五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第23話「戦場の少女」感想

予定通り、今日は『うみものがたり』の感想を書いた後、昼寝したんですが、起きたのが5時の5分前。いやぁ、危なかった・・・、というか、ちょうどばっちりの時間に起きれたような・・・。頭もすっきりしているしさぁ。まぁ、起きたばかりでぼーっとする感じもあるんだけど・・・。でも、昼寝で2時間くらいは寝ていたわけで、これはどうなんだ、という気も・・・。夜眠れなくなるのでは、とちょっと不安になります。ということで、寝ぼけ眼で見た『鋼の錬金術師』第23話の感想、いってみましょうか。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

手負いのランファンを背負いながら、ブラッドレイの追撃から逃げるリン。自分が重荷になっていると思ったランファンは、自分の腕を切り落としブラッドレイを欺く作戦にでる。一方、スカーと戦うエルリック兄弟、その戦いにグラトニーが乱入してくる。ホムンクルスの力をまざまざと見せるグラトニー。だが、そこにやってきたリンが、それを逆手に取りグラトニーを捕まえることに成功する。そして再び、スカーとエルリック兄弟の戦いが始まるというその時、スカーを守るように現れたのは、一人の少女メイだった・・・、という話。

上に、いつも拙い話の要約を書いているのですが、今回はいつも以上に要約になっていない感じが・・・。ウェンリィのこととか、エドたちがブラッドレイの正体をリンから聞くところとかも書くべきですよね。でも、そんなことをすれば、ただ文章が長くなっていくだけという・・・。3行くらいにまとめたいのですよ、自分は・・・。それで・・・。でも、逆にいえば、これは今回の話にいまいちまとまりがなかったということにも思えるわけでして・・・。最終回間際でもないのに、展開多すぎだよ、今回・・・。それでいて、どの部分も、ひたすらイベントを消化していく、という感じだったしさぁ。つまるところ、今回の話、もう少し、30分一話として話にまとまりが欲しかった、と感じました。

で、相変わらず戦闘シーンの合間にギャグを入れてくるし・・・。戦闘シーンの前半よりも、その後の後半のほうがシリアスに話を進める、という不思議な感じに。戦闘終わった後のほうが、いくらでもギャグを入れれると思うのですがね。まぁ、後半の内容的に難しかったというのはあるのかもしれませんけど。でも、戦闘シーンの合間にギャグを入れられると、戦っている彼らの真剣さが削がれる感じで嫌なんですよ。あと、今回の戦闘シーン、キャラクターが移動してキャラクターがフレームに現れるときに、そのほとんど引きの絵で見せるという演出のまずさ。キャラクターの立ち位置を分からせるためなのだろうけど、戦闘が盛り上がんないよ、これでは・・・。

さて、話のほう。まず、自らの腕を切り落とすことで、ブラッドレイの追撃を逃れるランファンの作戦は、ビックリしましたよ。以前のエドとの戦いのときの彼の作戦を参考にしたのね。しかしオートメイルと違い、生身の腕・・・、痛そう・・・。そして、リンはランファンを置いて、グラトニー捕縛に成功したのですが、リザ、いいタイミングで現れるなぁ。リザがロイにおとなしくしていて、と言っていたが、そういえば、ロイ怪我が完治してなかったんだっけ?以前の話、すっかり忘れてる・・・。で、エルリック兄弟がスカーに攻撃を仕掛けるのですが、リザの銃撃を受けて戦闘態勢をとっていないスカーに攻撃を仕掛けるとは、主人公らしからぬ・・・。弱い者いじめみたいな図になっていたからなぁ。

そんなときに、メイがスカーをまもるために登場したのですが、あれ、見事に彼女、リンたちと会っていない。うまい具合にすれ違い。リンとメイ、どういう関係なんだか知りたいんだけど・・・。で、メイはあくまでもスカーの味方という感じでしたね。まぁ、パンダはアルに捕まって(?)しまったけど・・・。今後、あのパンダが、メイとエルリック兄弟を結びつけていくことになるのかな。

自分は守られてばかり、と落ち込むウェンリィだったが、彼女にラッシュバレーから彼女を求める電話が。ウェンリィも、守られているばかりでなく、自分が必要とされていると分かる場面なのですが、ちょっとタメが少なかったような・・・。すごくさらっと解決してしまった感じで。ウェンリィの悩んでいたこととその解決もうまく結び付いてない気もするし。ん?ウェンリィは、世間に受動的に接しられるばかりと思っていたけど、世間に能動的に接せられる場所があったことを忘れていた、取り戻した、ということだったのかな。そして、エドとウェンリィの再度の別れだったんですが、なんかベタだなぁ・・・。で、恥ずかしいなぁ・・・。それで感動できればよかったんですが、どうも端折っている感じもするし、今回の話、その後に続きがあるものだから全然感動できない・・・。あの場面、なんか中途半端な感じで、残念でした。

で、リンの情報でやっと、エルリック兄弟やロイが、黒幕がブラッドレイだということを知りましたね。まぁ、一方で、今回の一件にロイが深くかかわっていることをブラッドレイも知っていましたけど。これで、ブラッドレイがロイたちをつぶしにかかるのが先か、ロイがブラッドレイの正体を暴くのが先か、という感じになっていくのかな。ロイにとっては、ブラッドレイに狙われているということを知らないだろうことは、今後の展開にとって痛そうだけど。

捕えられていたグラトニーが暴れ出したところで終わった今回の話。ホムンクルスはグラトニーと言えど一筋縄ではいかないのね。次回は、そんなグラトニーに対処する話になるのかな。今回は、いろいろなことを詰め込んでまとまりがないような印象の話だったけど、次回はしっかりとまとまりのある話になってほしいですね。ということで、次回は、楽しみにしてますよ。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2 [Blu-ray]鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2 [Blu-ray]
(2009/09/30)
朴叙ミ美釘宮理恵

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。