五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』感想

これさえ見ていれば、すべてのアニメ作品を批判する権利を得る、・・・ような錯覚に陥る作品、『エヴァンゲリオン』。その新劇場版第二弾を見てきました。ちなみに、第一弾の『序』も見てますよ。TV版に関しては、放送当時見ていて当たり前のような世代なんですが、完全に乗り遅れた口です。ブームが終わってから、レンタルビデオで見たという・・・。幸か、不幸か・・・。まぁ、おかげで余計な熱狂もすることなく、意外と客観的な感じでみれたんですけどね。好きですよ、TV版。そんな自分が、図々しくも感想書きます。・・・って、映画見た後、本屋行ったりご飯食べたりしていたら、見てきた内容忘れつつある・・・。そんなことは気にせず、覚えている範囲で、感想書いていきましょう。

感想は、なかなか面白かったです。

シンジたちネルフのもとに、エヴァンゲリオン弐号機のパイロットのアスカがやってくる。はじめは一人で使徒殲滅のすべてをこなそうとするアスカだったが、シンジたちと交流することで、少しずつ打解けるようになっていった。一方、シンジも反発していた父親ゲンドウと多少なりとも会話することで、和解し合おうとしていた。しかし、エヴァンゲリオン3号機の起動実験で、3号機はテストパイロットのアスカを乗せたまま暴走してしまう。壱号機で出撃したシンジ。そんなシンジにゲンドウはアスカを乗せたままの3号機を「倒せ」と命令する・・・、という感じの話かな。

TV版とは違う新たなストーリーが本格的に展開。そんな感じの話でしたが、個人的には前作の『序』よりも面白かったです。というか、『序』よりも大幅にTV版とストーリー展開が違うのに、『序』よりも「エヴァンゲリオン」らしかったという印象です。個人的には、あまりにも『序』の雰囲気が陰鬱としすぎてたんですよ。でも、今作は笑えるようなシーンも多くあり、それでいて鬱々とした描写もありで、そのコントラストがうまくはまっていたかな、と思いましたよ。見ていて飽きさせない感じ、これが「エヴァ」っぽかったのかなぁ、と。まぁ、笑えるシーンについては、とにもかくにもアスカ登場のおかげかなとも思いますけどね。

演出については、やっぱり凄いですね。というか、うまい。戦闘シーンもさることながら、日常シーンもしっかり飽きないように、楽しめるようになってる。ちょっとキャラクターがカメラに向かって、どアップになって話すカットが多くてくどい部分もありましたけどもね。戦闘シーンは、はじめの5号機の戦闘から迫力満点ですよ。(5号機の場面は、ちょっと暗くてなにやっているのか分からない感じもしましたけど・・・。そういえば、5号機頭のパートだけで出番が終わりだったのは残念・・・。)弐号機が落下しながら戦闘するシーンもすごかったし、エヴァ三体で協力して使徒の撃退するシーンも燃えるものがありました。後半の戦闘は、暴走中心でグロテスクな描写も多く、エヴァらしい(?)世界に入って行った感じもありましたけどね。でも、それはそれでいいとは思いますし。

あと、シンジのキャラクターはTV版と大分変ったなぁ、と。新劇場版が作られた『Zガンダム』のカミーユと同じように。TV版のうじうじ感がかなり無くなってる。3号機撃退での一悶着、そしてその後の行動についてはTV版と同じような感じでしたが、それ以外はかなりさっぱりしているというか、いい人になっているというか。そうしたシンジの変化は、父親のゲンドウもTV版と変わっているのも大きいのですかね。ゲンドウはTV版に比べ、こんな段階から優しい部分、人間臭い部分が描かれているし、シンジがそれを実感している場面もある。TV版よりも順調な親子の不和の解消、これがファンの間で賛否両論ありそうなところだろうなぁ、なんて思いましたよ。個人的には、この親子関係の変化、これはTV版よりも、よりリアルになってゐる感じがしていいんじゃないかなぁ、と思いますけどね。こうした新劇場版ならではの形成された親子関係が、3号機の事件で一気に破たんする、という展開はうまく作ってあります。そして、いったん破綻するかに思えた関係が、親子という間柄においては、そう簡単に切れない、というのもいいと思いますしね。他にも、綾波の性格も変わっているし、主要キャラクターの性格が新劇場版で多く変化している。そのなかで、あまり変わっていない印象のアスカ。で、そのアスカが一番の変人に見えるという・・・。

こういた楽しめるところの多い今作ですが、ストーリー展開についてはすっきりしない感じが・・・。『序』は、終始陰鬱な雰囲気という印象がありますが、ストーリーは単純明快って感じがしたんです。でも、この『破』に関しては、前半はアスカの変化、後半はシンジの試練という展開で、『破』だけで一つの作品とみたときに軸がしっかりしていない感じでした。こっちの話をやって、あっちの話もやる、という印象がしたというか。まぁ、4部作の間の話、前と後の話をつなげなければいけない、作品全体の幕引きはできない、という宿命のためかもしれませんけどね。

個人的には、『序』よりも楽しめた今作。今作を見る前よりも、次回作を見るのが楽しみになりましたよ。今作の終りで、TV版よろしく精神世界みたいな描写がされるようになりましたが、次回作以降もそういう傾向、TV版みたく超常現象的な展開に突入していくのかなぁ。個人的には、あまりそういう描写が増えることは望んでいないんですが・・・。「エヴァ」なら当たり前、って感じもしますけど・・・。それでも、どんな話になるのか、とても楽しみにしてますよ。そういえば、次回作のタイトルの「キュウ」って、「急」でなく「Q」なの?

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]
(2009/05/27)
三石琴乃林原めぐみ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。