五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『真マジンガー衝撃!Z編 on television』第11話「挟撃!機械獣大作戦!」感想

今日は、休みの日曜日。昼過ぎになって、ようやく活動を始めましたよ、自分・・・。毎度毎度、こんなんだから、日曜の感想が大変になる・・・。休みの日の午前中をもっと有意義に過ごしたい、という思いはいつもあるのですが、どうにもそういう生活はできないようです。困ったものだ・・・。それでもなんとか、感想を書いていきますよ。『真マジンガー』、今回は第11話ですね。では、感想です。

今回は、面白かった。

マジンガーで戦おうとパイルダーで飛び出した甲児だったが、あしゅら男爵に合体前のマジンガーを連れ去られてしまう。なんとかマジンガーとの合体に成功した甲児は、海中へ引きずりこまれ機械獣たちに苦戦するが、二体の機械獣の壊滅させる。だが、陸に上がった甲児を待っていたのは、東京や大阪で暴れていた機械獣だった・・・、という話。

前回の話では、マジンガーは全く活躍しませんでしたが、今回の話では、その鬱憤を晴らすかのようなマジンガー大暴れの回。やっぱり良いですねぇ、正義のロボットが次々と襲いかかってくる敵の魔の手をなぎ払っていく様は。それに、海中戦での主題歌BGM。ロボットアニメは、やっぱりこれですよ。主題歌を聞きながら、マジンガーが大暴れする様子を見て、熱くならないわけがない。戦闘演出も、ちゃんとケレン味溢れるものになっていたし、とてもよかったです。

しかしこのマジンガー大暴れ、前半から全開なんだよね。正直、こんなに前半で盛り上げてしまったら、後半息切れしそうだな、と思って見てました。盛り上がる場面でも、一本調子ならば、見ているこちらも飽きてくる感じもでてくるしね。でも、光子力研究所のシーンを挟んで、またしてもマジンガー暴れてる・・・。まぁ、主題歌も流した前半よりかは盛り上がりませんでしたけども。それでも、マジンガーが二体の機械獣を振りまわして倒すシーンは最高でした。光子力研究所でのやりとりを挟むことで、一度話を落ち着けたのが、後半のマジンガーの活躍を軽くならずに、よかったのかなぁ。

その光子力研究所でのやりとり。つばさが光子力研究所に出向いたのは、ガミアを調べるためだったようですね。で、殺人アンドロイドのガミア、彼女にもなにやら謎があるらしい。彼女を作ることができるのは、世界で二人と言っていたが、十蔵とあと一人はだれなんだ?つばさが、兜家でガミアを給仕として使っていたのでは、と疑ってシローを問い詰めていましたが。あと、三博士も登場。普段は可愛らしく、優しげな爺さんたちなのに、光子力研究所のロボットたちのふがいなさを見て、激怒する様は・・・(笑)。そういえば、三博士、ジェットスクランダーを開発したようですね。悩みの、発射台がないというのは・・・(笑)。暗黒寺の提案、なんか楽しみすぎる・・・。近々、ジェットスクランダーをつけたマジンガーZが活躍するのかな。

最後は、さやかが機械獣に捕まっていることで、甲児があしゅら男爵に従ってしまう、というところで終わりでした。次回は、捕まった甲児たちが、サルードで大暴れする話のようですね。ボスたち三人もそのためのパイルダー同乗ということなのでしょう。そういえば、ギャグ絵になってボスたちが倒れているなかで、甲児が大真面目に話しているシーンは、なんか笑えた。そんなボスたちも、次回はしっかり活躍してくれるのかな。さやかも、甲児としっかり絡むことになりそうだし。とにかく、次回も楽しみです。

真マジンガー 衝撃!Z編 1 [DVD]真マジンガー 衝撃!Z編 1 [DVD]
(2009/08/25)
赤羽根健治本多陽子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎真マジンガー衝撃!Z編第11話挟撃!機械獣大作戦!

マジンガーZだして、パイルダーオンしようとするとバルガスがロケットパンチで、マジンガーZを捕縛して、パイルダーオンを阻止する。パイルダーの中には、女将の命令で、ボスたちがのってた。そして、なんとかパイルダーオン成功。しかし、海底に引きずり込まれる。ルス...

ぺろぺろキャンディー 2009年06月28日(Sun) 14:41


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。