五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第34話「氷の女王」感想

今日は、二日酔いの影響か、アニメ見ても全然内容が頭に入ってこない・・・。それは、さっき書いた『夏のあらし!』の感想が散々だったことからもわかると思います。で、この『鋼の錬金術師』。一回見ただけでは、なんの感想も書けそうになかったので、二回見てしまいました。そう、いつもは一回見て、その記憶をもとに感想を書いております。普段から二回くらいは見て感想書いたほうがいいのでしょうけど、面倒くさいし・・・。二回見たからといって、いい感想が書けるわけでもないとは思いますが(今回はとくに間抜けな理由だし)、とにかく第34話の感想を書いていきましょう。

今回は、なかなか面白かったです。

ブリッグズ要塞にたどり着いたエルリック兄弟は、やっとアームストロング少将と向かい合って面談することができた。軍内部のことについて隠しつつ、錬丹術を知るためメイを探していると話すエルリック兄弟。なんとか要塞に留まることを許される二人だったが、要塞内の仕事をすることになってしまう。二人はこの要塞で、イシュヴァール人の血をひく軍人マイルズから少将のものの考え方を知り、またフアルマンとも再会する。そんななか、地下からホムンクルスが要塞に侵入してくる・・・、という話。

物語の新たな舞台、ブリッグズ要塞とそこを守る人々、アームストロング少将とその部下たち、について見せる話ですね。前回の登場で、非常に冷徹で独善的であるかように見えたアームストロング少将ですが、今回の話で、非常に合理的で、それと相反しないかたちで熱いものをもった女性であることがわかりました。まぁ、そういうキャラクターであることは、前回の話の段階で予想はついていましたけどね。

そのアームストロング少将の人となり、部下のマイルズの口から、彼自身が経験したエピソードを通して語られたのは非常によかったです。その人がどういう人物であるのかというのは、当人が自身について語るよりも、他者がその人をどう見ているかを語るほうが、説得力があるうえ、印象にも残るしね。特に、アームストロング少将の場合は、彼女の発する言葉自体は冷たい印象をもつものが多いし、その奥にある人間性と熱さというのは、他者の目から見たもののほうがより明確に見えてくると思います。しかし、少将の「差別をしている暇はない」(だっけ?)というセリフは、カッコよかったなぁ。自身の熱い思いを、端的にそれでもって合理的な理由で説明する、そこにアームストロング少将の魅力があるような気がしました。

エルリック兄弟にアームストロング少将について語ったマイルズ。赤い瞳をもつ彼は、イシュヴァール人の血を引いているのですね。純粋なイシュヴァール人でなく、彼、混血のようですけどね。少将の部下の一人、くらいで描かれるのかなぁ、と思っていた彼が、キャラクターとしてこんなしっかりとした背景をもっていたのはびっくりしましたよ。マイルズというキャラクター、物語の重要なファクターになりうる存在だとも思ったり。イシュヴァール人の血が混じっていることで迫害や憐れみの目で見られると思ったマイルズ、そんな彼を、そういうものを背負っているからこそ重用するアームストロング少将はすばらしいです。ギャグのように恐れる場面もありましたが、マイルズが少将に対して、尊敬や感謝の念をもっていることは、彼の語るエピソードからしっかり感じ取れましたしね。そういえば、マイルズのエドを試すようなやりとりがありましたが、あれはいったい何だったんだろう?

ブリッグズ要塞に地下から侵入してきたホムンクルス。彼、「メンドくせぇ」と言いながらひたすら地下を掘っていたみたいですが、どういうことをしていたんでしょう?エルリック兄弟はホムンクルスが自分たちを追ってきたと捉え、ブリッグズ要塞の連中は敵国の作戦だと捉えていましたけど・・・。たぶん、ホムンクルスの計画の一環で、領土内を地下でつないでいたのでは、と個人的には推測しています。でも、ホムンクルスの出現について、エルリック兄弟とブリッグズ要塞の連中で捉え方が違っていたのは面白かったですよ。そういえば、エドが少将に、ホムンクルスについて質問されていたけど、ホムンクルスという存在については、少将にこたえてもよかったんじゃない?ホムンクルスが軍の中心部とつながっていることは、ブリッグズ要塞の面々を巻き込むことになってしまうし、問題を大きくしかねないけど、ホムンクルスと呼ばれる存在がいる、ということについてはしゃべっても何の問題もないと思うし、少将も対処がしやすくなると思うんだけどね。

銃の効かないホムンクルスに対して、アームストロング少将がどういう対処をするのか。それが描かれるのは次回ですね。エドたちもホムンクルスについてさらに少将に言及されることになるだろうし、どうなっていくのか。予告で、マルコーとメイの姿もありましたが、そういえば今回、かれら登場しませんでしたね。ひたすらブリッグズ要塞での話に終始した今回、そういう話のつくりよかったと思います。さて次回、いろいろと気になることが多いですね。ということで、次回も、楽しみにしてますよ。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 4 [Blu-ray]鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 4 [Blu-ray]
(2009/11/25)
朴ロ美釘宮理恵

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 34話「氷の女王」

オリヴィエ少将にブリッグズへ来た目的を話しますが・・・

新しい世界へ・・・ 2009年11月29日(Sun) 20:02


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第34話 「氷の女王」 感想

ようやくブリッグズ要塞に辿りついたエドとアルは、早速そこの指揮官・オリヴィエに 自分たちがここに来た経緯と目的を話しメイ捜索のため...

ひえんきゃく 2009年11月29日(Sun) 20:08


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第34話「氷の女王」

ブリッグズにやって来たエドを襲ったのは、しもやけ! 雪山をなめてはいけませんねw とりあえずエドのアンテナはまだ無事です。 でもこの...

空色きゃんでぃ 2009年11月29日(Sun) 20:32


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第34話「氷の女王」

オリヴィエ少将に威圧されつつも、エドたちはブリッグズに来た目的を話し協力を請うが。 気候厳しい要塞内のこと、働かないといけません(笑...

SERA@らくblog 3.0 2009年11月29日(Sun) 20:49


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第34話「氷の女王」

「ブリッグズ流を見せてやる――!」 新たなホムンクルスの登場…! 今回もオリヴィエ姐さんがカッコ良過ぎる!!   【第34話 あらすじ】 ...

WONDER TIME 2009年11月29日(Sun) 21:30


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第34話「氷の女王」

氷の女王のイメージって冷たい感じがしますが、 オリヴィエ・アームストロング少将は熱血とは違った熱い魂をもった、 立派な漢でした!!!(マテ

明善的な見方 2009年11月29日(Sun) 23:07


(アニメ感想) 鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第34話 「氷の女王」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 5 [DVD]クチコミを見る ようやくブリッグズ要塞に辿りついたエドとアルは、早速そこの指揮官・オリヴィエに自分たちがここに来た経緯と目的を話しメイ捜索のための協力を願う。メイを見つけるまでの間、要塞内の仕事を手伝う事になった...

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2009年12月01日(Tue) 00:35


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。