仕方ないですね。当ブログでは、これからも、テレビ放送されているものを見て、感想を書いていくことにしますよ。では、第3話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

神にも悪魔にもなれるスーパーロボットマジンガーZ。マジンガーZとパイルダーオンした兜甲児は、圧倒的なパワーで機械獣を倒す。しかし、その様子を見ていたあしゅら男爵は、マジンガーを仇として襲撃する・・・、という話。

相変わらず、テンション高い。ただ、今回は、物語が全然進まなかったのがちょっと気になったなぁ。前半はパイルダーオンするまでの話だし、後半はあしゅら男爵とDrヘルが甲児や十蔵の前に現れて、新たな機械獣が現れたところまでだからなぁ。甲児は、今回、ずっとパイルダーに乗ったままでしたし。まぁ、戦闘回といえば、聞こえはいいのですけど、ロケットパンチだけで、これといった戦闘もなかったのも事実ですしね。

でも、作品のノリは本当に面白い。とくに、ナレーションは、前回に引き続き、すばらしい(笑)。「黒く、硬く、強い」だの、「その名は」を何回繰り返すんだよ(笑)、とかほんとに最高です。ナレーション以外にも、海の上を走って襲撃するあしゅら男爵だとか、どれだけいるんだよ(笑)なあしゅら軍団だとか、面白いシーンは目白押し。あしゅら軍団なんかは、あの目だけ見える仮面をしたのが、あれだけ大量にいると、ある意味、なんかキュートに思えてしまう(笑)。

さて、神にも悪魔にもなれるマジンガーZ、その姿はゼウスと関係があるのですね。ミケーネを裏切り人間を守ろうとした神ゼウス。宇宙戦争のなかで地球に降り立ったゼウスという神話は、ゼウスは宇宙人、という新たな形の神誕生の神話の印象でした。で、マジンガーZというのは、そのゼウスを模したものなのか、それともゼウスのなにかをその体に内包しているのか。どうなんでしょうかね。

あと、敵であるDrヘルやあしゅら男爵についても、少しずつ分かってきましたね。かれらは、甲児の祖父の十蔵と知り合いであることとか。あしゅら男爵については、ミケーネ人であるようだし。だからこそ、即座にマジンガーに反応した、と。それにしても、あしゅら男爵、人間サイズでマジンガーを襲撃するとは・・・。これでも十分に戦えてるし。Drヘルも、このままあしゅら男爵に攻撃させておいた方がよかったんじゃない?サイズの違いから、マジンガーも対処することが難しいだろうし。Drヘルは、もとは人間だったんだろうと思うんだけど、その彼がミケーネ人であるあしゅら男爵を支配している、というのは、なんとも不思議な感じがしますね。「世界征服」、あまりに単刀直入なDrヘルの目的、直球すぎて何度聞いても笑えてしまう。

次回は、新たな形で再生した機械獣二体との対決の話ですかね。今回は、あまりマジンガーが動かなかったけれど、次回はカッコよく活躍してくれるかなぁ。次回も楽しみです。

TVアニメ「真マジンガー 衝撃!Z編 on television」TVアニメ「真マジンガー 衝撃!Z編 on television」
(2009/06/24)
TVサントラ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎真マジンガー衝撃!Z編第3話出撃!あしゅら軍団!

見逃してしまったのだが、他の人の書いてあるあらすじを読んでの感想を・・・『そして放たれる一撃。 必殺の力。 その名を!』「よっしゃあ、ぶちかませぇ!」『その名を! その名を! その名を! その名を! その名を!!!』「ロケット、パァァァァァアアンチ!!...

ぺろぺろキャンディー 2009年04月28日(Tue) 01:57


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。