五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第37話「始まりの人造人間」感想

したいこと、することが多すぎて、本当に今日は時間が無い・・・。休みの日には恒例となっている、昼寝もままならないってどういうこと?「今日は後、あれとこれをして」なんて考えていると、アニメ見ていても集中できない感じがするし・・・。全然、休みって感じがしないです。師走って、ほんとあわただしいんだな、と今更ながら思いますね。それでも、今日はちゃんと感想を書きますよ。『鋼の錬金術師』の感想、当日に書けるのは今日までで、来週はたぶん遅れることになるかと思います。仕事が忙しくなるので・・・。それでも来週分も、今年中には書きたいとは思っていますけどね。年末年始は本当に忙しいんだ・・・。では、第37話の感想、いってみましょうか。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

エルリック兄弟のもとへウェンリィを連れてきたキンブリー。彼女の人質としての意味の重さを痛感するエドとアルだったが、当のウェンリィはキンブリーを信用していた。キンブリーは、ウェンリィを盾に、エドに国家錬金術師としての仕事を与える。そこには、エドに流血沙汰を起こさせるようなことも含まれていたのだった。一方、ブラッドレイの家を訪れたリザは、後ろに不気味な気配を感じる。振り向いたときいたのは、ブラッドレイの息子のセリムだった・・・、と言う話。

まさに群像劇、という話のつくりだった今回の話。物語の舞台の地にはいないロイやリザなども登場しましたが、かれらも「ホムンクルス」と「ブリッグズ」というキーワードで各々つながっていたのは興味深かったです。ただ、今回、一般人であるウェンリィが、エドたちが抱えている問題の一端に触れる、エドたちに真実の一端を聞かされるという話でもあったのだけど、その部分であまり盛り上がるような感じが無く、あっさり流れていた印象だったのは残念でした。ウェンリィの理解も、妙に早かったしね。まぁ、今回、ウェンリィが知ったのは、あくまでも真実の一端だし、彼女もこれからもっと深い部分に触れることになるのでしょうし、今回はこのくらいあっさりした感じでもいいのかなぁ、とも思いますけど。むしろ今回は、エドとウェンリィの信頼関係を再確認する話と捉えるべきなのかもしれないですね。そういえば、今回の話の序盤はずいぶんとギャグ描写が多い印象でしたが、違和感なく楽しめましたよ。というか、今回は序盤、このノリで最後まで行くの?それでもいいんじゃない、なんて思ったくらい。エド、オートメイルをウェンリィに修理してもらっているときに、急に変なことを考えてしまい暴れまくっていましたが、あの場面で面白かったのはキンブリーが終始あの場にいたこと(笑)。警戒すべきキンブリーがいながらおバカなことを繰り返すエドたちも面白かったが、それを見ていたキンブリーはどう思っていたのでしょうね。心の中で、一緒になって楽しんでいたのか、それとも白い目で見ていたのか?たぶん、後者でしょうけどね。

ブラッドレイ邸に訪れたことで、セリムの謎に気づいてしまったリザ。セリムもホムンクルスだった、と。なるほど、彼にも裏があったのね。プライドだったっけ、名前?で、かれのホムンクルスとしての能力は、影にはいりこむことができ、影を自在に操れることなのかな。諜報や観察に長けた能力みたいですね。ブリッグズの地下トンネルで兵たちを襲ったのも彼なのでしょう。遠く離れたセントラルとブリッグズ、こんなところで話がつながってくるとは、びっくりしましたよ。それにしても、セリムの能力は怖いですね。隠しごとはできず、全部ホムンクルス側へ情報が流れて行ってしまうわけだし。そういえば、以前にエルリック兄弟がセリムによってブラッドレイ邸に招かれ、ブラッドレイと緊迫したやりとりをしていましたが、かれも能力をつかったセリムの仕業なのかな?とすると、あの場面、エルリック兄弟とブラッドレイ、ともどもセリムの手の中で踊らされていた、ということに・・・。始まりのホムンクルスと名乗っていましたが、ブラッドレイさえ、いいように扱うと考えると、彼はとんでもなく恐ろしい存在ですね。今回、そんなセリムの存在、正体を知ってしまったのはリザだけ、というのも、今度どう物語が進んでいくうえで興味深かったですよ。

