五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『ささめきこと』その一「ささめきこと」感想

仕事は今日も忙しかったのに、アニメを見る気力はいまだ健在。書きますよ、感想。また、第1話ですけど・・・。で、『ささめきこと』でございます。原作は、マンガみたいですね。もちろん、読んだことありません。あんまり惹かれる感じはなかったけど、ネット配信、今でも無料で見れるし、感想書くのもいいかな、と。早いうちに、最新話まで追い付くぞ、そんな気でいきたいと思いますよ。では、第1話の感想です。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

友達内では、「かわいい女の子が好き」と公言してはばからない、風間汐。物思いにふける彼女が好きになった相手は、図書委員の先輩だった。浮かれる汐に、友達の村雨純夏は冷たい言葉を投げかける。純夏は、汐への思いを秘めていたのだった。そんなある日、図書室で作業していた汐に先輩がやってきて、「好きな人はいるのか」と尋ねられる。実は、先輩が思いを寄せていた男の子が、汐を好きだというのだ・・・、という話。

百合ですなぁ・・・。というか、同性愛ですなぁ・・・。昨今、一部でもてはやされる百合、それをリアルタッチに描く作品なのかな?それにいても、第1話からなかなか重苦しい雰囲気・・・。感想書き始めてからでなんですが、自分には合わないのではないかと思えてきたぞ・・・。恋愛を中心に据えた作品自体があまり得意でない自分。その上、百合だなんて・・・。せめて恋愛なら、男女の恋を取り扱ってくれたほうがいいです。あくまで個人的な趣向ですけどね。

恋をすると変わる人間、これは相手が異性であろうと同性であろう同じなのかな。汐の好きな人の一挙手一投足が気になる様子や、純夏の悶々とする気持ちは、よくわかります。些細な言葉の一つ一つに一喜一憂する様子とかもね。でも純夏、図書館の影から汐を見守っているのは怖い・・・。ストーカーみたいでした。同じ同性に恋をする女性ながらも純夏と汐だったら、汐のほうが好感はもてるなぁ。自分の殻に閉じこもって相手が振り向いてくれることを期待している純夏よりも、前に進もうとする姿勢がうかがえる汐のほうがいいと思います。・・・でも自分、タイプ的にどちらに似ているかと言えば、純夏・・・。だから、未だに・・・。

汐の恋焦がれていた先輩には好きな人が・・・、しかもその人は汐が好きだったという衝撃の展開。・・・あんまり衝撃的には思えなかったけどね。汐の恋は告白する前に破局してしまったわけだけど、先輩、結構正直に自分の思いを汐にぶつけるのね。先輩であるという立場をかなぐり捨てて、思いっきり泣いているし。ちょっと汐の前で泣きすぎのような・・・。汐の好きな人を知った純夏が、汐に皮肉をぶつける態度のほうがリアルだと思ったり。まぁ、汐とすれば、このぐらいはっきりと意思表示をしてくれたほうが、あきらめがつくのかもしれないけどね。実際、その後の汐もさっぱりしている様子だったし。でも、汐と先輩、この後図書委員で一緒になったとき、気まずいぞ・・・。

初回から、重苦しい恋模様が繰り広げられた第1話。こういう要素もあってもいいけど、もっと楽しい話がいいなぁ。登場人物が増えてくれば雰囲気も変わるのでしょうかね。それを期待して見ていきたいと思います。それ以前に、どういう話になっていくかも見当がつかないし。ということで、次回は楽しみにしてますよ。

ささめきこと 第1巻 [DVD]ささめきこと 第1巻 [DVD]
(2010/01/22)
高垣彩陽高本めぐみ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。