五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『夏のあらし!』第3話「守ってあげたい」感想

風邪ひいた状態で、仕事をすると、終わった後には、ヘロヘロになりますなぁ。仕事、結構、しんどかった・・・。でも、今日は、その足で、DVDを求めてヨドバシへ。一度に五枚、計3万円使ってやったぜ・・・。見る時間あるのか?そして、生活が苦しくなる原因は、ここにあるような・・・。買った後で、自問自答・・・。そんなことはさておき、『夏のあらし!』の感想ですね。今回は、第3話、早速いってみましょう。

今回は、なかなか面白かったです。

八坂とあらしの喫茶店・方舟での仕事の日々が始まる。仕事のあと、あらしをゲームセンターへ連れていく八坂。あらしとともにいることを楽しむ八坂であったが、あらしに八坂と二人なら過去へ飛べるという事実を突き付けられる。そして、あらしは再びともに過去に飛んで欲しい、と八坂にお願いするのだった・・・、という話。

前半は、コメディな展開、後半はちょっとシリアスな展開でしたね。後半の展開は、コメディが中心であろうこの作品で、こういうシリアスな感じの話もするんだ、とちょっとびっくりしましたよ。でも、個人的に今回良かったと思ったのは、前半の部分。話自体はそこまで面白いわけでもないのですけど、モブの見せ方が・・・(笑)。方舟の場面では、変な客が大量に増えてるし、ゲーセンの場面では、観衆が増えていってるし(笑)。しかも、変なポーズとってるし(笑)。なんか、『ぱにぽに』を思い出すような感じもして良かったです。

上に話はそこまで面白くないと書いたが、ゲーセンのクレーンゲームでの八坂とあらしのやりとりは面白かったなぁ。『ウルトラマン』での登場人物になりきったかのような二人のやりとり・・・(笑)。二人とも、人目も気にせず・・・(笑)。そういえば、あらし、意外とノリはいいのね。

さて、後半の二人が過去に飛ぶ話なんですが、話としてはありきたりかなぁ。未来にいるあらしが、悲劇が起こらないように過去に飛んで悲劇を回避するという。良い話のようでしたが、でも、どうなんだろう?このことは、歴史を変えてしまっている、ということでもあるわけだし。たった一人の子どもの命ですけど、大人になった彼を知っている世界というものに変わってしまうわけで。子どもとかも存在してしまうかもしれないし。こういう歴史の改変、というものはどうなっているのだろ。普通、こういう話の場合、どうあがいても過去の出来事は変えられない、って展開になるのですけどね。この作品では、あっさり歴史を変えてしまった・・・。とるに足らないことなのかもしれませんけど、つい気になってしまいましたよ。

今回、最後のやよゐと加奈子のやりとりで取り上げられた作品は、なんだったんだろう?知識のない自分には、全然わからなかった・・・。そういえば、今回、方舟でのBGMとして使われていた曲、いい感じでマッチしていたなぁ。もちろん聞いたことある曲だったんだけど、なに?っと聞かれると・・・。

次回は、どんな話になるのですかね。もっと方舟のキャラクターが増えて欲しい、なんて思ったりもしますけどね。とにかく、次回も、楽しみにしています。

夏のあらし! 1 (1) (ガンガンWINGコミックス)夏のあらし! 1 (1) (ガンガンWINGコミックス)
(2007/02/27)
小林 尽

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎夏のあらし!第3話「守ってあげたい」

なんか、変な怪獣アニメはじまったと思ったらはじめちゃんの妄想だった。というか、読書感想文だった。そして、今回の内容は、ゲーセンでクレーンゲームをするという話だった。そして、ゲーセンの帰りにまた過去へジャンプ。夏のあらし!のリンク「公式サイト」「Wikipedia...

ぺろぺろキャンディー 2009年04月29日(Wed) 02:56


☆夏のあらし! 第3話 「守ってあげたい」

今回の内容は、 ゲーセンでクレーンゲームをするという話だった。

F-Shock DL Blog 2011年02月25日(Fri) 00:22


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。