五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『テガミバチ』第八話「シルベット・スエードに会う」感想

連休はいいですね。日曜の夜だというのに、明日への憂鬱を抱かなくてもいいし、時間もたっぷりある感じがする。自分、ここのところ休みが多かったので、そういったことにも慣れ始めた感もありますけど・・・。その分、12月に入ってからのことが、不安で不安で・・・。さて、日曜に書く『テガミバチ』の感想。昼間はやる気がなく、ぼけーっと過ごしてしまったため、今になって書くことに・・・。『テガミバチ』は、夜見たほうが雰囲気が合っているかな、なんて言い訳がましいことを思ったりしてますが。とにかく、今日ちゃんと感想書けるのでよしとしよう。では、第8話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

適性審査に合格したラグだったが、ゴーシュがテガミバチをやめたことを知りショックを受けていた。コナーに連れられて、ゴーシュの妹シルベットに会うことになったラグ。ラグを迎えたシルベットは、ゴーシュの使っていた心眼銃をラグに向ける。その心眼銃から、ゴーシュはここにいると思うラグだったが、そこにゴーシュはいなかった。シルベットから知る事実、それは首都勤務になったゴーシュだったが、ビーを解雇され今は行方不明になっている、ということだった・・・、という話。

自分の前から姿を消してしまった者をどう思うのか、どう行動するか、それを考えさせるような話だったと思います。行方不明になったゴーシュを、死んだとして割り切って捉えるシルベットと、自分のなかにいるゴーシュを信じ、彼を探そうと決意するラグ。そういった違いを鮮明にした話だったかな。一見、ラグのほうが正しく、シルベットは残酷な感じもしますけど、シルベットにとってはそう考えないと自分が壊れてしまうのが分かっていたからこそ、そう思わざるをえなかったのでしょう。それだけゴーシュのことを思っていたということの表れだろうしね。ほんとシルベットは、可哀そうな感じがしました。そんなゴーシュについて希望を抱けないシルベットを、ラグがいかに希望を見出してあげられるか。彼女を救うのは、それにかかっているように思います。

ゴーシュを捨てようと思うシルベットに対して、副館長を務めるアリアは強いなぁ、という感じもしました。ゴーシュと仲の良かった彼女は、ゴーシュを失うという傷を負いながらも、ビーを辞めることなく自分の道を進んでいるからね。カッコイイ女性だなぁ、と思います。まぁ、アリアがゴーシュとどういう関係だったのか、アリアがゴーシュのことを今と昔、どう思っているのかは、はっきりとは描かれてませんけどね。でも、立派に仕事をこなしていることからみると、傷を負いながらも力強く前に進んでいるのかな、と。そういえば今回、ザジやコナーといった他のビーたちの個性も描かれていたのは良かったです。ザジ、どこかに行ってしまったけど、もしかしてラグのためにゴーシュのことを調べに行ったのかな?ラグの前では強い口調だったザジも、こっそりラグのために行動する、ザジはツンデレ?ああいうキャラ好きですよ。

今回は、泣きに泣きまくったラグ。あの・・・、ラグが泣き虫だという設定はわかりますが、彼が鼻水も垂らしながら号泣すると、自分、興ざめしてしまうんですけど・・・。彼、どう考えても泣きすぎというかね。男だからこそ、もう少しカッコよく泣いてほしいというか・・・。いや、女の子でラグみたいな泣き方したらそれこそ問題か・・・。あと、ラグの、シルベットの家にゴーシュの心眼銃があるからゴーシュがここにいると思い込んで話を進めようとする、その態度も嫌い。というか、ラグってすごく思い込みが激しいよね。思い込むだけならいいのですが、それを前提として行動しようとするところがどうも・・・。どうしても、主人公のラグについては好きになれないなぁ。ラグ自身が泣くような話でなければ、まだ落ち着いて見ていられるんですけどね。

シルベットに追い出されるかのように出て行ったラグですが、ニッチの言葉で力を得たラグは、また再びシルベットの家を訪れる。どうやってシルベットに、ラグは希望を見出してあげられるのですかね。どうなるかは、なんとなく想像はつきますが・・・。今後、ゴーシュを探し出すラグの話、ということになっていくのでしょう。そんな感じに予想してますけど。とにかく次回がどんな話になるのか、次回も楽しみにしてますよ。

テガミバチ 1 [DVD]テガミバチ 1 [DVD]
(2010/01/27)
沢城みゆき福山 潤

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナナニーにも乳がある「テガミバチ」

治安が悪い諸外国からみれば、日本の「無法地帯」は「無縫痴態」ではあっても余りに無防備太平楽ではないのかと呆れられるのが常です。 ...

Anime in my life 1号店 2009年11月29日(Sun) 14:05


◎テガミバチ第八話「シルベット・スエードに会う」

アリアが、ゴーシュの妹シルベットに手紙を持ってくる。ゴーシュがテガミバチを解雇されてた。ということを、スルベットは、ラグに話す。ゴーシュは消息不明になった。シルベットはラグにもう二度とこないでくださいねという。ラグは、ニッチにラグがニッチのことを忘れた...

ぺろぺろキャンディー 2010年02月25日(Thu) 09:59


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。