五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『戦国BASARA』第七話「略奪の梟雄!双竜月下の真剣勝負」感想

立て続けに感想書いております。TV見て、PCに向かいの繰り返し。さすがに、一気に三本はキツイです・・・。だんだん、頭がぼーっとしてくるし。当初の計画では、『真マジンガー』とこの『戦国BASARA』の感想は、午前中に書いてしまうはずだったんだけどなぁ。怠け癖の強い自分には、そううまくはいかないようです・・・。なんにせよ、今日の感想は、この作品でおしまい。頭が混乱気味でも、頑張って書きますよ。では、早速、第7話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

伊達の見張りの兵のところで起こった爆発。それは、兵たちと引き換えに伊達と武田の家宝を狙う松永久秀の策略だった。主君の政宗が手負いのために、一人久秀のもとへ向かおうとする片倉小十郎。しかし、政宗は傷も癒えぬ状態で、自らも久秀のもとに向かおうとする。政宗の前に立ちはだかる片倉。そして、政宗と片倉、主従の一対一の勝負が始まる・・・、という話。

大迫力の戦争の話でなくても十分に面白い。前回の話が大迫力の話だったために、今回は箸休めの回になるのかなぁ、と思っていたんですが、違いました。前回とは違い、コメディタッチのシーンも多かったんですが、それもいい感じで作用していたし。

今回の主役は、片倉小十郎ですね。強烈なキャラクターの政宗の影に隠れて、いまいち影が薄い印象がありましたが、今回の話で注目度アップ。生真面目で有能、だがそれゆえに、この作品で地味な印象しかなかった彼ですが、そんな彼にもしっかりスポットを当てる話の作り方はうまかったと思いますね。これまで片倉は、戦闘での強さは全然表現されていませんでしたけど、手負いとはいえ、あっさり政宗を退けるとは十分に強かったのですね。そして、政宗を行かせるわけにはいかないという理由を、体で思い知らさせるかのような傷の部分への攻撃。そこに彼の有能さを見た気がしましたよ。結局、破天荒な政宗を支えられるのは、彼だけなんだなぁ、とも思いましたしね。

そんな片倉のカッコよさとともに描かれる、相変わらずの大真面目にバカをやるというこの作品のノリ。以下、思いだすままに書いていきましょう。謙信とのラブストーリーを妄想するかすがは・・・(笑)。相変わらずなんですが、いままでより妄想豊かになってない(笑)。見張りの兵のもとに投げ込まれた爆弾。一瞬、不発弾?みたいになるところが(笑)。タイムボカンシリーズみたいなノリですなぁ(笑)。片倉と政宗の一連のやりとりを見ていた信玄。屋根の上かよ・・・(笑)。御屋形様なのに・・・。しかも腕組んで立ってるし(笑)。そして、お約束の信玄と幸村のやりとり。仁王のような信玄、しかも目が光ってる(笑)。目の光の残光が・・・(笑)。そして、床突き破るし・・・(笑)。この武田屋敷、屋形の修繕が結構大変そうだなぁ。で、結局は、信玄と幸村の叫び合い・・・(笑)。二人の格好が・・・(笑)。

今回の話、片倉が無理をする政宗を止める話だったんですが、その方法が結局戦いで、というところが、この作品らしさを感じられてよかったです。主従でありながらも、真剣に刀を向け合って戦う、常識では考えられないような気もしますが、でもそれが、この作品のらしさだなぁ、と思ったり。物語のキーとなる部分は、一貫して戦いによって展開いく、そのぶれなさがこの作品の魅力なんだなぁ、と思いましたし。そして、そんな戦いでしか前に進めない登場人物たちの不器用さが、とてもカッコよく感じます。ぜひ、このノリで最終回まで突っ走ってほしいなぁ、と思いましたよ。

さて、次回は片倉が兵たちを助けるために奮闘する話ですかね。久秀と三好三人衆がでてきましたが、どういう展開になるんでしょう?そういえば、彼らが出てきたということは、話の舞台は京なの?距離感を全然感じさせないような感じもしますが・・・。まぁ、そういうことは気にせずに、久秀の策略にどう片倉が立ち向かっていくのかを期待したいですね。次回も、楽しみにしてますよ。

戦国BASARA 其の壱 [DVD]戦国BASARA 其の壱 [DVD]
(2009/07/01)
中井和哉保志総一朗

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦国BASARA 第7話「略奪の梟雄! 双竜月下の真剣勝負」

博士「久々に素晴しい物がwww」助手「どうせエロ関連だろwww」...

電撃JAP 2009年05月18日(Mon) 00:18


(アニメ感想) 戦国BASARA 第7話 「略奪の梟雄!双竜月下の真剣勝負」

戦国BASARA 其の壱 [DVD]クチコミを見る 甲斐の国へ身を寄せた伊達軍。鉄砲傷を負い臥せった政宗の姿に、小十郎は忸怩たる思いを募らせていた。そんな折、三人の部下が謎の爆弾兵によって攫われたとの報が届く。その身柄と引き換えに政宗の六(りゅう)の刀、武田の家

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2009年05月19日(Tue) 14:32


◎戦国BASARA第七話略奪の梟雄!双竜月下の真剣勝負

伊達政宗の部下が、松永久秀に誘拐されて、返して欲しくば、伊達の刀と、武田の鎧をもってこいという話だった。戦国BASARAのリンク「公式サイト」「Wikipedia」「関連商品」戦国BASARAのトラックバック率(79%)「http://animation.blogmura.com/rpc/trackback/92659/qdy7n6...

ぺろぺろキャンディー 2009年06月04日(Thu) 20:54


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。