五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『黒神 The Animation』Episode15「修羅」感想

今日は、暑いですねぇ。世間一般では、ゴールデンウィークだし、こんな天気が望ましいのかもしれません。ですが、自分、今日は仕事・・・。まぁ、明日から休みなので、休みを満喫したいものです。二日間しか休みありませんが・・・。さて、『黒神』の感想です。今回は、第15話ですね。では、早速、感想、いってみましょう。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

茜と雪、同じ顔を持つ二人が対面するなか、そこに現れたのは、蔵木だった。サブである雪を殺そうとする蔵木、しかしマスタールートであるはずの茜は、彼女を庇う。一方、茜を探していた慶太とクロは、同じ獅子神一族の森羅と対面する。蔵木についた森羅、彼は契約者の力も相まって、クロを圧倒する。クロは、苦戦のなかで、慶太を思う気持ちから、無意識から慶太とシンクロできなくなってしまう・・・、という話。

怒涛のような展開、そして戦闘シーンも豊富で、面白くないわけがない。・・・はずなんですが、どうもいまいちな感じが・・・。理由としては、その展開になんか納得できない感じがあるからだと思います。茜と雪のもとに、蔵木が現れたのもいいんです。慶太とクロが、森羅のもとに行ってしまうのもいいんです。でも、茜を狙った雪も、雪を狙った蔵木も全然引き金を引かない、とか、クロと慶太も森羅と戦うことよりも、茜を探そうとしない、ということが、気になって・・・。

まず、茜と雪、そして蔵木のシーンでは、銃を撃ったが外してしまう、という場面があってもよかったんじゃないか、と。なんかひたすら銃を構えたままで、時間が経ち、話が展開していくのが、どうにも面白くなかった。なんか、こう着状態のまま、話が進んでいくのがね。雪が茜の思いを聞いて、茜を狙えなくなって外してしまう、という展開のほうが緊張感ででて良かったと思う。そして、蔵木が雪を狙う場面でも、茜が銃を撃とうとする蔵木に対して、蔵木にぶつかるとか、雪を動かしながら守ることで弾が外れる、という展開にしたほうが、動きがでて良かったんじゃないか、と思いましたね。

あと、蔵木は、雪がマスタールートである茜と出会ってしまったから死ななければならない、という理由で、雪を自分の手で殺そうとしていましたが、どうなんだ?この世界の摂理として、自然に死ぬことになるのは分かるが、自分の手で殺そうとするのは・・・。なんか納得できない感じがしました。蔵木は、早急なるドッペルライナーシステムの推進者として、雪が茜と出会ってしまった以上は、殺さなければならない、ということだったんですかね。つまりは、マスタールートである茜を彼の手で殺す、ということは、彼の理念に反することになるので、絶対にできないことだった、ということなのかな。そう考えると、頭の中では納得できるんですが・・・。

一方、森羅のもとにたどり着いた慶太とクロ。たどり着くのはいいんですが、なぜ戦う選択をしたのですかね?彼らの目的は、茜の救出なんでしょ?「こんなやつにかまっている暇はない」と、茜救出に向かおうとするのが普通だと思うけど・・・。森羅に出会ってしまった以上は、彼から逃げることはできなかったとか、倒れている揶雲を見捨てることができなかったとか、理由は考えられます。ですが、それならそれで、しっかりその理由を説明してくれないと・・・。なんか、なし崩し的に森羅と戦うことを選択したような感じで、どうも腑に落ちませんでした。

子ども部屋にいた森羅。なんでこんなおっさんが、こんな部屋にいるのかと思ったら、その契約者が子どもだったのね。子どもながらマスタールートになった彼女は、それだけに強力なテラをもっているらしいですね。なるほど。しかも、彼女、昔慶太と親しくしていたまゆのマスタールートなのね。こんなところで、一話で死んだ子との関係が出てくるなんて。これは、ちょっと意外で面白かったです。

さて、慶太を気遣うあまり、シンクロできなくなってしまうクロ。今までの話から、クロの気持ちもわかりますよ。で、慶太のほうは、一向にテラが尽きてしまうような感じはありませんが、どういう理由なんでしょう?以前なら、イクシードを撃ったあとになると、途端によろよろになるような感じだったけど・・・。慶太自身もなにかが変わったのかな?そして、慶太が天井ぶち抜いたら、茜さんが降ってきました・・・(笑)。見事なまでのご都合主義・・・(笑)。まぁ、いいんですけどね。それにしても、あんなところから落ちて、茜さんも雪もよく無事だったなぁ・・・。てっきり、あれで雪が死ぬのかと思ったんだけども。

脱出した茜と雪は、脱出につかったヘリが墜落。一方の慶太の前には、慶太と同じ顔を持つ男の登場で今回の話は、終わりでした。茜と雪、二人ともどうなってしまうんでしょう。まさか、二人とも死ぬなんてことはないと思いますが。残った者、彼女が誰のもとに身を寄せるのか、それが気になります。また、慶太ですけど、あれがかれのマスタールートなのかな?とすると、慶太が死ぬ運命になった、ということなんですが、どう話がすすんでいくんでしょうね。次回は、とても楽しみです。

黒神 The Animation  第一巻 限定版 (初回生産限定) [Blu-ray]黒神 The Animation 第一巻 限定版 (初回生産限定) [Blu-ray]
(2009/05/26)
下屋則子浪川大輔

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。