五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『テガミバチ』第十一話「嘘テガミ」感想

今日は、意外と早く仕事が終わってくれてよかったです。これで、『テガミバチ』の感想が書ける。ということで、昨日書く予定だった『テガミバチ』の感想です。この『テガミバチ』、こちらでも遅れることなく放送してくれるので、本当なら昨日のうちに感想を書いてしまいたかったんだけどね。でも、『夏のあらし!』の感想も残っていたし、仕方がないのかな、と。まぁ、今日書いてしまえば、書く感想を貯めてしまうにもならないしいいでしょ、とも。ということで、第11話の感想、いってみたいと思います。

今回は、なかなか面白かったです。

テガミの集荷にいったラグ、そこには母親に嘘のテガミを書く若者がいた。作家を志している若者は、才能を全然認めてもらえず、生活にも苦しんでいた。しかし、母親には心配をかけまいと、嘘のテガミをつづっていたのだ。そのテガミを受け取ったラグ、テガミは心、とゴーシュの言葉を信じる彼はその配達に乗り気ではなかった。それでも、吊り橋の向こうの母親のもとへテガミを届けようとするラグは、吊り橋の上で母親に会いテガミを渡そうとする。だが、そのとき下の崖から鎧虫が現れた・・・、という話。

個人的に、この作品、今回のように一話完結でほろりとさせられるような話を望んでいました。やっぱりこういう話が似合っているよ。夢をかなえるために、都会へ出て、苦しみながら頑張る若者と、田舎で息子のことを気遣う母親、それだけで泣けます。母親に心配かけまいとする若者のやさしさもいいし、若者の書くテガミが嘘であることを分かりながら見守る母親もいい。

ただ、今回の話、二つのテーマがあり、それがうまくかみ合っていない感じがしました。そのテーマというのは、一つが「嘘のテガミに心はあるのか」ということであり、もう一つが「心をのぞける能力をもつラグはBEEに適しているのか」ということ。結論的には、「嘘のテガミにも心がある」、「ラグは心をのぞける能力があるからこそBEEに適している」となるべきで、話もそうなりました。ラグが嘘のテガミに心弾銃を当てることで、若者の本当の心がわかるというかたちでね。でも、ラグが嘘のテガミに心弾銃を当てて、若者の本心がわかったことで、そのテガミが嘘であるという意味が希薄になってしまったという印象がありました。嘘のテガミで若者の本心が見えてしまうのはどうなのか、って感じもするしね。母親にとっては、テガミに書いてあることが嘘だからこそうれしい、ということになるか、嘘のテガミはいらないけど、息子の本心が知ることができてうれしい、となるか、このどちらかになってくれたほうが話がすっきりしたのではないか、と。なんか、間を狙って、どっちつかずに感じたというかね。うまく説明できていませんが、出された二つのテーマをこの結論でうまく消化したといっていいの?、と違和感がありました。まぁ、それでも若者の本心の部分で、感動していた自分がいるのですが・・・。

そういえば、ステーキが持ってきてしまった、若者の本心で書いたテガミ、あれはどういう意味があったのだろう?本当のテガミも、嘘のテガミとともにラグの心弾銃に反応して若者の心を写し出したとすれば、嘘のテガミがもつ心の意味が薄くなってしまうような感じがするし、そうでなければ、わざわざ存在する意味がわからないし・・・。う~ん、よくわからん。若者の心=テガミ、それが嘘だけでなく、ちゃんと真実ももっていますよ、という表れだったのかな。それにしても、作家志望の今回の若者、嘘=フィクションがうまく書けないようでは、作家になるのは難しいような・・・。ノンフィクション作家になればいい?、それならありかもしれない。

ニッチのパンツに相変わらずこだわるラグが、パンツマニアのようにも見えてきた今回。シルベットのパンツに何を思ったんだ、ラグ・・・(笑)。それはいいとして、今回、ラグが大泣きしなかったことで、しんみりと心にしみる話になったのでは、とも思えましたよ。泣いたのも、若者の本心を知り、うれしがる母親のところだけだったしね。次回も、この調子でお願いしますよ、ラグくん。で、次回は、クリスマスも間近ということで、それに因んだ話なのかな。ラグたちBEEがサンタの格好していたしね。どういう話になるのでしょう。次回も、楽しみにしてますよ。

テガミバチ 1 [DVD]テガミバチ 1 [DVD]
(2010/01/27)
沢城みゆき福山 潤

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) テガミバチ 第11話 「嘘テガミ」

テガミバチ 1 [DVD]クチコミを見る テガミバチとしての日々を送るラグは、ある日、ヴィンセント・オルコットという若者の家に集荷にやってきた。本にうずもれたホコリだらけの部屋で暮らすヴィンセントは、作家を志すもののなかなか芽が出ずにいたが、故郷の母を心配させ...

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2009年12月15日(Tue) 21:36


◎テガミバチ第十一話「嘘テガミ」

ラグは、仕事にでかける。ニッチは、シルベットのパンツははかされてた。ピってなってた。そして、ビーの人に話しかける。ビーが手紙の中身にまで干渉するのはいかがなものかという。レターズスルードアをする。そして、手紙の収集にいくが、まだ書いてる途中だった。手紙...

ぺろぺろキャンディー 2010年03月10日(Wed) 12:10


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。