五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『キディ・ガーランド』第4話「子守特務」感想

今週は、『キディ・ガーランド』強化週間?遅れまくっている『キディ・ガーランド』の感想を、なんとか追い付こうと書いています。といっても、昨日からなんだけど・・・。早いうちに、最新話に追い付きたいなぁ。まぁ、今週中には、たぶん無理なような感じもしますけどね。では、第4話の感想、いってみましょう。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

局長室に足を運んだアスクールとク・フィーユは、特務としてディアという少女の子守を命じられる。ディアがどういう身分の少女かもわからないまま、GTOを案内して回る二人。本物の太陽も空も見たことがないというディアのために、裏庭に出て遊ぶ三人。だが、外で遊び、三人がすっかり打ち解けた仲になったころ、謎の二人の敵がアスクールとク・フィーユの前に現れる・・・、という話。

第1話以来の戦闘回だった今回。で、面白かったかというと・・・。なによりもまず、敵の方言が・・・。敵をキャラクターとして特徴づけようとするのは分かるが、なんかこなれてない感じがするというか、ぎこちないというか・・・。声優さんの力量の問題かもしれませんが、敵はどっしりと安定感のあるしゃべりのほうがいいとおもうんだけどなぁ。もう少し魅力ある感じで演じてほしいところ。これからも、あの二人とは戦っていくことになるのでしょ?

アスクールとク・フィーユの二人が面倒をみることになった少女ディア。七歳ということと、ESメンバー候補生だ、ということはわかりましたけど、それ以外は一切明かされませんでした。なんにせよ、子どもはかわいらしいですね。でも、ディア、普段のアスクールよりも、断然精神年齢高いんじゃない?子どもながら、ちゃんと周りを気遣うこともできるみたいだし。というか、ディアがいることで、アスクールのうざったさが半減。さすがのアスクールも、子どもがいれば、お姉さんとして振舞うようになるのか・・・。ディアの登場に関しては、このことがとてもよかったです。ところで、ク・フィーユの年齢がディアと同い年ということが言われてましたけど、どういうこと?なんか気になります。

ディアがアスクールにキスをすることで、アスクールの能力がアップ。ディアの能力は、ブースターみたいなものなのかな?見習いであるアスクールとク・フィーユの二人には、ディアの能力が必要なものとなっていく、ということになりそうですね。と同時に、子どもであるディアが二人の弱点にもなっていくような感じもしますけど。で、ディアの能力アップの能力、これは一時的なものなのか、それとも能力自体を底上げしたものなのか。どうなんでしょう?ディア自身の能力はよかったのですが、能力が上がって敵を追いつめたアスクールが、それを自分だけのおかげだ、と思っているところは嫌だったなぁ。少しぐらいはなんで能力が上がったのか、疑問に思ってくれないと。相変わらず、主人公のアスクールは、好きになれません。

仲の良さを表したような三人の歌はまだ流すには早いんじゃない、とか、敵は本当にアスクールとク・フィーユを倒す気があるの、とか、いろいろと気になった今回。この作品、第4話まで見てきても、どうもあか抜けない感じがします。でも、少しは話は動き始めましたし、今後盛り上がってくれることを期待しましょう。で、次回は、ク・フィーユが主役の話なのかな?彼女、おばけが苦手なようですけど、それがテーマとなる話みたいですね。どんな話になるのか、次回は、楽しみにしてますよ。

Baby universe dayBaby universe day
(2009/11/25)
アスクール&ク・フィーユ(内田彩&合田彩)

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎キディ・ガーランド#4子守特務

局長がアスクールたちにディアの子守の依頼をする。そして、アスクールたち着替える。クフィーユ、黒のブラジャー、アスクール、ピンクのパンツだった。ディアに両親のことを聞くが、わからなかった。ディアは7才だというが、実はクフィーユも7歳だった。そして仲良くな...

ぺろぺろキャンディー 2010年02月12日(Fri) 01:32


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。