五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『はなまる幼稚園』ろく「はなまるなプール」「はなまるな作戦」「はなまるなお兄ちゃん」「はなまるなお泊り」感想

昨日もまた、飲みに行っていました。ほんと毎週飲みに行っている状態なんですけど・・・。そして来週も、すでに飲みに行く予定が・・・。昨日は、そんなに遅くまで飲んでなかったし、今日は元気なんですけどね。でも、なにがきついかって、お金が・・・。他のことに回せるようなお金まで吸い取られていくようになくなって、今の私は緊急財政事態です。まぁ、飲みに行くこと、楽しいから後悔はしてないですけどね。ということで、昨日書くはずの『はなまる幼稚園』の感想。今回は、第6話。では、早速、感想いってみましょう。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

プールがはじまった、はなまる幼稚園。杏は、土田先生に魅力をアピールしようと、派手な水着を着てきた。だが、土田先生は、山本先生の水着姿ばかりが気になる様子。杏たちは、土田先生の気を引こうと、いろいろなことを仕掛けるのだが・・・、という話と、
ある女の子がはなまる幼稚園にやって来た。それは、土田先生の妹だった。彼女は、土田先生の普段の生活のだらしなさを心配し、その仕事のだらしなさも心配していたのだ。案の定、彼女が心配するような兄の仕事のだらしなさ。しかし、山本先生にそうやって見ると、その部分ばかりが目につく、と指摘され・・・、という話。

タイトルは4本あるような感じですが、大まかに言って、プールでの話と、土田先生の妹がはなまる幼稚園にやってくる話の二本でした。今回も、一本目は、子どもの杏が見る土田先生という話で、二本目は、大人よりな目線の土田先生の妹が土田先生を見るという、違う視点で土田先生を見るという二本でしたね。個人的には、一本目は、いつものお話、という感じで新鮮味が感じられず、二本目のほうが面白かったです。そして今回、一本目の話も山本先生の妹が山本先生を心配して水着を変えるということをしていたわけで、兄や姉を心配して、妹が話に介入する話の二本という感じでもありました。

一本目の、プールの話。プールという今までと違う舞台はあれど、杏が土田先生にアピールするが、山本先生にかなわないという毎度毎度の話ですね。まぁ、男たるもの、幼女の水着姿よりも、スタイルのいい大人の水着姿のほうに惹かれるもので・・・。土田先生が、山本先生の水着姿よりも、杏の水着姿に惹かれるようでは、変質者以外の何物でもないし。しかしまぁなんだ、山本先生の水着姿、おいしゅうございました。杏、土田先生とのはじめてのプールということで、派手な水着を着けていましたが、あのもあもあのパンツ部分はなんなんだ?そんな杏の水着、山本先生はおろか、柊にもその派手さでくわれているような・・・。

そんな杏が、土田先生の気を引こうとシンクロをやってみたり、サメに襲われるフリをしてみたりしていましたね。かまってほしいから、悪さもする。なんともまぁ、弟や妹が生まれて、親をとられると思った長男長女の行動のような・・・。相手が山本先生という大人の女性なわけで、なんか錯綜した感じはありますけどね。そういえば、サメのことで、杏が土田先生に怒られていましたけど、一番の主犯は柊のような・・・。柊がサメの格好して、土田先生につり上げられた時は、とても面白かったです。

山本先生の魅惑の水着、あれ、妹に取り換えられたものだったわけだけど、もう少し山本先生があの水着に着替えた時に、ドギマギしてくれたらなぁ・・・。そうすれば、エロさ倍増。山本先生は、土田先生が気にするのは水着ととらえていましたが、十分に土田先生は山本先生の魅力にメロメロだったわけで、妹としては作戦成功でしたね。まぁ、妹の作戦の一番の問題は、山本先生をどうやってそういう気を起させるか、なんだけど・・・。

二本目の土田先生の妹がはなまる幼稚園にやってくる話。妹の名前、さつきって言うんだね。今、公式HPを見てわかりました。さて、そのさつき、幼稚園での土田先生の仕事っぷりをみることになったのだけど、やはり人間、近しい人ほど、悪い部分が目についてしまうもの。その人の行動が、自分のしたことのように捉えてしまう、そういうことなんでしょう。さつきは、土田先生のだらしなさばかりに目がいっていましたが、山本先生の指摘で、園児たちとのコミュニケーションのうまさ、目配りのよさなどに気づきました。それこそが、土田先生のよさ、この幼稚園に彼が必要とされている点なのでしょうね。そういえば、さつき、土田先生についてはグチグチ言っていましたが、実はおにいちゃん大好きっ子なようで・・・。いわゆるツンデレ?でも、この年の妹がここまでお兄ちゃん大好きなのには、ちょっと違和感も・・・。まぁ、これだけ好きでなければ、幼稚園にやってきたり、兄の家にお泊りなんてしないでしょうけどね。

さて、次回は、夏休みならではの話のようで。この時期に、夏休み?という感じもしますけど・・・。まぁ、面白い話になってくれれば、いいかな。どんな話が繰り広げられるのか、次回は楽しみにしてますよ。

青空トライアングル青空トライアングル
(2010/01/27)
小梅(MAKO),柊(高垣彩陽) 杏(真堂圭)杏(真堂圭)

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。