五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第12話「一は全、全は一」感想

昼寝して放送時間に寝坊する・・・。今日も、でした・・・。昼寝から起きたのが、5時20分くらい。起きたときに、「あれ、あんでレコーダーが動いているんだ?」と疑問に思ったくらいの寝ボケっぷり・・・。ほんと録画していてよかったです。しかし、よく寝たなぁ。昼寝なのに、3時間くらいは、寝ていたことになるし。気持ちの良いものですが、夜眠れなくなるのではないのか、不安になったりしています。さて、録画したものでみた『鋼の錬金術師』。今回は、第12話ですね。では、感想、いきましょう。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

ダブリスに着いたエルリック兄弟は、師匠のイズミに再会する。イズミとの再会で二人は、父親との別れ、そしてイズミのもとでの訓練の日々を思い出す。「一は全、全は一」という課題をだされ、無人島で二人だけで生き抜くことになる訓練。そうした日々を思い出すなかで、エドはイズミの秘密を知ることになる・・・、という話。

回想シーンの多い回でした。まぁべつに、総集編でもなければ、回想シーンも新規のものなので、それ自体に不満はありません。ただ、父親が家を出て行ったときの回想と、イズミのもとでの訓練の回想、違う時のことを、一話のなかで見せられるのは、ちょっときつかった。あと、エルリック兄弟に起こった過去を時系列的にみると、父の家出→母の死→イズミのもとでの訓練→禁忌を犯す、ってことでいいんだよね?今回のイズミのもとでの訓練がどこに入るのかということが、ちょっと分かりにくかったもので。そういえば、今のエルリック兄弟って、何をするために師匠であるイズミのもとに行ったんだったっけ?さらに強くなるために、ってことだと思っていたんだけど、今回の話では、全然訓練している様子はなかったなぁ。彼らのイズミを訪れた目的は、しっかり語って欲しかったなぁ。

今回の話のテーマは、「生きる」ってことについてかな。前々回は「死」についての話で、前回は「生」についての話、今回は「生きる」ってことについての話。なんか、生命の根源的なことについての話が続くなぁ。今回の話でも、「一は全、全は一」という言葉で、真っ当なことを言っていましたが、なんか仏教的な概念が色濃く出ているような感じがしましたね。別に悪いことでもないんだけど。人間個々人も自然の一部、って言われても、だから何?って感じもしないでもない・・・。まぁ、そのことをエルリック兄弟が実感する、ということが主題の話ですから、いいのでしょうけどね。しかし、こう連続して説教臭い感じの話が続くのは、気になるなぁ。これがこの作品の魅力なのかもしれないけど。でも、もっと戦闘シーンが多めの、単純に楽しめるような話が見たい気もします。

イズミの秘密、彼女は、エルリック兄弟と同じように人体練成という禁忌を犯した存在だった、と。エルリック兄弟が亡くした母親を取り戻そうと禁忌を犯したのなら、イズミは亡くした子どもを取り戻そうと禁忌を犯したと、実に対照的。ただ、イズミがそうした行為を行うということには、違和感も・・・。子どもは産まれていなかったんだし、養子をとるとか、イズミが子どもを手に入れる方法はいくらでもあると思うんだけど、なぜ人体練成という手段に訴えたのか。ちゃんと子どもが産まれていくらか育ち、自分の子どもという認識がしっかりできているなら、母であるイズミが取り戻そうという気持ちもわかるんだけどね。次に、エルリック兄弟が無知な子どもなのに対して、イズミは大人であるということ。イズミは、人体練成が禁忌であるということを知りながら行ったわけで、そのことに言い逃れができない。こんなことから、イズミには全然感情移入できなかった。なんか、イズミの秘密が明らかになったことで、エルリック兄弟の師匠という看板がとてもスケールダウンした感じをうけましたよ。

さて、次回はまた新たなキャラクターが出てくるみたいですね。しかも敵なのかな。なんか化け物みたいな感じですが。でも、ちゃんと戦闘シーンを見せてくれそうなのはありがたいところ。今の自分、この作品に関しては、いい話って感じの話よりも、楽しいって感じの話が見たい気分ですし。どんな敵なのかも含めて、次回は楽しみにしてますよ。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [DVD]鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [DVD]
(2009/08/26)
朴叙ミ美釘宮理恵

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第12話 「一は全、全は一」

鋼の錬金術師 PREMIUM COLLECTION [DVD]クチコミを見る ダブリスに到着したエドとアルは師匠・イズミとの久方ぶりの再会を果たす。邂逅の余韻覚めやらぬ中、エドはイズミより父・ホーエンハイムの消息を伝え聞くことに。その晩、イズミと初めて出会った時の事を思い出す

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2009年06月21日(Sun) 23:23


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第12話「一は全、全は一」

イズミ師匠ぱねぇ~www これだけ血を吐くキャラもそう多くはいませんよw

明善的な見方 2009年06月22日(Mon) 23:09


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第12話「一は全、全は一」

エドとアルの錬金術の師匠・イズミ。 ダブリスで数年ぶりの再会をしたエドたちは、父・ホーエンハイムのことを聞かされる…。 ついに登場...

SERA@らくblog 3.0 2009年06月23日(Tue) 08:29


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第12話感想

「一は全、全は一」 前回は作品そのもの輪俯瞰した場合どうにも狙いすぎたえぴそーどな気がしてチョイとマイ評価が低くなったのですが、今回は割と楽しめました。生命のあり方については前回の流れも鼻に付かない程度にさりげに汲んでいて、こういうのならアリだなあと感...

黒猫コミック館 2009年06月23日(Tue) 19:15


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。