五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『テガミバチ』第一話「テガミとテガミバチ」感想

10月に入り、こちらでもやっと新番組が始まりましたよ。その第一弾が『テガミバチ』。「第一弾」と書いたけど、他に全然放送されないから・・・。10月からも、ある程度の作品の感想書いていきたいんだけどなぁ、どうしよう・・・。さて、この『テガミバチ』、『真マジンガー』よりも放送時間は早くなりましたが、一応後番組という位置づけということになるのかな。原作は、マンガのようですね。読んだことありませんが・・・。では、感想書いていきましょうかね。

今回は、いまいち面白くなかった。

テガミバチのゴーシュは依頼されたテガミを受取りに行くと、そこにいたのは一人の少年だった。ラグというその少年、彼自身がテガミだったのだ。彼を連れて宛先まで送り届けることになったゴーシュ。その道中、かれらは鎧虫に襲われ、その鎧虫をゴーシュは心弾で撃退する。だが、その心弾銃に興味をもったラグは、銃を暴発させてしまう。倒れたラグのもとに鎧虫の群れが集まってきてしまい・・・、という話。

11時台という結構早い時間に放送される作品だけど、深夜アニメの雰囲気がすごくする作品だなぁ。ファンタジー全開な舞台もさることながら、設定も非常に独特でそれでいて細かい、それがそう感じさせたのかなぁ。独特な世界観でこの作品自体の独自性をだすことは良いことだし、設定もしっかりしているに越したことはないとは思います。が、今回の第1話、その世界観の説明に終始して、見ていて面白いとあまり思わなかった。

今回あまり面白く感じられなかった原因の一つに、今回の話での登場人物の少なさ、ということもあるのかも。だって、今回登場したの、ゴーシュとラグの二人だけ、と言っていいような感じだもの。二人だけのやりとりで、アニメ一話分を見せるのは結構無理があったんじゃないかなぁ、と思ったり。たぶん、原作通りなんでしょうけど、やっぱりマンガとアニメでは表現媒体の違いというのが大きく関係しているような気がします。おそらく、原作では、面白いのでしょう。ゴーシュとラグのユーモラスなやりとりも、一つのコマとしていいアクセントになっているだろうし。でも、アニメでは、二人のやりとりのなかの一つとして、すっと流れてしまっている・・・。

この作品、こころの力を利用した心弾という装置が、今後重要な意味をもってきそうですね。他者のこころを知ることで、話が一気にドラマチックになってきそうだし。で、今回、ラグとゴーシュが互いのこころを垣間見ることになったわけですが、母を連れ去られたラグと、病気の妹を抱えたゴーシュですか。どちらもアニメ的にはよくあるものだなぁ、と。ゴーシュ、声優さんの声もあって、『コードギアス』をすぐに思いだしてしまって・・・(笑)。こう設定はアニメで見慣れすぎてて、これだけではなんも感動しません・・・。ゴーシュのこころの回想、あの場面、回想よりも一人鎧虫と戦うゴーシュの姿のほうが見たかったなぁ。これこそ、アニメで映える部分だと思うんだけど。まぁ、原作とは感じが違ってしまうかもしれませんがね。

雰囲気的には、女性のほうが好みそうな作風ですね。『真マジンガー』とは180度方向転換。男性も女性も、視聴者層総取りを狙っているのかな?でも、今回の第1話、つかみとしては・・・。大丈夫なんでしょうか?心配するのも詮無きことですが、放送されるアニメが減るなかで、この枠が貴重なもので・・・。でも、感動的な作品らしいですし、これから面白くなってきそうな感じもする。そういう期待を胸に、次回は楽しみにしてますよ。

テガミバチ 1 (ジャンプコミックス)テガミバチ 1 (ジャンプコミックス)
(2007/01/04)
浅田 弘幸

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。