五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『真マジンガー衝撃!Z編 on television』第7話「伝説!バードス島の機械獣!」感想

びっくりした・・・。火事おこすところでした・・・。『真マジンガー』を見て、なにか食べながら感想を書こうかなぁ、と思って、フライパンに火をつけたのです。が、フライパンから引火。換気扇のフィルター部分に火が燃え広がるし・・・。そこで食い止められたのでよかったのですが、心臓が止まるかと思ったよ・・・。火って怖いですねぇ。改めて思いました。さて、『真マジンガー』の感想を書かないと。あれ、この衝撃的な出来事で、アニメの内容、忘れてる・・・。それでも、なんとか思いだして書きますよ。今回は、第7話ですね。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

暗黒寺に取り調べを受ける甲児。そして、街中を覆い尽くすかのような警察の姿。シローにも警察の魔の手が迫る。死体が転がっていても気にも留めない警察の姿に、シローは恐怖する。本当の暗黒寺がくろがね屋で寝ていることで、あきらかになる真実。今、この熱海の警察の正体は、あしゅら男爵とあしゅら軍団だったのだ。そんなあしゅら男爵に立ちはだかったのは、錦織つばさだった・・・、という話。

マジンガーZが全く活躍しなかった・・・。ロボット自体、全然描かれなかったし。それがなんか物足りなさを感じる回でした。やっぱりこの作品は、マジンガーZが活躍してなんぼの作品だなぁ、と思ったり・・・。でも、警察の正体の話は面白かったですよ。前回から、警察がなんかおかしいなぁ、とは感じていたんですが、まさかあしゅら男爵が暗躍していたとは・・・。こんな展開になるなんて、思ってもいませんでしたし。暗黒寺も前回から悪役のように描かれていたけど、偽物だってわかって安心しました。

ほんと、警察が偽物であるという描き方はうまかったと思いますね。前回で、警察に対する違和感を入れながらも、そういうものなんだと思わせるように話を進めて、今回で違和感をさらに拡大、そして真相が明らかになる、って作りで。シロ―が警察の死体を目撃して、その死体に他の警察が気にも留めないところで、あれ、どうなっているんだ?って本当に思ったし。で、あしゅら男爵の仕業、とわかって、あぁ、なるほど、と。パイルダーの在り処について必要以上に気にする警察についても、その正体を知って合点がいった感じでした。

そして、Drヘルによって明らかにされる、錦織つばさの過去。もともとDrヘルの助手だったのね。前回、つばさがミケーネとなにか繋がっているのでは、と考えていた自分は、相当の見当違い。で、そのつばさがDrヘルを裏切った、というか、見限ったために今の立場にある、と。でも、彼女があしゅら男爵を生みだした、ということのようですが、どういうことなんだろ?バードス島での遺跡が発見される前に、あしゅら男爵はうみだされていたのか?バードス島での出来事の後に、一度つばさは、Drヘルのもとに戻ったのか?あと、あのつばさの超人的な能力はなんなんだろ?あしゅら男爵は彼女が生みだしたから、その弱点を知っていても、触れただけで感電するようなことはないと思うんだけどなぁ。Drヘルについてもそうだけど、つばさはただの人間ではないのかな?その点は、とても気になります。

でも、こうしたつばさの過去を知ると、十蔵がつばさと親しくしていたこと、そしてマジンガーの謎についてつばさに語っていたことにも合点がいきますね。Drヘルが一人暴走していったさまが、よくわかるし。まっとうな人間だったときのDrヘル、このころからしっかり悪人面だったんだなぁ。今の敵が、人間として普通に生きていたときの様子、なんか不思議な感じがしました。

さて、次回は、タイトルをみると、あしゅら男爵誕生の秘密についての話のようですね。今回の最後で、機械獣も出てきたし、その機械獣とマジンガーZとの戦闘をやりながら、あしゅら男爵の秘密も明らかになっていく話になるのかな。戦闘シーンもしっかりありそうでよかったです。ところで、パイルダーはどこに隠れているんだろ。やっぱりつばさが隠しているのかな。次回は、面白くなりそうです。楽しみにしてますよ。

真マジンガー 衝撃!Z編 1 [DVD]真マジンガー 衝撃!Z編 1 [DVD]
(2009/08/25)
赤羽根健治本多陽子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎真マジンガー衝撃!Z編第7話伝説!バードス島の機械獣!

パイルダーがどこにあるか、刑事が聞くがそれは甲児にもわからない。ボスは、ムチャとモケを引き連れてマジンガーの前で甲児がくるのを待つ。刑事はアシュラ男爵の変装だった。町は鉄仮面に占領されてしまってた。そこに、くろがねや女将たちが助けにかけつける。そこで、...

ぺろぺろキャンディー 2009年06月04日(Thu) 20:18


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。