五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『うみものがたり~あなたがいてくれたコト~』#002「指輪の心 巫女の心」感想

こちらではまだ他のアニメ新番組が始まってもいないのに、もう第2話ですよ、『うみものがたり』。いいことなのか、どうなのか・・・?まぁ、最速放送からそんなに遅れずに放送してくれるのは、有難いことこの上ないですけどね。一週遅れとかが当たり前の地域なので。『化物語』も『かなめも』の放送も、ちょうど一週遅れぐらいですからね。ほんと、もっと早く始まれよ、って感じですけども・・・。さてさて、そんなありがたい『うみものがたり』の感想、早速いってみましょうか。

今回は、なかなか面白かったです。

離れ離れになったウリンを探すマリンと夏音。二人は亀の像のところで、膝を抱えるウリンを見つけるのだった。だが、そのとき、亀の像から、カメの長老の松本が目覚める。松本によると、その場に封じられていたセドナの半身が復活したとのことだった。そして、それを封じる海の巫女としてマリンに力が与えられる。そんなやりとりをばかばかしいと思いながら見ていた夏音だったが、突如海から来た謎の女に襲われる・・・、という話。

亀仙人登場、不思議アイテムの授与、そして変身・・・。この作品、てっきりマリンと夏音の心の交流を描くヒューマンドラマだと思っていたら、変身魔法少女ものだったのか・・・(笑)。二人の心の交流は描くのでしょうけどね。敵は倒すのではなく、浄化するという、お子様にも優しい作り(笑)。深夜アニメですけどね。いやはや、第一話見た段階での自分、完全なる見込み違いでした・・・(笑)。まぁ、予告でこうなるのでは、という気配は感じてはいたんだけども。でも、魔法少女ものなら、苦にならずに見続けることができそうだぞ。魔法少女もの、全然見たこと無いけど・・・。

セドナを封じるという目的にせよ、ウリンと夏音が変身するなんて思ってもいなかったので、変身シーンには大爆笑でしたよ。なんか作風的に、違和感バリバリだったしね。でも、その後、しっかりアクションしてるし(笑)。なんか板野サーカスみたいなシーンもあったし(笑)。あとは、剣でもステッキでもなんでもいいけど、立ち回りに使える武器をもっていれば完璧だったかな。それと、必殺技を叫ぶこと。浄化だし、「ヘルアンドヘブン」とか・・・。そういえば、女の子二人だし、『プリキュア』みたいな感じもするなぁ。力をさすけられたのが高校生だったプリキュア・・・(笑)。

第一話とは打って変わって魔法少女ものになった今回。それだけなら、否定的なことたくさん書きたくなるものですが、そうならないのはキャラクターの心情が結構うまく描かれていたため。ウリンの自分が封印を解いてしまったことをなかなか明かせなかったことや、夏音が現実的でない出来事を現実的に理解できることに押し込めようという心情とか。この二つはとくによかったですね。結構リアルな心情のように思えたし。そしてそれだけでなく、ウリンのことは、いつあきらかにできるんだ、と話の展開への興味を引き立たせるものだったし、夏音のことは、話を面白おかしくし、物語のなかでの視聴者視点としっかりなっている。こういうキャラクター描写が、単なる子供向けと吐き捨てるような話にならず、今回の話を面白くしていたのかな、と思いました。それにしても、夏音はいいキャラクターだなぁ。前回、結構ウリンが気に入っていたんですが、今回は夏音。えっ、マリンは、って?だってあの人、完璧ヒロインなんだもの・・・。まぁ、これから気に入っていくのかもしれませんけどね。

こんな感じの今回の感想。今回の話を見て、この作品、もっと子供が見られる時間に放送してもよかったんじゃない?とも。でも、主人公が高校生だし、子どもにとっては等身大とはならないか・・・。ところで、この作品、どういう層をターゲットにしてるんだろ?前回の話では、女性が好みそうな雰囲気だったけど、今回の話では、男性が好みそうな内容・・・。もしかして、総取りを目指してる?まぁ、自分にとっては、見て良かったと思える作品になってくれれば、それでいいのですけどね。これからも、魔法少女ものって感じで進んでいくのかな?とにかく、次回も、楽しみにしてますよ。

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第1巻【Amazon.co.jp限定リバーシブルジャケット仕様】 [DVD]うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第1巻【Amazon.co.jp限定リバーシブルジャケット仕様】 [DVD]
(2009/10/28)
阿澄佳奈寿美菜子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。