五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『うみものがたり~あなたがいてくれたコト~』#006「堕ちる心」感想

日曜の感想三本目、『うみものがたり』の感想です。でも、もうこんな時間かぁ・・・。相変わらず、感想書く以外なにもできない日曜だ・・・。そういえば、『鋼の錬金術師』の感想を書いているあたりからずっと、耳鳴りというか、耳がごぉぉっとなっている感じがあるんですけど・・・。ちょっとした音が耳の中で無駄に響く感じもあるし。なんなんだ一体・・・?そんな状態で、『うみものがたり』も見ておりました。セリフが聞き取りにくい・・・。まぁ、気にせず(気にしろよ、って感じもしますが・・・)、感想いきたいと思います。

今回は、面白かったです。

日食の日、マリンの言葉に一人飛び出して行ったウリンは、邪悪オーラを夏音から預かった指輪に閉じ込めてしまっていた。そしてその指輪がウリンの体に定着する。なかなか終わらない日食。ウリンを探すマリンと夏音だったが、二人の前にセドナのしもべが現れる。しかし、そのときマリンは海の巫女に変身できなくなっていた。歌を歌う島の巫女との出会いで、変身できるようになるマリン。それに合わせるかのように、日食も終わっていった。そして、再びウリンを探す二人のまえに現れたウリンは、表情がなくなり言葉数も少なくなっていた。そのウリンが一人海へ帰ると言いだすのだった・・・、という話。

あぁ、ついにウリンが邪悪な力に飲まれてしまった・・・。そして、マリンのもとを去ってしまうとは・・・。ウリン、可愛らしかったのに・・・。でも、そんなウリンの悪への変化で、物語が面白くなってきたぞ、と思う自分がいる。ひねくれてるなぁ・・・。でも、今回の話で、物語が本格的に動き出した感じがあったのは事実だしね。また、悪に心を奪われたウリン、彼女を救いだすことがこの物語の趣旨ということがはっきりした話でもありましたね。

マリンと夏音に相対する存在となったウリン、マリンの妹であり、夏音の指輪がきっかけで悪に堕ちたことを思うと、二人に対する因縁もばっちり。そして、ウリンをこうさせてしまった原因は、マリンと夏音二人の責任でもある、ともとれるし(最終的には、ウリン自身の問題なのだけどね)。ちょっと明瞭すぎる感じもありますが、マリンや夏音の心の揺れ動きを魅せていくには、このくらいはっきりとした関係性でいいのかもしれませんね。この因縁がどういかされるのかは、畢竟、次回以降の話次第ということでもあるんですけど。

日食により、マリンは悪しき心にとらわれそうになり、ウリンはセドナに魅入られる。松本の予想とは裏腹に、夏音が一番大丈夫だった、と。松本は、夏音が闇に慣れていると言い訳がましくいってました。闇に慣れていないマリンは、その影響を受けやすかった、と。でも、闇にとらわれそうになったマリンも、ピュア100%だの言われていますが、そういう心も隠しもっているとみるほうがいいのではないかなぁ、って感じも。というか、そうあってほしいというか。やっぱり、完全無欠なヒロインでは、人間味を感じられず魅力的に思えないし。ここ二話の悪しき心にとらわれそうになるマリンをみていて、やっと彼女が魅力的に映るようになった感じがするし。もっとマリンが隠された悪しき心が現れ、そしてそれを自己嫌悪するような展開がみられないかなぁ。そんなことを思ってしまう自分は、相当悪しき心にとらわれているような・・・?

日食が終わり、いつもどおりの生活が、と思ったら、いままでとは違うウリンの姿があり、そのウリンが一人海へ帰ってしまいました。無表情で口数も少ない、ウリンはこんなに変わっているのに、そのことに全く気付かないマリンと松本は・・・。鈍感というか、やっぱりそこまでウリンのことを考えてないんじゃないかと思えたり・・・。ウリンはセドナのしもべの邪悪オーラを吸収していましたが、ちゃんと自分が力をもったということを自覚しているのね。そして、引き留めようとするマリンを一蹴して出ていきましたが、最後くらいマリンを辛辣に罵って欲しかったなぁ。前回のお返しとばかりにね。そうしたら、最高だったのに。ウリンの発言に傷つくマリンの姿が見たかったなぁ。それはともかく、海へと戻っていくウリンの姿は怖かった・・・。海への飛び込みも、まさに「堕ちる」って感じだったし。

ウリンの変化で、この『うみものがたり』、ほんと、面白くなってまいりました。で、海に戻ったウリンは、どこへいくのかな。やっぱり、セドナの復活を目指そうとするのかな。今回までは、「空」の話でしたけど、次回は夏音も海に潜っていたし「海」の話になっていくのでしょうかね。悪に堕ちたウリンをマリンと夏音がどう救っていこうとするのか、次回も楽しみにしています。

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第1巻【Amazon.co.jp限定リバーシブルジャケット仕様】 [DVD]うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第1巻【Amazon.co.jp限定リバーシブルジャケット仕様】 [DVD]
(2009/10/28)
阿澄佳奈寿美菜子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。