エドがキンブリーに言われた国家錬金術師としての仕事、①スカーの捜索②マルコーの捜索③ブリッグズで悲しみや憎悪が巻き起こることを起こす、だったっけ?ウェンリィという人質と、賢者の石という餌を使い、エドに仕事を受けさせようとするキンブリー、ほんと交渉上手ですね。というか、人質の存在がいる時点で、エドにとっては受けざるを得ない仕事になっている感じはしますけどね。そんなキンブリーがホムンクルス側にいる理由、それはホムンクルスによる変革でどうなるかを見届けたい、ということのようです。ある意味、観察者、傍観者として、人間とホムンクルスの争いに立ち会いたい、と。なんかシロッコみたいだなぁ、と思ったり・・・。白い服着ているし、雰囲気的にもなんか似ている感じがするし。それでも、彼が人間側でなく、あくまでホムンクルス側につくのは、自分の錬金術の能力を思いっきり使えるからみたいですね。このことこそ、先に書いた建前的な理由以前に、キンブリーがホムンクルスに協力する一番の理由のような気がします。彼の本質的な破壊願望を、理論で正当化し、自分自身も含めて納得させる、これがキンブリーが行動の仕方なのでしょう。なんて思ったりしました。そういえば、ウェンリィでの回想での、いい人キンブリー、あれは笑えた。歯の浮くようなセリフの連発だったし、笑顔までみせてるし・・・(笑)。これまでの彼の残忍さを知っていると、演技している、というのが丸わかりで噴き出しそうでした。もし、笑顔の時、白い歯がキランとでも光ってくれたら、笑い転げていたかもしれません。

結局、キンブリーからの仕事を受けたエド。エドには、三番目の仕事を回避する手立てはあるのでしょうかね?で、一番目のスカーの捜索ということで、エドとアルだけでなく、ウェンリィまでついて行くことになった一行。エドにとっては、彼女がついて来てくれたことはいいことだったのかな。どっちがいいのか、難しいところだと思うけどね。ウェンリィにしてみたら、一緒に行って何をしようというのか気になったり。やっぱり、エドたちの近くにいて、エドがいつでも仕事から逃げられる状況、キンブリーが彼女を盾に脅すようなことがないようにする事態を作らせないようにするためだったのかな。ということで、次回、スカーとの対決になるようですが、どうなるのでしょう。あれ?、予告では、ウェンリィがスカーを殺そうとしている?今年最後の放送になる次回、どんな展開が待っているのか、楽しみにしてますよ。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 5 [Blu-ray]鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 5 [Blu-ray]
(2009/12/23)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第37話 「始まりの人造人間」 感想

ブラッドレイの策略でブリッグズ要塞へ連れて来られたウィンリィ。 エドとアルは、改めて自分たちの存在がホムンクルスら、敵側の手の内に...

ひえんきゃく 2009年12月20日(Sun) 19:35


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第37話「始まりの人造人間(ホムンクルス)」

ウィンリィを連れて現れたキンブリー。 ブラッドレイの指示でしょうが…。 ここでウィンリィの両親を話をしたりと見事な悪役ですね(笑) ...

SERA@らくblog 3.0 2009年12月20日(Sun) 19:47


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第37話「始まりの人造人間」

「私はいつでも 貴方の影から見ていますからね」 ついにアノ人の本性が明らかに!!(汗) そして、エドはキンブリーに仕事を言い渡される事に! ...

WONDER TIME 2009年12月20日(Sun) 21:43


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 37話「始まりの人造人間(ホムンクルス)」

キンブリーに連れられて来たウィンリー。 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 4 [Blu-ray](2009/11/25)朴ロ美釘宮理恵商品詳細を見る

新しい世界へ・・・ 2009年12月20日(Sun) 23:37


(アニメ感想) 鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第37話 「始まりの人造人間(ホムンクルス)」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [DVD]クチコミを見る ブラッドレイの策略でブリッグズ要塞へ連れて来られたウィンリィ。エドとアルは、改めて自分たちの存在がホムンクルスら、敵側の手の内にある事を強く感じる。一方、消息の途絶えた捜索隊を探すため、バッカニア...

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2009年12月21日(Mon) 02:42


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。