五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『戦国BASARA』第三話「風来坊 前田慶次!」感想

今日はなぜか、何度もうちのパソコンがフリーズする。なんでだろ?そのため、感想書くのも一苦労。もうダメなのかなぁ、このPC。まぁ、使い方の問題ような気もしますけど。さて、『戦国BASARA』も第3話。さすがにこの作品のノリにも飽きてくることになるのか、否か。では、早速、第3話の感想、いってみましょう。

今回は、なかなか面白かったです。

酔狂を好む前田慶次。まつを困らせる普段の彼だったが、その裏で織田信長に対抗するための活動をしていた。それは、東国の武将を信長に対するために固めることだった。上杉を訪れたあと、伊達のもとに向かった彼が見たものは、ひたすら刀を振るう政宗の姿だった・・・、という話。

前回までの二回の話に比べて、だいぶ落ち着いた内容になりましたね。前半などは、とくに笑えるような場面もなかったですし。今回そう感じるのは、とくに、戦争のシーンが無かったことが最大の原因かな。まぁ、毎回あのノリを全開で楽しめ、っていうのも無理ですし、話を落ち着かせる意味でも、今回みたいな話もよかったとは思いますけどね。

今回登場のキャラクターは、前田慶次。史実的には、彼が活躍するには時代が早すぎるような気がしますけども。まぁ、バサラというタイトルがついている作品ですし、彼がでないことには話にならないのかな。そんな彼、物語的には最もいい立ち位置に。各国の武将たちを結束させるために暗躍する、という役周りのようですね。織田包囲網は、彼の活躍で成立するって運びになるのかなぁ。でも、慶次の紹介の話であった今回の前半は、そこまで面白くなかった。たぶん、彼が意外と常識人だからでしょう。政宗や幸村という、バカを見てしまっている身としては、笑いや物語を引っ張っていく勢いとしては数段劣る感じというか。ボケがいてこそ、彼の存在が輝く、・・・のか否か?

で、今回は、後半の幸村、そして政宗が登場してからが本番でしたね。相変わらず、幸村を殴りまくる信玄、・・・こいつら本当にバカだ(笑)。でも、この二人のやりとり、大好きなんです。信玄の顔が、幸村の言葉で、鬼のような形相をしたのも面白かったし(笑)。言っていることとしては、信玄のほうが、思いっきり正しいのですけどね。でも、ここまで殴らんでも・・・(笑)。いつものことですが。

一方、政宗は信長に会ってしまい、傷心ぎみ。そんなところに慶次が訪れてきたんですが、結局、決闘なのね。本気になった政宗、一本しか刀を持っていなかった彼のもとに、残りの刀が勝手に飛んできてるんですけど・・・(笑)。今回の話で、この場面が一番面白かった。この作品、やっぱり普通の対決では面白くないよね。超人じみたド派手なアクションがないと。そういえば、慶次は結局、政宗に敗れてしまったんだけど、彼はそこまで強くない、ってことなのかな。それとも、本気を隠している、ってことなのか。どうなんでしょう。

やる気を取り戻した政宗、彼はどこへ向かうのか。やっぱり、そのまま直進して、織田に対抗しようとするのかな。どうなるんでしょうね。さて、次回は、予告からみると、織田の浅井攻めの話になるのかな。浅井長政は、強い正義感をもっているが、融通の利かない不器用な人間として描かれるみたいですね。滅ぼされるのは目に見えていますが、どう展開していくのでしょう。次回も楽しみにしています。

戦国BASARA 其の壱 [DVD]戦国BASARA 其の壱 [DVD]
(2009/07/01)
中井和哉保志総一朗

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎戦国BASARA第三話風来坊!前田慶次!

今回は、前田慶事が上杉謙信や、伊達政宗のところへ行って同盟を結ぼうとする話だった。結局、同盟は成立して、織田と戦うことに?それはそうと、上杉謙信の首に巻かれてるネジネジはいったいなんなんだろうか?戦国BASARAのリンク「公式サイト」「Wikipedia」「関連商品...

ぺろぺろキャンディー 2009年04月25日(Sat) 23:01


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。