五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『ささめきこと』その八「Ripple」感想

今週は、仕事の大変さも少しは落ち着くかなぁ、と期待していたんですけど、全然そういうこともなく・・・。このまま大変忙しい時期に突入してしまうのか、と不安でいっぱいになっています。あ、たぶん、クリスマスあたりから年末年始になると、ブログなんてかまっていられない状況になるかと思います。その頃になると、休みの日も倒れているだけで終わってしまいそうだし。あらかじめ書いておきますね。さて、ネット配信で視聴している『ささめきこと』の感想。今回は、第8話。では、感想いってみましょう。

今回は、なかなか面白かったです。

純夏のクラスで、朋絵とみやこがつきあっているのでは、と話題になっていた。朋絵とみやこの二人を交え、そのことで盛り上がっていると、急に教室の隅にいた蒼井あずさが怒りだしてしまう。そんなあずさに朋絵は、キスをするのだった。教室を飛び出すあずさ、追いかけた純夏が見たのは、百合小説の作者に思いをはせるあずさの姿だった。しかも、彼女が心酔していたのは、汐の兄の小説だったのだ。作者のことを知っている純夏のことを気に入るあずさ。階段でこけそうになるあずさを救おうとし、彼女の上になった純夏をたまたま汐が目撃してしまう。そんな純夏に、なぜか涙をみせる汐。そのことが気になり、汐に対してぎこちなくなる純夏だったが・・・、という話。

いろいろと話の展開が多くて、上の話の要約がうまくまとまりません・・・。今回の内容の半分くらいしか書けていないし・・・。単に、自分の技量不足ですけどね。さて、今回の話は、これまでちらちらと姿が見えていたあずさが、本格的に物語に絡んでくる、というものでした。結構いいですね、あずさというキャラクター。彼女も百合のようですけど、彼女のなかでは、百合というのは、密やかに、慎ましやかにあるものだ、という理想があるようで。個人的には、百合があけっぴろげでも、慎ましやかでも、どちらでもいいのですが(そもそも百合自体にそれほど興味がない)、汐や朋絵、みやことは違うタイプの女の子が話に絡んできたのが面白かったです。百合としての態度としては、一番近いのが純夏のような。純夏とあずさも結構、お似合いなのかな?

あずさの好きな作者は、ペンネームを使っている汐の兄でしたね。そうか、汐の兄、百合小説を書いているのかぁ・・・。それで、汐が百合に・・・。そんなことは無いとは思いますが、兄妹そろって百合の素質はあるということのような・・・。百合に萌える汐の兄、・・・あんまりみたくない感じもしますけど(笑)。しかし、あずさが作者のことを汐の兄とは知らず、女性だと思い込んでいるのが、純夏や汐にとってはつらいですね。正直に語って、あずさを幻滅させるのも心ぐるしいだろうし、嘘で塗り固めるのも、良心の呵責があるだろうし。それにしてもあずさ、彼女が書いたもの、「研究序説」ってなっていたぞ・・・。け、研究書かよ・・・。感想なんかとはわけが違う。彼女、学者気質なのですかね。というか、かなりオタクっぽい感じも・・・。気に行った純夏の家を、その日のうちに訪れているし、百合はかくあるべき、みたいな理想も強く抱いているし。で、純夏のことを、本当に気に入ってしまったのね。純夏、汐にはなかなか思いを伝えられないけど、他のキャラクターからはモテモテじゃないか(笑)。

純夏があずさに馬乗りになっているところを汐が見てしまい、涙を流す汐。はじめはなぜ泣くのかわからなかったけど、その後の汐と純夏のやりとりから察するに、ああいう姿こそ、汐が嫌悪する男性の姿なのかな、と思いました。力で女性を支配しようとする、男性のそういう側面が嫌いだからこそ、彼女は女性を好きになるのですかね。で、親友である純夏が、そんな男性のようなことをしている姿に見えたからこそ、ショックで涙を流した、と。汐のそういう性格、それは彼女がかわいい子を好きになるということにもつながるようにも思えました。つまりは彼女はSである、と。支配欲が強い、と。しかし、汐が、純夏が弱い女の子を襲うようなことをしてほしくない、という思い、それは、汐が純夏のことを好きになる可能性があることを示しているのか、それとも単に、親友として純夏を失いたくないという思いからなのか。なかなか難しいですね。

同じ百合でありながら、あずさと朋絵・みやこが対照的のようにみえるとともに、あずさと汐も互いにおとなしい性格ながらも、その趣向には隔たりがある。一言で百合と言っても、千差万別。そんな印象をもった今回の話でしたよ。結構、あずさは女子部の面々をひっかきまわすような存在にもなりそうです。さて、次回はどんな話になるのでしょう。あずさも物語に絡んでくるようになったし、次回も楽しみにしています。

ささめきこと 第2巻 [DVD]ささめきこと 第2巻 [DVD]
(2010/02/25)
高垣彩陽高本めぐみ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎ささめきことその八『Ripple』

ウシオちゃんがないてるシーンからはじまる。ムラサメさんが泣かしてた。これは、結末を先に言うパターンのやつや。にゃんこいで、ジュンペイがカエデのパンティーを盗んで最低といわれるパターンや。ムラサメさん、クラスメイトにトモエとミヤコが付き合ってるのかきかれ...

ぺろぺろキャンディー 2010年03月03日(Wed) 02:42


☆ささめきこと その八 『Ripple』

作家のマサカさんの話をする。 ちなみに、オリノマサカは、ウシオのお兄ちゃんだった。

F-Shock DL Blog 2011年09月13日(Tue) 23:31


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。