五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『テガミバチ』第五話「行き止まりの町」感想

やっと感想書く気になってきたぞ~、・・・ってもう夜なんですけどね。どうも昼間は、なかなか感想書く気にはならないようです、自分。で、この『テガミバチ』の感想は、どうしても次の日の夜に・・・。昨日の夜中に感想書いてもいいんだけどさぁ、やっぱり書き終わるのが夜中の一時や二時になっても困るし・・・。で、『テガミバチ』の感想はこんなに遅くになってしまった、と。でも、『テガミバチ』、夜って感じのほうが似合うよね。・・・苦しい言い訳だ・・・。来週からは、もっと早い時間に感想書けるよう心がけます、はい・・・。では、第5話の感想です。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

ユーサリの手前の町キリエ。そこには、死んだ弟のテガミをユーサリへ届けられずにいるネリという子がいた。キリエまでやってきたラグとニッチ。そこで一泊しようとした二人は、ネリに出会う。ネリは、ラグがユーサリへの通行証をもっていると知ると、二人を宿に案内し、通行証の入ったカバンをもつことを申し出る。ラグとニッチが喧嘩している間に消えてしまったネリ。ネリは、通行証を盗むのが目的だったのだ・・・、という話。

やっと今回、自分がこの作品で望んでいるような話がきた~、とも思うのだけど、ラグが情けなさ過ぎて・・・。また、今回の話、今回の一話で決着がついてくれればよかったといえるかもしれないけど、次回へ続く、だし・・・。次回の話如何だなぁ、と思う今回の話でした。

まず今回の、ラグの煮え切らなさ、情けなさについて。ネリをあっさり信用するし、バッグ奪われるし、ニッチに偉そうなこと言って怒らせてしまうし、町の人が争いのときになにもできないし・・・。世間知らずの子どもらしいといえばそうなのかもしれないけど、主人公だしなぁ。成長するって雰囲気も感じさせてくれないし、見ていてイライラしてしまったよ。とくに、ラグとニッチの喧嘩の場面、ニッチの相手もしたいし、ネリのことも気にかかる、あのときのラグの右往左往っぷりといったら・・・。そういえば、あのラグとニッチの喧嘩、ニッチがディンゴであるかどうかで喧嘩をしていましたが、ネリについてラグとニッチの見解が分かれたことが発端とか、そういう仕掛けをしてほしかったです。どうしてあの場面で、と唐突に感じられたところがあったので。それにしてもラグ、戦闘では全くニッチに敵わないのに、女の子を連れていくのは危ない、とか言いだすのは・・・。ニッチが馬鹿にされていると思うのも当然でしょう。

でも、ニッチはかわいらしかったですよ。崩したような表情になるのも面白いし、一人でてくてく宿の中を歩く姿も愛らしい。争いになったときも、ラグなんかよりもよっぽどか役に立っているしね。しかし、ラグも、素直にニッチをディンゴと認めてあげればいいのにね。ディンゴは、あくまで相棒であって、主従関係ではないんだろうしさ。

今回の中心人物ネリについて。ネリは、キリエの町を出てテガミバチになった人物を恨みつつも、弟のあこがれであったその人物にテガミを届けたいと思う複雑な思いをもっていましたね。キリエを出てユーサリに行けること自体が、このキリエの町では裏切り行為のようですが、あてつけもはなはだしいような・・・。自分のことを棚に上げて、出世していくものを妬む、人間としての醜い部分が凝縮した感じがするというか。弟のあこがれの人物だって、恨まれる理由はユーサリへ行った、その一点だけだし。で、ネリも大勢と同じ思いを抱いていたわけですが、たぶん弟も見る目のほうが正しいんだろうなぁ、と思ったり。そういえば、ネリは男だと思ったら女だと途中でわかる、という展開があったのですが、あれ、どう話として生きてくるんだろ?なんか大して意味なかったような・・・。

さて、次回はラグの通行証をもってユーサリへと向かおうとするネリの場面からですかね。どうも通行証だけでは、ユーサリにいけないようですけど。でも、どんな話になるのか、期待したいです。あと、今回出てきたニッチを買おうとしていた鳥を連れた男は、これからの話でどう絡んでくるのですかね。いろいろと気になるところも出てきた感じです。ということで、次回は、楽しみにしています。

テガミバチ 1 [DVD]テガミバチ 1 [DVD]
(2010/01/27)
沢城みゆき福山 潤

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。