五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『うみものがたり~あなたがいてくれたコト~』#011「光の心 闇の心」感想

ふぅ・・・。なんか『鋼の錬金術師』の感想を書いたら、今日することは全部終えたような感じがしてしまったよ・・・。この『うみものがたり』の感想、明日以降に書いてもいいかなぁ、なんて邪な心が生まれてきたり・・・。でも、きっちり書いていかないと、と今、心を奮い立たせております。先週分の『バスカッシュ!』の感想も残っているし、休みには書きたいと思っているアニメの感想もあるしね。ということで、『うみものがたり』第11話の感想、いきましょうか。この『うみものがたり』全12話なのかな?まぁ、いいや。では、第11話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

闇の力に飲み込まれたワリン・サム・市川に襲われる、マリンと夏音。マリンの浄化が効かない彼らに、マリンと夏音は二人で力を合わせて浄化するという方法を見出す。三人を介抱したマリンと夏音は、その方法でもってウリンを助けることができると海へと向かう。海でウリンを探す二人。ウリンがいたのは、マリンとウリンが住んでいた家だった。夏音がマリンと一緒にいることで暴れ出したウリンに、二人はワリンたちに使った技を使うのだが・・・、という話。

今回、かなり力が入っているなぁ。戦闘シーンはよく動くし、アングルも面白い。そして、この作品でずっと気になっていたマリンと夏音の変身シーンも、自然なものになっている。そんな印象の回でした。松本と市川の戦闘シーンなんて、すごい動いているし迫力あるしでよかったのですが、それが笑える、という不思議な感じもしました。だって、亀がすごい戦闘を繰り広げているんだもの・・・(笑)。あと、個人的に、マリンとウリンの家のシーンで、ウリンが飛び出して行ったあとマリンが出ていくところのカットがとても印象的でした。なんか劇場アニメ見たいな迫力を感じたというかね。

お話のほうですが、まず、ワリンやサムたちとの対決は意外とあっさり終わったなぁ、と。友達が敵としてということで、もっとしっかり見せてくれるのかなぁ、なんて思っていたんだけどね。で、ワリンはともかく、サム・・・(笑)。闇に呑み込まれているのに、岩に剣が刺さって抜けなくなっているのは・・・(笑)。ここで、マリンと夏音は、力を合わせて強い力を発するという方法を見出したわけですが、なんかプリキュアみたいだったなぁ・・・。そういえば、今まで二人で力を合わせて技を出すというのは、無かったんだとも思ったり。ここで、二人にとってウリンを助ける希望見出したからこそ、ウリンを助けに行けるという展開は良かったですよ。

で、海でウリンがどこにいたのかと思ったら、マリンと住んでいた家で寝てる。あれ、マリンの夢なのか、と一瞬思ってしまったよ。そしてウリンがマリンに語る夢の内容のは、ウリンがマリンに傷つけられたと感じた出来事の数々・・・。いかに夏音が悪いやつなのかと誘導させるかのようなウリンの問いかけ、これはマリンにとってはつらいなぁ。マリンが口ごもるのも無理はない・・・。というか、ウリンにとってマリンは、自分のもとに引き入れるかだけでなく、自分と認識を共有するかも大事なのね。ウリンにとって、マリンは自分と同じ思いを持っていなくてはならない、そうでないなら裏切りだ、と考える彼女。その部分こそウリンの問題のようにも思いました。人間にとって、違うものをいかに認めるか、これが大事なんですけどね。

そして、マリンと夏音がウリンに放った浄化するための技は、ウリンに吸収され、逆に闇の力で巫女になることができなくなってしまう。闇の力を浴びたマリンと夏音は、闇の力がなんなのか分かるわけですが、なるほど、人々が海に捨てた悲しみの心か・・・。人間にとって闇の部分はどうしても必要で、光と闇の二項対立で決着がつくようなものではない、ということですね。光と闇、ともに抱えるからこそ人間である、と。この作品、結構リアルな人間描写がありながらも、それを光と闇のどちらかでくくってしまう感じがあって、自分、それがなにかもやもやしたものとして感じてはいたんです。でも、それも今回の話で、そのこともミスリードさせるための展開だったんだなぁ、と納得。しかし、どうやって作品としてケリをつけるの、という疑問も同時に・・・。これまでの話、光=善、闇=悪というかたちで話を進めてきたわけで、その図式を崩壊させて説得力ある結末ができるのか、自分には想像できない・・・。光と闇をともに受け入れろ、ということになっても、この物語でなぜこれまでの事態が起こったのかが分からないしね。とすると、今まで光=善、闇=悪という図式を押し付けてきた張本人、松本になにか裏があるということになるのかな?

マリンと夏音は、巫女の力がなくなってしまったし、次回はどう展開していくのか、全く想像ができません。で、次回最終回なんだよね?とにかく、作品としていい結末を迎えてくれることを期待しています。どうなるのかなぁ?とにかく、次回も楽しみにしています。

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第2巻 [DVD]うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第2巻 [DVD]
(2009/11/22)
阿澄佳奈寿美菜子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。