五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『テガミバチ』第二十一話「記憶のポプリ」感想

3月で終了したアニメの感想を放り出して、4月からのアニメの感想を書いていますが、・・・いやべつに3月で終了したアニメの感想、あきらめたわけではありませんから。ということで、書く新番組の感想のない日は、書き終わっていない感想を書こうと思っています。まぁ、自分自身でもちゃんと最終回まで書くことができるのか、自信はありませんが・・・。なんにせよ、感想を書きたいという気力のあるときに積極的に書いていくべき、と思いますしね。では、あと5話残っている『テガミバチ』の感想、いってみたいと思います。

今回は、なかなかおもしろかったです。

ハチノスに新たにできた休憩室。そこを訪れたラグたちは、その休憩室を作り上げたマナという女性の研究者と出会う。彼女が研究し続けられた理由、それはゴーシュとサンダーランドjr.のおかげだという。マナが語るゴーシュとサンダーランドjr.との過去、それはマナが研究室で火事を起こし、研究を続けることが難しくなったときのことであった・・・、という話。

ラグたちは今回の話の呼び水で、話の中心は、マナが起こしてしまった事件と、彼女のために動くサンダーランドjr.とゴーシュの過去の出来事でしたね。回想の話のなかで、さらに回想のシーンなんてのもありましたが、頭がこんがらがることなく違和感なく見れましたよ。まぁ、話の中心が、マナの語る過去の話である、ということが早い段階ではっきりとしていたし、わかりやすくするのが難しいものでもなかったのかもしれませんがね。そんな今回の話、この話自体で盛り上げようという意図とともに、作品全体としてみれば、ゴーシュの過去をラグに見せるため、という目的もあったのかな、という感じもします。マナの事件についての話は、次回に続くようなので、この出来事をラグがどう受け取るのかは、次回に期待したいと思います。

さて、今回の話、テーマとしては、研究者の挫折と復活、という感じかなぁ、と。成果を出せないマナが、昼夜を問わず研究に没頭するあまり起こしてしまった火事、成果をだせないだけでも挫けそうになるものなのに、その上火事を起こしてしまうとは・・・。辞めさせてほしいと申し出たマナの気持ちはよくわかります。今までいたところとは、一切接触を持ちたくない、という気になってしかるべきかな、と。でも、そんなマナを必死になって引き留めようとしたのが、サンダーランドjr.なわけで。これだけ必死になって引き留めようとしてくれる上司がいるというのは、ほんといいことですよ。彼女の才能を認めてくれている、必要としてくれている、ということの証左でもあるわけだし。サンダーランドjr.のあまりにも不器用すぎる説得の仕方は、おかしかったですけど・・・(笑)。

サンダーランドjr.が認めるマナの才能、それは持って生まれた彼女の嗅覚と好奇心の強さだそうで。でも、今回の話を見ている限りでは、彼女の研究者としての才能は、それだけでなく、一心不乱に研究に打ち込めるその集中力と、上司であろうと怯まない負けん気の強さも特筆すべきものがあるように思う。マナは、まさに研究者向きの人間なんだろうな、と。そんな彼女のことを早期に見抜いたサンダーランドjr.の眼もすごいと思います。

視力も失い、研究を諦めかけたマナを踏みとどめさせたのが、サンダーランドjr.が送ったテガミでした。今回、テガミ自体は出てこないのかなぁ、と思っていたけど、まさかこんなところで重要な役割を担うとは・・・。ちょっとびっくりでした。やっぱり、面と向かって伝えられないことでも、テガミだから伝えられることがあるのかなぁ、なんて思ったり。今回なんかは、二人の記憶に残るポプリのテガミだったし。そして、ゴーシュが語るサンダーランドjr.の思い・・・。第三者が伝えるからこそ分かる、その人の本当の思い、というのはありますね。サンダーランドjr.が不器用だからこそ、なおさら・・・(笑)。

マナが立ち直り、辞めることになっていたところを、なんとかこぎつけた「一週間で成果と出す」という条件。体にハンデを持ってしまった彼女がどうやってその課題を達成するのでしょうかね。また、ゴーシュやサンダーランドjr.は、どういうかたちで彼女をサポートしていくのでしょう。そんな次回、どんな話が待っているのか、楽しみにしてますよ。

テガミバチ 5 [DVD]テガミバチ 5 [DVD]
(2010/05/28)
沢城みゆき藤村歩

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎テガミバチ第二十話「なくしたテガミ」

ザジが武器屋でパン屋の店シザースでパン食べる。テガミを汚したことを怒られる。ザジは敵を討つためにテガミバチになったのだった。つまり、ガイチュウ退治が目的だった。そして、...

ぺろぺろキャンディー 2010年05月08日(Sat) 18:24


◎テガミバチ第二十一話「記憶のポプリ」

ザジが疲れて帰ってくる。そして、みんなで癒しの部屋へいく。白衣の似合いすぎる、マナジョーンズさんが登場。ポプリの匂いで癒し効果があるらしい。ゴーシュの知り合いだった。そ...

ぺろぺろキャンディー 2010年05月17日(Mon) 00:30


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。