五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『俗・さよなら絶望先生』第三集 感想

昨日、『俗』DVD第三集と、単行本第十三集を買ってまいりました。では、DVD第三集の感想を。昨日、感想を書くつもりでしたが、酒飲みながらDVD見ていたら、どうでもよくなってしまって・・・。単行本については、あいかわらず書かないつもり。まぁ、まだ読み終わってもいないし・・・。

この第三集では、SHAFTらしさ全開な感じになってますね。もう、やりたい放題というか・・・。あっ、でも、SHAFTらしいといっても、結構、ガイナックスグロス回だったりしますが。各パートによって、いろいろやってますが、個人的にも面白かったり、微妙だったり、いろいろでした。

では、各パートごとに感想を。

第七話
アバンから「リリキュア」、OPも「リリキュア」と、とんでもないことになっている回です。

Aパート…百万回言われること。原作通りで原作でも思っていたことなんですが、オチがどうもなぁ。話の例の出し方とかは、かなり好きなんですが。今話、唯一の普通のつくりなので、良かったのかな。

Bパート…絶望チャンネル。オリジナルやら原作の小ネタやらを、むりやりまとめた感じです。個人的には、「リリキュア」で適当に話作ってくれたほうが良かったです。「いいとも」やら「三分クッキング」やらのネタは、どう楽しんでいいのかわからない・・・。なんか、ところどころで小ネタとして入れようとしていたものを、尺がなく一つにまとめてみたって感じがする。しかし、ガイナックスだなぁ、作画的にも、演出的にも。

Cパート…資格の話。話は原作通りだが、いろいろなアニメ手法を取り入れて魅せるために、とんでもないことに・・・。これは、素晴らしいです。こういう手法もあるんだってことで楽しめるだけでなく、手法によってこうも雰囲気が変わるものなのかと興味深かったです。しかし、これ、コンテ段階でうまく考えておかないと、素直に楽しめるものにならないですよね。いやぁ、つなぎ方も見事です。でも、アニメ手法に気をとられて、話はわからなくなるんですが・・・まぁ、いいんですけど、原作知ってるし・・・。ところで、クレイアニメのときに、人形が寝っ転がったままだったのは、うまく立たなかったのかな(笑)。

第八話
基本原作どおり。でも、最後の女子大生みたいなオリジナルをちょこっと入れています。こういうのは好きです。

Aパート…スパイ容疑の話。原作で結構面白かった話なので、アニメ化したら、さぞ面白いだろう、と思っていましたが、そうでもなかった。なんでだろう?先生の「チキンな体が・・・」のセリフは、最高ですが。

Bパート…五月にばれてしまう話。なんか、あんまり印象に残らんな・・・。原作でも好きだった話だし、悪い感じには思えなかったけど。しかし、最後の先生の偽善行為と怪文書は、もっと迫力ある感じで見たかった。

Cパート…半分の話。てれび漫画と称して、全然動きません。あれ、いつもとあんまり変わらないような・・・。背景なんかは、結構凝った感じになってますね。雰囲気は合っていて良いです。話は、まぁ・・・悪くないですよ。原作通りですけど・・・。

第九話
いろいろなところに絶望ファイトが入っている。なので、パートで分けず、箇条書きで。

・ぼけとつっこみの話。原作では、あんまり好きではなかったのですが、アニメ化したらいい感じに。動きのある話だからね。しかし、桜井女史は、迫力満点で笑えます。

・気がぬけることの話。これも、原作どおり。うん、まあまあかな。佐藤年男もやったし。ぬけた写真は、もっと一枚ずつ見せてくれ、って思いましたが。

・絶望ファイト。ウルトラファイトをもとにした話らしい。うーん、ウルトラファイト知らないし、どうしていいものか・・・。全然、楽しめなかった・・・。面白い人には、面白いのかもしれませんが・・・。やっぱり、自分は、話よりも見せ方で遊んでくれたほうが好きだな。


この第三集、いっきに三話分みると、わけわからない感じになるなぁ。いいのか悪いのか、分かりませんが・・・。

絶望先生の感想も、来月の第四集で最後ですかね。非常に残念です。えっ、なんかOVAがある?是非とも、このまま三期まで作ってほしいものです。まぁ、次回、『絶望先生』の感想を書くのは、一か月後になりそうです。

単行本の感想も書けばいいじゃないか、とも思ったのですが、相当面倒くさいことになりそうなので・・・。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。