五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『とある科学の超電磁砲』第2話「炎天下の作業には水分補給が必須ですのよ』感想

昨日から感想を書きだした『とある科学の超電磁砲』、遅れを取り戻すためにもどんどんと書いていきますよ。って、ネット配信で見ているのですが、見始めたのが遅かったせいで、この第2話、有料でみることに・・・。たった105円ですが、ちょっと勿体ない感じもしました・・・。この世の中、しっかり情報を集めて早め早めに行動することが大事なんですね。なんか、改めてそんなことを思ったり・・・。何はともあれ、『とある科学の超電磁砲』第2話の感想、いってみましょう。

今回は、なかなかおもしろかったです。

美琴とルームメイトになって一ヶ月、そのお祝いをしようと目論む黒子。準備万端、美琴の帰りを待つ黒子だったが、美琴は初春と佐天を連れて帰ってきてしまう。さらには、黒子の美琴に対する歪んだ愛ゆえの行動が次々と暴露され、黒子は仲間はずれのような状態になってしまう。そして、喧嘩になった黒子と美琴、二人はつい寮内で能力を使ってしまい、罰として次の日プール掃除を言い渡される・・・、という話。

一話丸々使ってのコメディ全開の回でした。今回、注目は黒子。その黒子の空回りっぷりが面白くて、面白くて・・・(笑)。下着泥棒に、盗撮に、媚薬と、次々と暴かれる黒子の悪行の数々・・・(笑)。美琴に対する愛ゆえ、と言えば聞こえがいいけど、どう考えても歪んでるじゃん(笑)。でも黒子、正攻法では美琴はおとせないというのはわかっているんでしょうね。媚薬なんて、自分の力で美琴をその気にさせられないと自覚しているからこそ使うんだろうし。それにしても黒子、とりあえずできる女、カッコイイ女をアピールしたうえで、その変態性が明らかになるものだから、面白くて面白くて・・・(笑)。

美琴を中心に盛り上がる後輩や友達をよそに、一人仲間はずれの状態に黒子は、デジャブを感じていましたが、あれこそが黒子が美琴に惹かれる理由なのかもしれないですね。自分から積極的に動かなくても人が集まってくる美琴と、自分から積極的に動かないと人の輪に入っていけない黒子。これが、人徳の差なんですかね。でも、だからこそ黒子は、美琴を自分だけのものにしたいと思うのかもしれない。「みんなに好かれる美琴は、実は自分(黒子)だけを見ている」と、周りに見せつけたいという思いがあるいうかね。そう思うと、黒子も愛おしく思え、そしてわかるような感じがするなぁ。どちらかというと、自分も人徳のないほうなんで・・・。

結局、オチは、黒子が自分の用意した媚薬を、自分で飲んでしまう、という因果応報、自業自得な感じでした。それにしても、美琴の電撃をくらって快感に浸る黒子、どうしようもないくらい変態だ・・・(笑)。しかも、ドM・・・(笑)。彼女がドMということを考慮すると、それまでの一連の行動も、美琴の折檻を受けたいがために、わざと隙を見せているのではないか、とも思えてきたぞ。どうなんでしょう?なんにせよ、黒子のクラスメートには二人はそういう関係なんだ、と認知されるようになったことでしょうね(笑)。

そういえば、結局、美琴は黒子とルームメイトになってちょうど一ヶ月だったことを覚えていたわけですが、寮内の会話で黒子に対してとぼけていたのは、黒子を驚かせたいがためだったのかな。なんかちょっと美琴も意地悪な感じもしたけど・・・。まぁ、美琴にとっては、黒子とルームメイトになったことより、次の日に二人で食堂の掃除をしたことのほうが思い出深かったようですけどね。あれはなぜ、掃除という罰を言い渡されることになってしまったんでしょうね?

あと、今回、当麻もちらっと出てました。あれ、『禁書目録』でいうとどの場面になるのだろう?今後、『禁書目録』の話とどうリンクしていくのか、これも楽しみになってきました。インデックスもそのうち出るのかなぁ?

コメディタッチの話として、すっきり終わった今回の話。でも、今後どう話が展開していくのか、全く予想もつかないまま・・・。物語全体を覆うような大きな話はなく、今後も今回のような一話完結の話でつないでいくのかなぁ。まぁ、そうはならないとは思うけど。とにかく、次回の話も楽しみにしてますよ。

only my railgun <初回限定盤>TVアニメ「とある科学の超電磁砲」OPテーマonly my railgun <初回限定盤>TVアニメ「とある科学の超電磁砲」OPテーマ
(2009/11/04)
fripSide

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。