五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『黒神 The Animation』Episode19「千尋」感想

今日は、忙しい月曜のはずなんですが、予想外に早い時間に帰ってこれました。仕事が減っているのか?まぁ、いいや。ということで、『黒神』の感想です。この『黒神』も、先週感想を書いていないので、まずはその第19話から。そして、今週分も書くつもりでいます。ちなみに、こちらでは放送自体が遅れているので、これが先週分です。では、感想、いきましょう。

今回は、なかなか面白かったです。

黎真の契約者は、茜だった。彼と契約した茜に疑問を抱きながらも、慶太とクロは、黎真と戦う。クロは、一度は黎真を追い詰めるも、茜の強大なテラをまとった黎真に形勢逆転されてしまう。そしてついに、クロは黎真のイクシードを受けて倒れてしまう、という話。

クロと黎真の対決の話。一話まるまる使った戦闘回でした。話自体をそれほど気にしなくてよかったので、自分としては楽しめたのかな、と。ただ、黎真とクロ、互いに追い詰められては回復、追い詰められては回復、という繰り返しの感じがしたのがちょっと気になった気もしましたが。たとえば、片手をダメージ受けたら、その手は使えないまま、片目をダメージ受けたらその目は閉じたまま、という感じで戦ってくれたら、もっと死力を尽くしてという感じに見えたのではないかと思いましたね。

黎真の契約者は、茜だったわけですが、なんか今までと性格変わっているような・・・。まぁ、最後に本人であるような雰囲気を見せましたけど。なにか強い決意で茜は黎真の契約者になったようだけど、やっぱり慶太やクロが傷つく姿を見たら、気持ちの揺らぎみたいなものは出てくるものでしょう。そのあたりをもう少し表現してほしかったなぁ。たぶん視聴者にも、茜は黎真に操られているのでは、と思わせるためそうしたんでしょうけど、最後の黎真のイクシードを食らったクロの場面なんかでは、茜がどんな表情をしているかはみせてがほしかったですね。

で、黎真が今まで行動してきたことも、かれが真神の力を求めるために行っていたということなのかな。すべては結局、黎真の思惑どおり、と。で、その力で、どうするのかはまだわかりませんがね。茜も、黎真に賛同していることからみて、たぶん悪いことをしようとしているのではない感じはしますけど。

さて、黎真のイクシードで、クロが死にました。そして、深く契約している慶太も死にました。・・・って、慶太、死ぬの二回目・・・。主役二人が死んだわけですが、どうせ生きてるんでしょ?そう思ってしまうところが、この作品の悪いところ。いままでの話で、そんな場面がなければなぁ・・・。そもそもこの作品、戦いの場面が基本一対一(正確には、二体二)で、どちらかが死ぬまで戦う、みたいになっているのが問題だと思うのですよ。撤退せざるをえないみたいな状況を作ろうとしないのが問題というか。それで、キャラクターは使い捨てのようなことになるし、主人公が何度も死ぬようなことにもなる。ほんと、もう少し戦いの幅を広げて欲しいものです。

さて、次回はどんな話になるんですかね。なんか、黎真が真神の力に触れるような場面が見えましたが。黎真と茜が中心となる話なのかな。そろそろ、黎真の目的、そして茜が彼についていくことを決めた過程も見せて欲しいですね。次回も、一応、楽しみにしてますよ。

黒神 The Animation 第二巻 限定版 [Blu-ray]黒神 The Animation 第二巻 限定版 [Blu-ray]
(2009/06/26)
下屋則子浪川大輔

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。