五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『うみものがたり~あなたがいてくれたコト~』#003「近づく心」感想

今日は、すっきりと晴れていい天気です。気温もそこまで高くないしね。こんな日は、どこか出かけたくもなるのですが、・・・お金もないし、時間もない・・・。そもそも、行きたいって思うところがない・・・。結局、部屋に閉じこもったまま、過ごしております。さて、『うみものがたり』の感想。前回、この作品が魔法少女ものだとびっくりしたんですが、今回はどんな話なのでしょうか。では、第三話の感想、いきましょう。

今回は、面白かったです。

昨日の事件から一夜明けて、夏音が朝起きて見たものは、彼女の家の居間に普通にいるマリンたちの姿だった。地上の人たちの生活に、子どものように驚くマリンとウリン。夏音の占いのバイトにも二人はついてきてしまう。だが、そのバイト先に夏音の幼馴染の鈴木が現れて、マリンと二人で夏音の過去話をするのだった・・・、という話。

この作品、本当に、魔法少女(少女というのもなんか変な気がしますが・・・)ものなんだなぁ、と。今回も、しっかりマリンと夏音が変身しての戦闘シーンがありましたよ。そんなこの作品、今回面白かったのは、普通の高校生が変身ヒロインになることへの思いや葛藤をしっかりとみせてくれたこと。夏音を通して、少女でなく高校生だからこそということがストーリーとして活かされているのが見ていて面白かったです。しかし、邪悪オーラはまだしも、高校生にもなって、ピュア100%って・・・(笑)。

今回の話、夏音というキャラクターを深く掘り下げる話であるとともに、地上での生活に驚くマリンとウリンの姿を描くというものでした。それにしても、夏音が朝起きたら、居間にマリンたちが鎮座している姿には笑った・・・。夏音が何気なく通り過ぎそうになるというのも面白かったし、夏音の話を聞かず自分たちの話を続けるマリンたちの姿も面白かった。あと、お風呂でのマリンとウリンの姿は可愛かったなぁ。ただ、あの泡の量・・・、さすがに多すぎだろ・・・。神秘的な感じはしましたけど・・・。

夏音の悩みは、島を出て大学に行きたいという思いと、占い師を継ぐことを望む母の願いとの板挟み。そこに「空の巫女」という役目まで押し付けられて、ということのようですね。都会に出たいという夏音の思いもわかるし、母の願いを無下にはできたいという気持ちも夏音にはあるのかな?だから、夏音はいつもあんなにイライラしている、と。そして、鈴木の語る夏音の過去。夏音は、ひとの嫌がる役目を引き受けてしまうために、邪悪オーラをまき散らして人を寄せ付けたくしているのね。優しい心を持っているのに、それを素直に表現できない夏音、可愛らしいなぁ。それでいて、思春期らしいなぁ、って気もします。そういえば、夏音の幼馴染の鈴木、夏音の言からどんな嫌なタイプの人間だろうと思っていたら、普通にいい人じゃん・・・。孤立しそうな夏音を、しっかり気にかけてくれているようだしさぁ。

「空の巫女」という変な役目から逃げだしたい夏音、そこに敵はやってきたわけですが、マリンの苦戦している姿を夏音に見せて、夏音を助けにいかせる展開は定番ですね。定番の展開であれ、いつもツンツンしているような夏音の、隠された優しさをここぞとばかりに見せてくれました。でも、この場面、ウリンと夏音のやりとりが結構効いてるなぁ。これがあったからこそ、夏音がマリンを助けにいくようになったことも自然に見える。まぁ、結局は夏音の優しさと責任感の強さがものをいったわけですけどね。夏音が、「空の巫女」という変な役割からは逃げだしたい、でもマリンは・・・、という彼女の葛藤は良く分かるものでしたよ。マリンに対して、いつも文句ばかり言っているくせに、彼女がピンチになったら助けに行ってしまう、そんな夏音こそ、本当のツンデレ?まぁ、夏音にとってあの場面では、マリンを助けたいという思いだけではないでしょうけどね。

最後は、気にかけていてくれた鈴木に会いに行って、ちょっと素直になった夏音。あの場面、なんかよかったなぁ。高校生である夏音がピュア100%なんて、変なこと言っていたけどね(笑)。それにしても、今回の話はいい話だったなぁ。夏音が、素直じゃないけど、優しいいい子だってことがちゃんと伝わってきたし。で、次回はどんな話になるのでしょうかね。夏音のことは、とりあえず一段落ついた感じもするし、・・・う~ん・・・。とにかく、次回も、楽しみにしています。

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第1巻【Amazon.co.jp限定リバーシブルジャケット仕様】 [DVD]うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第1巻【Amazon.co.jp限定リバーシブルジャケット仕様】 [DVD]
(2009/10/28)
阿澄佳奈寿美菜子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。