五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『俗・さよなら絶望先生』第二集 感想

よし、これで『俗』第三集発売までに、感想を書き終えることができます。

この『俗』第二集でも、演出方面を中心にいろいろな試みをしております。自分は、原作の良さを損なわないのなら、いろいろやってくれたほうが楽しめる人間です。ただ、原作通りに作るのではなくてね。原作を知っているので、ただ原作通りでつくられると、どうしても原作と比較するだけになってしまうんですよ。まぁ、この第二集も、かなり新房監督の色が入っていて、なかなか楽しめたんですが。

この第二集では、第四話から第六話までが収録されています。それでは、各パートごとに感想を。

第四話
この第四話は、AパートとCパートが対になっている話。

Aパート…本筋以外が気になる話。ほとんどオリジナル。本筋以外が気になるということで、作画は違うし、パロディだらけのお話に。ある意味、SHAFTらしい話になっている。これ単体では、それほど楽しめないが、Cパートと合わせれば、なかなかいい具合になっていると思います。

Bパート…久藤准の話。原作でもそんなに楽しめなかった話で、アニメになっても・・・。なんとも微妙な感じ。箸休めとしてはいいのかもしれませんが。

Cパート…Aパートの本筋以外の話。くだらない話だが、セリフ回しが結構面白いです。真鍋かをりとチョココロネのことは、なんか笑ってしまう。

第五話

Aパート…理系・文系・体育会系の話。このどうしようもない分野分け、なんか好きです。いろいろなことを三分野に分けた、後ろの表が好きだったりします。でもアニメでは、ほとんど見えない・・・。あと三分野それぞれのオチは、絵で見せて欲しかったなぁ。

Bパート…残り物の話。これはアニメでいまいちな感じがしたなぁ。原作でも、それほど印象に残っている話ではないのですが。やっぱり、プルサーマルはやって欲しかった。DVDだけでも、やってくれたら良かったのに・・・。

Cパート…恩着せの話。原作でも傑作の話で、アニメでも、とても気合い入って、いい感じになっていると思います。地上デジタルとかのところ、声付きにできなかったのが悔やまれる。それでも、藤吉のツンデレの解釈や、久藤と木野の最後の会話とか、アニメならではの良さもでていると思います。

第六話

Aパート…非通知の話。原作通りで。嫌いではないのですが、まぁこんなもんかな。団地のおばちゃんのセメントの成分、漫画では笑えたけど、アニメでは・・・。ちなみに、宇宙の真理には、コリン星があります(笑)。

Bパート…夢オチの話。この話は、動きがつくことで原作よりも格段にパワーアップしたなぁ。夢のなかの臼井とカフカは笑えます。臼井の「オチをぉぉぉおおお」って言うところは、何度見ても笑える。演出もすごく凝っていていい回です。

Cパート…親知らずの話。原作はぜんぜん面白くなかった話でしたが、声優さんをいろいろ代えることで、とんでもないことに。原作でCVが付いていたのが、本ネタですが、ここまでのことをするとは・・・。普通に観ていると話の内容わかりません。まぁたいした話ではありませんが。あと、どうしても野中藍さんが、他のキャラを当てているのを聞くと笑えてしまう。この回は、よかったのかな?・・・良かったんでしょう。

この第二集は、まんべんなく面白い話が入っているなぁ。原作からして良かったものもあれば、アニメになって良かった話もありました。そして、けっこうハズレが少ない。

あと、OPについては、やはり一期で担当していた尾石さんのほうがうまいなぁと感じました。龍輪さんも、悪くはないけど、なんかぎこちなさを感じるというか・・・。EDは、なかなか面白いですけどね。


しかし、さすがに一日に三本もアニメ感想の記事を書くと疲れる・・・。今日一日、アニメ観て感想、アニメ観て感想、アニメ観て感想の繰り返しで終わるからなぁ。一日に何本も感想を書いている人をみると、尊敬してしまう。一日一本ずつでも記事が書いていければいいのですが・・・。

でも、なんとか今日書く予定だった感想を書き終えることはできました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。