五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『キディ・ガーランド』第2話「甘い、罠」感想

一日中、パソコン画面とにらめっこしていることにもさすがに飽きたので、夕方、本屋に行ってきました。しかし、日が落ちるのも早くなったねぇ。こんなに暗いとは。本屋で一冊だけ本を買いました。今、読みたくて仕方がありません。が、今日はもう一本くらい感想を書いておかないと。ということで、『キディ・ガーランド』の感想です。まだ、第2話ですけどね。では、早速、感想いってみましょう。

今回は、いまいち面白くなかったです。

前回の事件の反省として、警備システムを強化することになった「GTO」。システムを準備するトゥイードゥルディは、侵入者に対する罠を仕掛けていた。一方、喫茶室の仕事で「かぼちゃプリン」をもらったアスクール。入浴後にそれを食べることを楽しみにしていたアスクールだったが、食べる直前、ク・フィーユのちょっとした動きからそれをこぼしてしまう。すぐにでも「かぼちゃプリン」を食べたいアスクール、そして責任を感じるク・フィーユは、二人で「GTO」にある喫茶室に侵入するのだが・・・、という話。

あの~・・・、あまりにも主人公であるアスクールの言動が、イライラするのですけど・・・。どこでも「かぼちゃプリン、かぼちゃプリン」とうるさいアスクール、食事のときは「おかわり、おかわり」うるさいアスクール・・・。自分、能天気で明るい主人公は好きですけど、ここまでバカだとイライラしてしまう。さすがに自分本位で、わがまますぎるでしょう。子どもだと思えば、とも思ったけど、まだ子どものほうが周りの目を意識すると思うんだけど・・・。アスクール、もう少し落ち着いて、というか、周りを見えるようになってほしいなぁ。

ク・フィーユはいい子だと思いますよ。常識的だし、アスクールの面倒をちゃんとみる優しさもあるし。アスクールの保護者ですね、ク・フィーユ。なんか、ク・フィールがいることで、アスクールのどうしようもなさが際立っている感じもしますけど・・・。ク・フィーユも別方面でバカだったら、アスクールのバカさ加減も和らいだかもしれないような気もする。で、ク・フィーユの能力ってなんなんだ?情報処理関係に強い、記憶力がいいってことは分かったけど、能力としてこれ、というのは分からなかった。なんでしょう、気になります。

話は、アスクールとク・フィーユの「GTO」への侵入をギャグタッチで描いた話なんですが、なんかさむかった・・・。というか、やりすぎだったような・・・。ネット上で話題になっているようなネタをバンバンやる、それがあまりにもそのまますぎて楽しめなかった・・・。作風にも合っていない気がするし、やるにしても、もっとさりげなくやってほしい。あっ、二人の声色が変わるのは、ちょっと面白かったですけどね。

今回は、アスクールとク・フィーユのつながりの深さを描いた話だったのかな。ク・フィーユというキャラが見えてきたのは良かったのですけど、話はなぁ・・・。そろそろ、「GTO」が具体的にどんなことをしているのか、ということもしっかりと描写してほしいです。次回は、面白くなってほしいなぁ。とりあえず次回は、楽しみにしてますよ。

キディ・ガーランド OP主題歌 Baby universe dayキディ・ガーランド OP主題歌 Baby universe day
(2009/11/25)
ク・フィーユ(合田彩) アスクール(内田彩)アスクール(内田彩)

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎キディ・ガーランド#2甘い、罠

お団子頭のドゥルディーさんは、前回の件を参考に迎撃システムを開発してた。アスクールさんは、仕込みをしてた。そして、約束のカボチャプリンを渡す。冷蔵庫にプリンをいれてから、52回も開閉してた。そして、ミヌさんは料理を作る。料理食べた後、入浴シーンに移る。...

ぺろぺろキャンディー 2010年01月02日(Sat) 21:49


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。