五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『かなめも』第2話「はじめての、新聞配達」感想

今日もまた肌寒い一日でございます。にしても、天気は落ち着かないなぁ。曇り空で、たまにぽつぽつと雨が降ったり。そういえば、明後日は海の日のようですけど、多くの人は海に行きたいなんて気になるものなのかな?まぁ、こんなに天気が悪いのは、こちらの地方だけだろうけどね。そして、明日明後日の連休は、個人的にうれしいですけども。さて、『かなめも』の感想。今回は、第2話です。では、早速、いってみましょう。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

新聞屋で暮らすことになったかな。一夜明けて次の日から早速、新聞配達のための練習がはじまる。配達のための順路帳の見方を教わり、では配達を、というところで、かなは自転車に乗れないことが判明する。専売所のみんなで、かなに自転車に乗る練習をさせる。しかし、夕刊を配る時間が来てしまい、かなは自転車に乗れるまでに至らなかった。結局、歩きで新聞配達することになったかな。かなはその配達で、他紙の配達をする女の子に出会う・・・、という話。

かなが風新新聞の専売所に住むことになって、次の日から早速配達ですか。早いなぁ。もう少し、かなにゆっくりさせてあげたい、と思ってしまったよ。まぁ、かながこの専売所に居つくことになった理由を考えれば、当然のことかもしれませんけど。

さて、今回の話、前半のかなの自転車に乗る練習をするあたりまでは、ひっきりなしにギャグが飛んでくる感じで話が落ち着かず、いまいち面白くなかった。でも、かながはじめて新聞配達をする場面からは、なかなか面白かったですよ。とくに最後の、かなの帰りを待つ代理の姿はいじらしかったし、代理の言葉に落ち込みそうになるかなをみんながフォローするところはちょっと感動的な感じがしたし。

そんな今回、新たなキャラクターが出てきましたね。お嬢様っぽい感じの釘宮キャラ。態度は偉そうな感じでしたけど、かなと同じように歩きでの配達だったし、道に迷っていたみたいだから、新聞配達の新人ということなのかな?かなのよきライバルになっていくのかな?でも、かなのほうがしっかり配達できているようだし、どうなんだろ・・・。そういえば、二人で行った配達先、「釘宮」さんちかと思ったら、「針宮」さんちでした・・・。こ、これは、狙っているのか・・・?この場面、アフレコのときに釘宮さんがどう思ったのか、聞いてみたい気になりました。

前半のかなの自転車に乗る練習の場面、百合描写に加えて、赤ちゃんプレイ・・・。こういう描写、ちょっときっついなぁ。専売所の連中、変態方向に癖ありすぎですよ・・・。こういう描写が多かったから、自分、前半部分楽しめなかったのかもしれませんけど。そういえば、ひなただけそういう特徴がないためか、普通な感じがしたというか、影が薄かったというか、そんな感じを受けましたよ。でも、ひなたのそういう個性がいいのかもしれませんね。かなと一番仲良くなれそうな気もするし。

今回の話で、かながはじめて新聞配達をするという出来事が終わったわけですが、これから彼女にどんな出来事が待っているのでしょう。全然、想像できないですけど・・・。まぁ、話が落ち着いてきたほうが、この作品、面白くなっていくのかもしれませんけどね。ということで、次回は、楽しみにしてますよ。

かなめも (2) (まんがタイムKRコミックス)かなめも (2) (まんがタイムKRコミックス)
(2009/03/26)
石見 翔子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎かなめも第2話「はじめての、新聞配達」

カナが起きてくる。しかし、ロリッコの所長代理のサキいがいみんな配達にいっていない。所長、反則的な可愛さだな。そして、場所をいっしょに廻る。そして、防犯ブザーをもらう。そして、帰ってきて朝食を食べる。夕刊配るように言われるが、カナは自転車乗れなかった。カ...

ぺろぺろキャンディー 2009年08月04日(Tue) 22:39


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。