五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『黒神 The Animation』Episode18「異変」感想

昨日感想を書き損ねた『黒神』の感想です。まぁ、昨日の段階で感想を書く気はさらさらありませんでしたが。仕事が忙しいのは変わらないし、今日が休みなのはわかっていたからね。さぁ早く感想をかいてしまいますか。今回は、第18話です。では、いってみましょう。

今回は、なかなか面白かったです。

深い森に入った慶太とクロは、姿を見せない元神霊に襲われる。プニプニの活躍で、その元神霊と契約者の居場所を突き止めるクロだったが、結局捕えられてしまう。だが、クロが窮地に陥ったとき、クロは謎の力を発揮する。一方、黎真を倒すため契約した水華魅とエクセルは、その宿敵黎真と対決する。優勢に黎真を追い詰める二人だったが、最後に黎真の攻撃に敗れてしまう。新たな黎真、彼は契約していたのだった・・・、という話。

クロたちの話と、エクセルたちの話、二つの話を魅せる作りで、見ごたえのありました。戦闘シーンも多かったしね。二つの話とも重要な場面は、見せてくれませんでしたけど。まぁ、それは、これからのお楽しみってことでもあるし、いいのかな。でも、この作品、キャラクターの使い捨て感がすごいなぁ。いまさらですけど。クロたちと戦った元神霊もそうだけど、エクセルと水華魅も・・・。二人は、前回再登場したばかりなのに・・・。なんか勿体ない感じがするなぁ。水華魅が死んだという描写がないので、また出てくるかもしれませんが。

では、クロたちの話から。今回は、元神霊トーナメント第二ラウンドですかね。今回は、じいさんな元神霊でした。この元神霊、特殊な攻撃ばかりだったけど、生身でも戦いは得意ではないのかなぁ。あそこに住みついて、前から元神霊などを襲ってきたみたいだが、いつからだったんだろう。にしても、あっという間の退場、御苦労さまです。で、クロの謎の力はなんなのでしょうね。なんかクロのなかに、もう一人の人格がある感じでしたが。戦いが終わったあとのクロも、記憶がすっかり飛んでいるようでもあったし。それにしても、慶太に何があったのか分からせないようにするうまい作りでしたよ。クロは、あの場で慶太に対してなにがあったのか取り繕っていましたが、自分自身について疑問を抱かなかったのかなぁ。すぐにエクセルももとに行ったので、クロがどういう思いを抱いているのか、全然分からなかった。クロが、あの力について、自覚があるのかとかね。

一方のエクセルたちの話。エクセルは、復讐のために水華魅を雇ったようだが、水華魅にとっては、黎真はどんな存在なんだ?以前の登場のときには、そういうことは全然記憶にないからなぁ。水華魅にとっても、黎真が因縁めいた対象と印象付けられていればよかったのでは、と。そんなエクセルと水華魅が黎真と戦う場面、水華魅がおとりになっているばかりで、戦っているのはほとんどエクセルじゃん。と思っていたら、トドメは水華魅の役目だったのね。エクセルの攻撃だけでは、黎真を倒せないことを計算に入れている作戦はうまい。でも、結局やられてしまったけどね。彼女たち、黎真と戦う前に、一度他の敵と戦ってほしかったなぁ。それがなんか残念でした。

さて、黎真は契約していました。で、その契約者が茜。黎真の契約者と聞いたときに、まぁ、彼女しかいないだろとは思っていましたけど。クロたちの因縁という意味でも。契約に至る過程としては、海に落ちて死にそうになった茜を黎真が助けたのかな。どういうことがあったんだろう。茜の意思で契約したのではないのだろうし。さて、次回は、そんな黎真とクロの対決になるのかな。クロが勝てそうにはありませんけど・・・。どういう展開になるのか、次回も、楽しみにしていますよ。

黒神 The Animation  第一巻 限定版 (初回生産限定) [Blu-ray]黒神 The Animation 第一巻 限定版 (初回生産限定) [Blu-ray]
(2009/05/26)
下屋則子浪川大輔

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。