五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『黒神 The Animation』Episode20「覚醒」感想

一気にいきますよ、『黒神』の感想。この20話が、こちらでの最新話になるので、これを書けばこの作品は放送に追いついたことになります。そして、あと宿題として残っているのは、『戦国BASARA』の感想一本だけ。明日休みだし、なんとかなりそうです。これで、先週・先々週に溜めた分も消化し、やっと通常の状態になれますよ。さぁ、『黒神』の感想、いきましょうかね。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

霊王石のもとへたどり着いた黎真。黎真はそこで、今までの出来事をふりかえる。獅子神一族に伝わる真神の呪いを解き放つこと、そのために真神を倒すこと、それが黎真の目的だった。そして、真神の呪いを受けた者こそ、クロだった。ついに、霊王石を破壊する黎真。そこから現れたのは、怨霊の大軍、そしてその奥から姿を現したのは真神だった、という話。

黎真のやろうとしてきたこと、そしてクロの秘密が明らかになった回でした。でも、同時に、う~ん?と首を傾げるようなことも・・・。それはさておき、クロと慶太、やっぱり生きていました。というか、黎真、わざと殺さなかったのかよ。まぁ、クロを殺してしまったら、今回の話で、黎真のやろうとしていることが本末転倒になるので、当然の行為という感じもしますけど。

黎真の過去なんですが、もう少し黎真の積極性という部分が欲しかったなぁ。母親を殺すまでは、ひたすら周囲に導かれて、という感じだったし。もっと、黎真が「根本的な解決をしたい」という思いを抱いて、それを母親が身を犠牲にして後押しするとかさぁ。どうも黎真自身の意思よりも、役目とか責任という部分が先に来ているのは、彼の強さを感じられず、なんか残念でした。

その獅子神の里で問題となっていたのは、一時的な状況の安定をはかるか、根本的な解決をはかるかの対立。そして、その中心にいたのが、クロ。その対立自体はもっともなことなんですけど、根本的な解決をはかる側が、そこまでしてクロを守る必要があったのか、と。クロを殺して、事態を安定化させた上で、根本的な解決をはかってもよかったのではないかとも思えるんですよ。また、根本的な解決をはかろうとしてきた黎真が、これまで多くの人々の命を犠牲にしてきたことも考えないと、って感じましたね。クロ一人の命で、一時的であれ事態が収まるのなら、安いとも考えられるんだし。彼の愛するものを守るって考えにしたって、自身の母親だって犠牲にしているんだしさぁ。なんか、黎真のクロを守って、真神を破壊するという考えが、腑に落ちなかった・・・。

あと、今までの黎真の言動から、彼がクロをどう思っていたのか、ということが分からないんだよね。序盤の話では、黎真はクロには無関心なように思えたしね。クロがここまで重要人物ならば、彼が一貫してクロについて気にかけているべきなんだけども。それと、獅子神の里でのクロと黎真の強い関係みたいのも、しっかりと見せるべきだったかなぁ、と。やっぱり、黎真のクロに対する思いは、しっかり描いてしかるべきなのではないか、という感じがしました。

茜と契約を結び、理解しあえるまでの流れ、結局、黎真の解説だけで終わってしまったけど、ここが見たかった。茜がどう黎真を理解していくのか、それがやはり重要でしょ。ドラマにもなるしさぁ。あっさり終わってしまったのはガックリ・・・。

怨霊がでてから現れた真神。人間の姿をしているのは、どういうことなんでしょう?神も人の形をする?ちょっと、違和感を覚えましたよ。もしかして、昔の獅子神一族のクロと同じ紋章をもつものなのかな?そのくらいの理由づけはほしいものですね。そういえば、やっと揶雲が活躍。遅すぎるよ・・・。もっと早い段階で、揶雲が大活躍する回があったら、役立たずって印象もなかったんだけど。ナムについては、・・・結構、こういうキャラ好きだったりします。まぁ、話の解説役みたいな、いい立ち位置のキャラですけど。

ということで、黎真の目的も見えてきた今回。でも、彼もそろそろお役御免な雰囲気が・・・。で、問題は、クロがどうなるかなのかな。真神に取り込まれそうなったクロを、慶太が救う、というラストが見える感じがしますけど・・・。どうなるかな?次回は、楽しみにしてますよ。

黒神 The Animation 第二巻 限定版 [Blu-ray]黒神 The Animation 第二巻 限定版 [Blu-ray]
(2009/06/26)
下屋則子浪川大輔

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。