五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第17話「冷徹な焔」感想

日曜日には珍しく、買い物に行ってきたんだけど、そのおかげで、今非常に眠い・・・。やっぱり、ひとごみは疲れますね。ちなみに買ってきたのは、ロボット魂の「マスラオ」とDVDと服関係。靴も欲しかったんだけど、人多いしあまりお金を使いすぎるのも、と思って止めました。なんか話が脱線してる・・・。『鋼の錬金術師』の感想を書かないと。ということで、早速いきますよ、第17話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

ヒューズ中佐殺害の容疑で逮捕されたロス少尉。犯人と断定され投獄された彼女のもとに、バリー・ザ・チョッパーが乱入してきた。逃げ出すを勧める彼に従って、ロスは脱獄する。逃亡する途中でエルリック兄弟に会うロス。だがそこで、バリーはロスだけを逃がす。一人逃げるロスの目の前に現れたのは、ロイだった。そして、エルリック兄弟がロイの前に現れたとき、ロイの前に一つの焼死体が転がっていた・・・、という話。

登場人物たちの思惑が錯綜する今回の話。水面下で行われる、ロイの作戦とラストたちの計略。この見えない駆け引きがとても面白かったです。また、謎の多い話のなかで、この世界の一般人の感覚に近い事態の捉え方してエルリック兄弟を配置していて、分かりやすいように作ってありましたよ。ただ、ロスの脱獄のときにギャグシーンが、興をそがれる感じだったのは残念でした。ほんと、こんなシリアスなところでギャグやらなくても・・・。

ロスの脱獄、これはロイの作戦ですね。バリーはロイとつるんでいるだろうし。そして、ロスは死んでないのでしょう。これは、ロイが焼死体としてしまったことからもあきらかですね。ロスを死んだことにして、ヒューズの事件を使って自分をも押さえつけようとする動きを封じる。濡れ衣をきせられ投獄されたロスを救うため、そして自分を押さえつけ、事態を収拾をはかろうとするものたちの思い通りにいかせないようにするため、ロイはこうした行動をとったということでしょう。相手の計略を逆手にとるかたちで、自分の作戦を遂行するロイはカッコよかったです。

また、自分が非難の的になったとしても、自分の計画を進めるロイの姿も良かったです。ロイを非難するエルリック兄弟、そしてロイに対する憤りを押さえきれないようなアームストロングの視線はもっともなことですね。でも、ロイはその非難をわかっているようなそぶりで、冷徹に振舞う。部下たちからも冷たい目でみられながらも、着々と作戦を進める。そういった彼の姿には、大人を感じましたよ。自分が非難の的になることさえも、彼の計画のうちのようですし。ロイは多くの人間に忌避される状態になることで、自分が自由になるということも考えていたのかな。

ロス脱獄の事件が一段落したところでロイが本格的に動き出すのですが、どこまでの人間がロイの計画を知った上で行動しているのですかね。アームストロングあたりは、検死の場面まではロイの計画を知らなかったようですが、その後エドを連れ出す段にはロイと共謀しているかのようでしたし。あと、リザはロイを見限る意味で休暇を願いでたのか、それともロイの作戦を知った上でそう思われるように演技していたのか。どっちとも取れるなぁ・・・?まぁ、エドたちだけは、なんにも知らない状態で事態に巻き込まれているということはわかりますが。

ラストたちの掌のうちにあるようなロイが、かれらをも欺く形で主導権を握りだした今回の話。ラストたちもある程度ロイのやったことは理解しているようで、次回はかれらによる次の一手が繰り出されるのかな。ロイとラストたちの見えないところでの駆け引き、これは結構面白いです。次回もそういったことが見られるのですかな。ということで、次回も楽しみにしてますよ。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [DVD]鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [DVD]
(2009/08/26)
朴叙ミ美釘宮理恵

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009年07月26日(Sun)19:36 [EDIT]


Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

また、原作者の方の作品にこめた思いのことなど、たいへん勉強になりました。

おっしゃられていることは、その通りだと思います。私が、「この作品にギャグは必要ない」と思っているかというと、そうでもなくて・・・。私も、ギャグとシリアス、その両方があったほうが作品的に楽しめます。この作品も、放送当初よりも、ギャグとシリアスのメリハリがきくようになって良い作品になってきてると思いますしね。

ただ、今回のロス脱獄の場面に関しては、遊び気分もあるであろうバリーがギャグをするのはいいとして、ロスもギャグみたいな感じで演出されるのはどうだろう、という思いがありました。ロスの心境を鑑みても、この回のロスは一貫してシリアスな感じに描かれほうが良かったのではないか、と。脱獄という事態の重大さは、他ならぬロスが一番認識しているだろうし。だから、バリーとロスのギャグなやりとりで、拍子抜けした感じを受けたのです。

でも、今回の見どころはあの場面ではなかったですし、取り立てて気にする必要はなかったのかもしれません。あと、放送当初のギャグを入れる間の悪さから、この作品のギャグに対して身構えてしまうところがあるのかもしれません。

・・・もしかして、一度見ただけで感想書いているので、記憶違いしてる?

常日頃から、間違いや誤解、認識不足の多い感想だと思います。気になることがありましたら、またコメントいただけたらありがたいです。

ヴィッザ | URL | 2009年07月28日(Tue)20:13 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第17話 「冷徹な焔」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [DVD]クチコミを見る ヒューズ殺害の犯人として軍に拘束されたロス。 彼女に不利な状況が続く中、なんとバリーがその留置所を襲撃し、居合わせたリンとともにロスを連れて逃亡する。軍より射殺も含めた捕獲命令が出る中、エドとアル

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2009年07月27日(Mon) 01:01


【鋼の錬金術師】パロマ・こんがり亭 FULLMETAL ALCHEMIST17話

 「兄さぁーん」今週もまたアルフォンス・エルリック。つーかアルの中の人、釘宮某。「アルの中の人」から1文字抜いて「アル中の人」だと...

世界日本ハムの哀れblog@エコ替えでエゴ買え! 2009年07月27日(Mon) 01:25


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第17話「冷徹な焔」

ロスにヒューズ殺害の疑いが…。 彼女の囚われた留置所を襲撃したのはバリー!? 逃亡したロスの前に立ちふさがったロイが彼女に炎を解き放...

SERA@らくblog 3.0 2009年07月29日(Wed) 09:03


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。