五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『夏のあらし!』第8話「勝手にしやがれ」感想

『夏のあらし!』、ずいぶんと久しぶりに見た感じがするなぁ。ということで、『夏のあらし!』の感想、今回は先週書けなかった分のものです。今日は、この後、今週の分も書いてしまおうと目論んでいましたが、ダメだ、酒の誘惑に負けそう・・・。つまみっぽいものも買いこんでしまったし。とりあえず、今週分がどうなるかは、先週分を書いてからですね。では、第8話の感想を書いていきましょう。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

実は女であることを他の方舟の連中に隠す潤。そんな潤だったが、八坂と買い出しに行ったときに、神社の階段を二人で転げ落ち、人格が入れ替わってしまう。八坂と潤の二人は、人格が入れ替わったことを秘密にしながら、元に戻る方法を探るのだが・・・、という話。

なんともベタな展開だなぁ、階段を転げ落ちて、人格が入れ替わるって。この場面になったとき、なぜか失笑してしまったよ。まさかね、と思ったら、案の定って感じだったし。で、これって元ネタ、なんだったっけ?ベタだと思いながらも、そういうことに疎い自分・・・。そんな展開でしたが、この作品では、潤が女であることを八坂に隠しているという要素が見どころでした。八坂は潤の秘密を知ってしまうのかなぁ、とちょっとドキドキしながら見ていたんですが、八坂、鈍感すぎるだろ・・・。さすがにトイレの場面はねぇ・・・。八坂、潤が男である、という前提は絶対に曲げない。固定観念が強すぎるというかなんというか・・・。それで、なんでも好意的(?)に解釈していくしなぁ(笑)。そんな八坂の性格のおかげで、潤の秘密は無事守られたわけでした(笑)。めでたし、めでたし・・・?

人格が入れ替わった潤と八坂、二人で元に戻るための解決策を探るわけですが、意外と積極的に元に戻ることを試みようとしないのね。もう一回神社の階段で二人で落ちてみるとか、過去に飛ぶことを試みるとか。で、二人の解決方法はいずれも、いわゆる成り行きにまかせる、といったたぐいのものという・・・。いつも消極的な潤が、秘密を守るために珍しく積極的な解決策を試そうとするものだと思っていたんだけどなぁ。とくに、過去に飛ぶことも試してみればよかったのに。カヤとあらしの二人と、どういう形でパートナーの関係になるのかも気になるし。あと、あわよくば、カヤとあらしにも誤解は解けるんじゃない?そんなことを思いましたよ。

そういえば、今回の話、潤と八坂二人の場面を多く作ることで、八坂の男らしさみたいなものが強調されていました。だからといって、八坂が魅力的に映ったわけでもないですけど・・・。どうしても、八坂のウザったさや、能天気っぷりの印象のほうが先に目につくからなぁ。で、逆に潤の弱々しさのほうが気になったというか。潤は、本当は女だから当然だ、という感じもするんですけど、それにしてもねぇ・・・。個人的に、潤の株急落。で、結局、今回の話、投げっぱなしな感じで終了。さすがに次回もこの話を引っ張らないでしょ?そういえば、潤の秘密を主題にした話は結構引っ張るなぁ。何話ぐらいやったっけ?まぁ、八坂が中心となる話よりも、見やすいし楽しめるから、いいんだけど・・・。

今回のやよゐと加奈子のシーンは、またしても二回ありましたね。『Drスランプ』と『キン肉マン』でいいのかな?『Drスランプ』のほうはすぐに分かったんだけど、『キン肉マン』のほうは・・・。なんか牛丼の部分を強調したものだったような・・・。見直せば、「あぁ」と納得できるのかなぁ?

さて、次回は、どんな話になるのでしょうね。まさか、今回の話の続き?それは嫌だなぁ。まぁ、どんな話になるのか、次回は、楽しみにしてますよ。

夏のあらし!VOL.1【初回限定版】 [DVD]夏のあらし!VOL.1【初回限定版】 [DVD]
(2009/06/24)
八坂 一:三瓶由布子カヤ:名塚佳織

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。