五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『戦国BASARA』第十二話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」感想

いつも日曜の夜に感想を書いている『戦国BASARA』、今日はこんな早くに書けるとは。これで、『鋼の錬金術師』が放送されるのを待ちながら、のんびりと日曜を満喫できる。さて、『戦国BASARA』の感想なんですが、この第12話で最終回なのね。てっきり、第13話まであるものとばかり・・・。まぁ、二期やらDVD特典やらで、いろいろと展開があるようだし、いいのかな。では、最終話の感想です。

今回は、面白かったです。

織田信長のいる安土城に攻め入った伊達政宗と真田幸村。だが、安土城は難攻不落でなかなか攻略できない。しかし、西国からの助けで、なんとか安土城に侵入した二人。二人が天守まで攻め入ったとき見たのは、妹のお市をも撃ち殺す信長の姿だった。今ここに、政宗・幸村と信長の最終決戦がはじまる・・・、という話。

安土城大爆発!!!もうとにかく、勢いで押しまくった最終回でした。それが、この作品らしい締めくくり方だし、自分もそれを望んでもいました。まさに期待通り、面白かったです。だが、ほんとそれしか書くことがない・・・。

まぁ、それでも長々と書いていきたいと思う自分がいるのですが・・・。まずは、今回の話での不満というか、疑問に思った点から。西国の毛利と長宗我部、それに前田慶次の参入のタイミングが微妙・・・、ということ。話的には、信長にとどめを刺す段になって、織田包囲網が完成するということなんでしょうけど、武将たち個人でいうと、勝ち馬にのったという感じにしかみえないという・・・。彼らの参入で、状況が一変するようなことがなかったのが残念でした。本多忠勝は非常に良いタイミングで、いい役割を果たしたのにね。かれらの相手として、濃姫や森蘭丸あたりは残しておいてもよかったんじゃない?

次に、政宗たちの軍勢が直接殺した織田の武将が信長だけ、ということ。雑兵たちはいっぱい殺しているんだろうけど・・・。光秀や濃姫も彼らの手で殺して欲しかったなぁ。悪を裁くというのは、見ていて気持ちのいいものだし。人殺しとはいえ、戦国時代が舞台ということで、それも許されるものだと思うしさぁ。あと、お市は最後までウザかった・・・。ほんと個人的な印象ですけどね。でも、最後くらいは、決心してくれてもよかったのに・・・。

ぐだぐだと気にいらなかった点を書きましたが、結局は、迫力ある演出と戦闘シーンに圧倒されて、面白かったというのが正直な感想。まさに、「こまけぇことは、どうでもいいだよ」という感じでもあります。一撃しか攻撃できない、と言っていた政宗が、二回攻撃していることとか、どうでもいいだよ。覇気で攻撃するかのような信長、笑える感じもしましたが、よかったですしね。あと、忠勝はカッコ良かった・・・。でも、信玄や謙信が命をつなぎ止めているのに、家康はちゃんと死んでいるのね・・・。


今回の感想は、こんなところ。さて、この『戦国BASARA』全体を通しての感想。

感想は、面白かった。

正直、放送される前は全く期待してなかったんですよ。ゲームをやったこともないし、戦国時代を扱ったアニメ作品が面白くなる印象がないし。なんか、戦国時代を扱ったアニメ作品って、史実に忠実にもできないし、ファンタジーにも徹しきれない、といった印象があるんです。だから、ただのゲーム販促のアニメ化でしょう、くらいの感じにしか思ってませんでした。

でも、この作品は、違いましたね。見てびっくり。戦国時代と戦国武将という駒だけ使って、好き勝手やっている。エンターテイメントに徹してる。ほんと、この清々しさが、とても良かったです。本来ならば違和感ありまくりのド派手な戦闘演出も、うまくマッチしていたしね。というか、この戦闘演出が、この作品というものを決定づけたという感じかな。爆笑しつつも、盛り上がるという、この素晴らしさ。

話自体も、大真面目におバカなことをやっているような話ですが、ちゃんと感動するような話に持っていったのはうまかった。それもこれも、展開に説得力を持たせるようなところをちゃんと書いていたおかげなのかな。あと、きっちり政宗と幸村が軸として話を展開していたのは良かったですね。まぁ、もう少し違う武将たちも描いてくれよ・・・、という気もしましたが。でも、1クールという尺、ということを考えると、こうするのが正解だったのでしょう。

プロダクションIGがこういう作品を作った、ということも意義があるような。自分の偏見なのかもしれませんが、IGは堅苦しい作品ばかりつくるという印象があるので。なんか、制作会社自体がふっきれたような印象もあるし。それでいて、IGだからこその細やかな描写というのが、この作品の魅力になっているし。おバカな作品を、しっかりとした細かな描写で描いてる、そのアンバランスさが、とても面白く、素敵でしたよ。ほんと、見ていてよかった作品でした。

さて、二期が決定したようですが、どんな話にするんだろう。信長は死んでしまったしなぁ。これ以上強力な敵は・・・。もしかして、秀吉・・・?どんな話になるのかも含めて、二期を楽しみにして待ちたいと思います。そういえば、DVDの特典映像、これ見てみたいんですが・・・。でも、DVDを買うのは、金が・・・。どうしようかなぁ・・・。

戦国BASARA 其の七 [DVD]戦国BASARA 其の七 [DVD]
(2010/01/06)
中井和哉保志総一朗

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 戦国BASARA 第12話 「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」

戦国BASARA 其の弐 [DVD]クチコミを見る 安土城を目指し、走り出す政宗と幸村。今最後の戦いが始まる・・・。 ↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2009年06月22日(Mon) 12:56


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。