五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6」参加記事

人間すぐには変われないようです・・・。

前回の第5回に続き参加させていただく、ピッコロ様主催の「今期終了アニメの評価をしてみないかい?」。またしても、締め切りが近付いてから参加と相成りました・・・。ピッコロ様、毎度遅くなってしまい、本当に申し訳ありません。

今回は、もっと早く書くつもりだったんですよ。これ、本当。でも、「今期終了アニメで見てないものも見てから・・・」とか、「『化物語』が・・・」なんて言い訳しながら先延ばしにしてしまい、その結果が、御覧の有様でございます。自分の怠惰さを痛感するばかりです。評価するにしても、遅くなればなるほど、記憶は薄れていくし、本当によくないと思っているんですがね。

さて今回、自分が評価するのは、感想を書いた7作品と感想書いていないけど見てはいる1作品(毎話感想を書いていない『シャングリ・ラ』『咲‐Saki-』『戦場のヴァルキュリア』の感想は、「観終わったアニメの感想」にまとめ感想として書いています)。後者の1作品は、『涼宮ハルヒの憂鬱二期』ですね。感想も書きたいし、書かなければとは思ってはいるんだけどねぇ・・・。今回の評価は、計8作品。前回よりは増えたかな?では、私ヴィッザの勝手気ままの作品評価、以下のとおりです。


真マジンガー衝撃!Z編

ストーリー :3
キャラクター性:3
画:4
演出:5
音楽:3
総合的な評価:4
<コメント>
第1話に総集編という度肝を抜く構成はあったけど、全体としてしっかり楽しませてくれましたかな、と。ただ、最終回の投げっぱなしが無ければなぁ・・・、総合的な評価「5」をあげたのに・・・。あと、時間経過があまりにゆっくりなことも気になりました。でも、良い作品だったと思いますよ。相変わらずの今川演出、個人的に大好きです。


バスカッシュ!

ストーリー:1
キャラクター性:2
画:3
演出:3
音楽:4
総合的な評価:1
<コメント>
主人公にイライラさせられながらも、アクションシーンでしっかり見せてくれた前半。が、後半になると、そのアクションシーンも・・・。主人公が目に見えて成長せず、周りが主人公を求めるような展開になるのは、やっぱりお話として気持ち悪い。主人公を取り巻く環境だけが複雑になっていくばかりで、キャラクターたちのドラマをしっかり魅せられなかったのも問題だったようにも思う。ロボットでバスケと、放送開始前は期待していただけに、残念な作品でした。


かなめも

ストーリー:2
キャラクター性:2
画:3
演出:3
音楽:2
総合的な評価:3
<コメント>
ギャグアニメだけど、ちらっとしんみりとしたシーンも入れる。うまいバランスでいい回もあったけど、全体としてみると、ギャグとシリアス、どっちつかずで中途半端な印象。なんとなく、出来のいい回と出来の悪い回が混然としていた感じでした。あと、百合だのなんだのと、個人的にキャラクターたちがちょっときつすぎました・・・。


うみものがたり~あなたがいてくれたコト~

ストーリー:3
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:2
総合的な評価:3
<コメント>
リアルな雰囲気の高校生が魔法少女に、うまくはまれば面白かったのかもしれませんが、う~ん、変身後の決めポーズが痛々しい・・・。人間の心に潜む光と影、その狭間で揺れるキャラクターたちの感情の描写は特筆すべきものがありました。光と闇という二項対立に煽る展開を仕掛けとしてつかったのも良かったのです。が、結果として導き出された結論がいまいち釈然としないものだったのは、非常に残念でした。


シャングリ・ラ

ストーリー:3
キャラクター性:2
画:3
演出:2
音楽:4
総合的な評価:3
<コメント>
気持ちの悪い作品という印象。そして、前半があまりにもつまらなすぎた・・・。でも、後半になり物語世界の仕組みと、主人公国子と支配者である涼子が何者なのか分かっていくにつれて、楽しめるようにはなりました。キャラクターたちは全体に冴えない印象がありましたが、オカマ二人は結果的にいいキャラだったなぁ、思います。脚本・演出などは、終始ツッコミどころの絶えなかった感じもありましたが、物語自体はうまくまとまっているように思いました。


咲‐Saki‐

ストーリー:3
キャラクター性:4
画:2
演出:4
音楽:3
総合的な評価:4
<コメント>
動きの少ない麻雀の試合を飽きさせないように魅せる演出、多くのキャラクターたちをうまく立たせる展開が見事だった作品。ライバルたちもしっかり個性を持ち、その個性と個性のぶつかり合いや、そこから生まれる駆け引きがとても面白かったです。麻雀としてはあまりにも現実的ではないのでしょうけど、これくらい派手にやってくれたからこそ楽しめたとも思います。ただ、不自然なまでの話の引き延ばしや、必然とはいえ投げっぱなしの最終回は非常にもったいなかった・・・。


戦場のヴァルキュリア

ストーリー:2
キャラクター性:2
画:3
演出:2
音楽:3
総合的な評価:2
<コメント>
いい回もあったのですが、全体を通して考えると・・・。人間ドラマは見ごたえはあったと思います。が、話の展開と戦争の描写に問題が・・・。とくに、セルベリアとアリシアがヴァルキュリアの力に目覚めてからは、あまりにも展開が大味になりすぎて、それまで少しずつ築いてきたものをすべてぶち壊してしまった印象です。あと、話がウェルキンとアリシアのことばかりで、第七小隊の面々の、戦争での役割とその個性がいまいち見えなかったのも残念でした。


涼宮ハルヒの憂鬱二期

ストーリー:0
キャラクター性:4
画:4
演出:1
音楽:4
総合的な評価:0
<コメント>
今期一番の話題作ですね。すべてをかっさらったといっても過言でない。さすが、京アニと『涼宮ハルヒの憂鬱』。二期になれば、話題性もなくなり注目もされなくなるという定説を、ことごとくぶち壊してくれました。なかでも注目の「エンドレス・エイト」は、おそらくアニメ史にその名を刻み、後世の語り草になることでしょう。自分、感想を書くためにこの作品をもう一度見返したいのですが、全く見る気になりません。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。