五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『はなまる幼稚園』よん「はなまるなデート」「はなまるなお手伝い」感想

まだ酒が残ってる・・・。昨日も飲みに行ってました・・・。ここのところ、週一のペースで飲みに行っているよ気が・・・。まぁ、お酒は好きだし、飲み会は楽しいので満足してはいるのですがね。ただ、こんな生活だと、どうしても感想を書くペースがうまく作れないのが困りもの。以前ののんびりと感想を書けるような落ち着いた日常を取り戻したいような、また楽しく飲みたいような・・・。両方とも好きなことなので、どうしていくべきか、難しいものです。さて、昨日書くつもりだった『はなまる幼稚園』の感想。今回は、第4話です。では、感想、いってみましょう。

今回は、なかなか面白かったです。

マンガを読んで、夢のような恋愛をしたいと思う杏。夢のような恋愛、杏は大好きな土田先生とデートを、柊と小梅の協力を得て実現させることになる。幼稚園のお庭での杏と土田先生のデート、土田先生への思いをストレートに表現する杏に対して、土田先生はうまくはぐらかすような言動を繰り返す。杏はそのことに傷つくのだが・・・、という話。

幼稚園での杏と土田先生のデートの話と、杏が山本先生のお手伝いをするという話の二本でした。今回はともに、杏が大人の真似ごとをするという話だったかな。大人になりたいという思いからくる、幼稚園児の杏の大人びた行動、それに対して、大人である土田先生や山本先生が優しく接する、という感じでもありましたね。大人である二人の先生の視点から杏をみることで、杏のかわいらしさが強調されることにもなっていて、面白かったです。また、二つの話を一話として見せることで、新人でまだうまく園児に付き合えない土田先生と、園児を傷つけないようにうまく接する山本先生の差も見えたようでもありました。

一本目の杏と土田先生のデート、幼稚園のお庭でしていたこともあり、おままごとの延長のような感じでもありました。泥の飲み物やデザートだし、張りぼての星空だったしね。でもそれが、杏たち園児のかわいらしさを感じさせるようでもあり、それに付き合う土田先生、幼稚園の先生の大変さを感じさせるようでもありましたよ。まぁ、土田先生が、杏とのデートを一緒に楽しんでしまおうという感じではなく、無理やり付き合わされている感じだったのは、先生の未熟さからくることのようでもありましたけどね。また、杏と土田先生のデートを盛り上げるべく裏方役に徹する柊と小梅、この二人がとてもいい(笑)。自分が積極的に楽しむようなことにはならないと思うけど、二人は、こういう役回りは好きなほうなのかな?たぶん、柊は好きそうな感じはしますけど。一方の小梅はどうなんだろ?小梅、喫茶店(?)では、ウエイトレス役としてずっと立っているだけだったし、星空では、流れ星役・・・(笑)。流れ星役の小梅は、結構熱演していたようで、とてもよかったですよ。かわいらしかったし。結局、土田先生は、その場しのぎのような会話でデートを打ち切ったわけだけど、子どもには、その場しのぎは通用しないということなのかな。

二本目の杏が山本先生のお手伝いをする話、山本先生、お手伝いをしたがる杏の扱いがうまいうまい。杏の自意識を傷つけないように、ちゃんとお仕事を与えて、先生はそのフォローに徹する、これが子どもへのいい接し方なのかもしれません。まぁ、どう考えても、杏に仕事を与えず、先生自らがしたほうが楽なのでしょうけどね。杏、仕事はちゃんとしても、散らかしっぱなしだし。でも、お手伝いしたいという杏の気持ちを萎えさせることなく、しっかりと物事を進める、それが山本先生の幼稚園の先生としてのうまさだと思いましたよ。自分が山本先生の立場だったら、たぶんだんだんとイライラとしてきそう・・・。でも、キレることなく、温かく接してしっかりフォローする、その懐の広さに山本先生のすごさを知ったような感じもしました。最後には、杏はすっかり山本先生に懐いていましたが、やっぱりこういう先生はいいよね。そういえば、山本先生に見とれた杏が、そのことを聞かれて、「なんでもない」と答えるところは、子どもらしい感じがしてとてもかわいらしかったです。

杏の、子どもらしく大人の真似ごとをして、成長したいという思いが詰まったような今回の話だったと思います。なんかこういう子どもの様子のは、現実であったとしても温かく見守りたいなぁ、そういう思いを抱きます。まぁ、これが子ども。子どもというのは、こういうことを繰り返して大人になっていくのでしょうけど。さて次回は、やっと小梅の話?どんな話が待っているのが、次回も楽しみにしてますよ。

青空トライアングル青空トライアングル
(2010/01/27)
小梅(MAKO),柊(高垣彩陽) 杏(真堂圭)杏(真堂圭)

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) はなまる幼稚園 第5話 「はなまるな探偵団 / はなまるな初恋」

はなまる幼稚園 4 (ヤングガンガンコミックス)クチコミを見る 杏は、日曜日にどこかへ遊びに行こうと土田先生を誘いましたが、あっさりと断られてしまいました。土田先生が断ったのは、女の子との約束があるからに違いないと疑う杏。 不安に駆られる杏に対し、柊は土田先...

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2010年02月09日(Tue) 23:33


はなまる幼稚園 第5話 「はなまるな探偵団/はなまるな初恋」

日曜日に遊びに行こう誘ったのに土田に断られ、杏は約束あるのではと疑う。 そんなのを追うのは探偵…なんてコナンな柊(笑) 土田を尾行...

SERA@らくblog 3.0 2010年02月11日(Thu) 23:24


はなまる幼稚園 第4話「はなまるなデート/はなまるなお手伝い」

今回も杏ちゃん、つっちーにもうあたっく! でえとごっこで(^_^;) 杏ちゃんはおめかししてノリノリ、それ以上に… ひーちゃん、ノリノリでコスプレwww 一体いくつ衣装持ってるんだこの子は ひだまりの吉野屋先生とメチャメチャ話が合いそうだなw きらき...

のらりんクロッキー 2010年02月12日(Fri) 09:21


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。