五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『キディ・ガーランド』第1話「ラッキー・アイテム」感想

パソコン画面の見すぎで目が痛いのに、今日はまだ書きます。『キディ・ガーランド』の感想です。感想書くのも今日からということで、まだ第1話ですけどね。なぜこの作品か。自分、前作の『キディ・グレイド』も見ているので、続編であるこの作品も見ておかねば、と。まぁ、『キディ・グレイド』を見たのも、随分と前のことなので、全然内容覚えてないんですけど・・・。劇場版もあったみたいですけど、それも見てないし。エクレール・リュミエールは覚えてますけど、それ以外のキャラクターは覚えてないという・・・。なんか思いのほかまっさらな気持ちで、この『キディ・ガーランド』を見てました。この作品も、早く追い付かねば。では、第1話の感想、いってみましょうかね。ちなみに、これもネット配信で見てますよ。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

「GTO」の喫茶室で働く、ESP候補生のアスクール。楽観的で早合点しがちな彼女は、仕事でもドジばかりしていた。ある日、アスクールと店長がブルマのことで喧嘩していると、そこに「GTO」局長がやってくる。アスクールが局長の応対をしていると、喫茶室に老人ばかりの集団がやってきた。だが、かれらは、老人の姿に扮し、局長の命を狙うテロリストだったのだ・・・、という話。

アバンのエクレールとリュミエールの姿、懐かしいなぁと思うのが普通でしょうけど、自分、「あれ?こんな話だっけ?」と思ってしまったよ・・・。『キディ・グレイド』の内容すら忘れているとは・・・。この時点で、自分のやばさに気付きました。続々と登場する『キディ・グレイド』のキャラクター、その変化に、本当なら楽しむところでしょうが、忘れてしまって全然楽しめない・・・。もう一度、『キディ・グレイド』を見直したほうがいいのかなぁ。劇場版という便利なものもあるし。

この『キディ・ガーランド』の主人公はアスクール。今回の彼女の印象は、これまた随分とアニメ的なキャラクターだなぁ、と。彼女の能天気なはっちゃけぶり、個人的にはちょっときついです・・・。多少ならまだかわいらしさも感じるのですが、ちょっとやりすぎなのでは、という感じがしました。もう少し彼女の言動が落ち着いてくれたらなぁ。

お話のほうですが、喫茶室に局長が来てから、テロリストとの戦闘になるあたりは面白かったですよ。アスクールの潜在能力の高さも窺えたしね。ただ、その後のテロリストの鎧がドラゴンになって、「GTO」本部を壊しまわるのは、・・・ちょっとやりすぎ・・・。さらに展開を盛り上げようとするのはわかるけど、飛躍しすぎというか・・・。ドラゴンもまだ、喫茶室内で暴れまわるだけにしてくれればよかったのに・・・。そういえば、こんな大事にESPメンバーはどうしていたんだろ?まさか局長たち以外は出払っていたのか?あと、局長もこの事態に対して指揮をとるところとかも見たかったです。局長が適切な対応をとるも、アスクールの行動に翻弄されるとかも見てみたかったです。

なんか、サンライズ8スタ作品をみているような感じがした第1話。主人公アスクールのノリはきついですけど、雰囲気は結構好きです。前作『キディ・グレイド』よりも、ハイテンションで軽いノリ、と感じましたけどね。今回見た限り、ちょっと軽すぎるきらいはありますが・・・。話が進んでいけば、物語に深みも出てくるのかな?そういったことを期待しつつ、次回は楽しみにしてますよ。

キディ・ガーランド OP主題歌 Baby universe dayキディ・ガーランド OP主題歌 Baby universe day
(2009/11/25)
ク・フィーユ(合田彩) アスクール(内田彩)アスクール(内田彩)

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。