五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?7」参加記事

遅ればせながら・・・。

さっき『ささめきこと』の感想を書き終わり、2月28日という締め切り日に参加記事を書くという情けない状態。毎度のことになってしまいまして、申し訳ございません、ピッコロ様。年末年始が仕事で大変忙しかったとはいえ、こんなことになるとは自分でも思っていませんでした。

さらに今回は、評価する作品が二作品だけという惨憺たる状態・・・。途中まで見ていた作品は、いくつかあったのですけどね・・・。でも現時点で、見終えることができたのは二作品だけ。二作品だけの評価でいいのかと、自問自答する感もあります。がしかし、「参加することに意義がある」と、勝手に自分に言い聞かせて、厚かましくも評価させていただきます。

さて、今回当ブログで感想を書いたのは、『夏のあらし!~春夏冬中~』と『ささめきこと』の二つ。さびしい限りではございますが、以下が私の評価です。


『夏のあらし!~春夏冬中~』

ストーリー 2
キャラクター性 3
画 3
演出 3
音楽 4
総合的な評価 2
<コメント>
特徴的な演出と、意外とストーリーも魅力的だった『夏のあらし!』の続編。しかし、この二期では、ストーリーも散漫でありながらもマンネリな印象をうけ、特徴的だった演出にも慣れてしまった感がありました。


『ささめきこと』

ストーリー 3
キャラクター性 4
画 3
演出 3
音楽 3
総合的な評価 3
<コメント>
一話を見たときは、どうしたものか・・・、と思ったものです。話が進むにつれて、コメディタッチの話が増え、キャラクターが増えてきてからは、しっかり楽しめるようになりましたけど。この作品で魅力的だったのは、百合な女の子たちの細やかな心情描写。主人公純夏を視聴者目線として、彼女と彼女の周りのキャラクターたちの微妙な心の動きを魅せるのはとてもうまかったと思います。ただ、その所為もあってか、話が大きく盛り上がることもなく終わってしまった感じがしたのは残念でした。


時間がたちすぎていることもあって、うまくコメントが書けない・・・。そして、時間がないこともあってか、ちょっとやっつけ感がただよってる・・・?なんか、申し訳ない感じでいっぱいです。しかしながら、今回は、この評価でよろしくお願いします。次回、また参加させていただけるならば、もっとしっかりしたものにしたいと思っています。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。